キングダム
馬超




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

え!?周瑜って憤死してるの知ってた!?




陸遜を庇う周瑜

周瑜

 

赤壁(せきへき)の英雄として曹操(そうそう)軍の大軍を撃破することに成功した周瑜(しゅうゆ)

三国志のゲームや小説等の普及によって、三国志の武将の中でも一、二を争う人気の高い人だと言えるでしょう

この周瑜ですが、三国志演義と正史では全然違う亡くなり方をしていたのを皆さんは知っていましたか。

今回は三国志の人気武将・周瑜の亡くなり方にスポットライトを当ててみたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:周瑜は絶対音感を持つミュージシャンだった!?

関連記事:周瑜の遺言が名文すぎて泣ける周瑜爆ageキャンペーン

 

 

三国志演義の周瑜は孔明のかませ犬的な役割だった!?

三国志演義の周瑜は孔明のかませ犬的な役割だった

 

正史三国志の周瑜は孫策(そんさく)の義兄弟として登場します。

周瑜は孫策時代、彼のよきパートナーとして孫呉の基礎部分を作り上げた功臣として描かれています。

また周瑜は孫策が亡くなると孫策の跡を継いだ孫権(そんけん)へ仕え、孫権の参謀兼アドバイザーとして活躍。

更に周瑜は孫呉の総司令官として曹操の大軍を赤壁の戦いで撃破し一躍天下の有名人へ。

他にも周瑜は赤壁の戦い後も天下二分の計を発案し、孫呉が天下を取るまでの戦略を作り上げた優秀な人物でした。

正に周瑜は孫呉にとって英雄的な人物と言っていい活躍をしていた人物と言えるでしょう。

しかし三国志演義の周瑜はちょっとかわいそうな人物なんです。

三国志演義の周瑜は正史三国志曹操軍の大軍を赤壁で撃破したにも関わらず、三国志演義では周瑜の赤壁での活躍を諸葛亮(しょかつりょう)

知力の限りを尽くして曹操軍を撃破したような描き方をされています。

また周瑜は諸葛亮を危険な人物とみなし、色々な罠にかけて殺害しようと企みますが、ことごとく諸葛亮によって罠を見破られてしまうのです。

このように三国志演義の周瑜は諸葛亮の噛ませ犬的な役割を与えられてしまったちょっとかわいそうな人物なのです。

この周瑜ですが亡くなり方も正史三国志とは全然違い、三国志演義で独特のやり方で周瑜を殺害しているのです。

 

 

三国志演義の周瑜の最期は憤死だった!?

三国志演義の周瑜の最期は憤死だった

 

三国志演義の周瑜の最期は憤死(ふんし)してしまいます。

憤死とはウェブで調べてみると激しく怒って亡くなってしまうことを言うのだそうです。

三国志演義の周瑜の死因は憤死ですが、何に周瑜はそんなに怒っていたのでしょうか。

周瑜が激怒した原因は諸葛亮にありました。

周瑜は戦で負った矢の傷が中々治らずに臥せっていました。

そんな中周瑜のライバル諸葛亮から手紙が届きます。

この諸葛亮からの手紙には「周瑜どの。君の計略は僕が全部見通しているから~。君程度の策略じゃ僕の足元にも及ばないよ」と

かなり挑発的な手紙を周瑜に送りつけます。

周瑜はこの手紙を呼んでめちゃくちゃ激怒し「なぜ天は俺がいるのに諸葛亮をこの世界に登場させたのだ!!」と

激オコこしながら亡くなってしまうのです。

この諸葛亮の挑発的な手紙を読めば、周瑜じゃなくても憤死しそうな気がするのはレンだけでしょうか。

またここまで周瑜が諸葛亮の噛ませ犬的な扱いがされているのはすごくかわいそうではありませんか。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レンの独り言

 

三国志演義の周瑜は諸葛亮の挑発的な手紙を呼んで憤死してしまいます。

では正史三国志の周瑜はどのような亡くなり方をしているのでしょうか。

正史三国志の周瑜は孫権と今後の戦略について語った後、益州を攻略するための準備を行うため江陵へ向かいます。

しかし周瑜は江陵へ戻ることができず帰還途中の巴丘(はきゅう)という所で病を発病してしまい亡くなってしまったそうです。

正史三国志の周瑜の最期は急病を発して亡くなってしまったのに対して、三国志演義の周瑜の亡くなり方は余りにも酷すぎるのではないのでしょうか。

三国志演義は娯楽の読み物としての部分が多いので多少の脚色があるのは仕方がないとしても余りにも周瑜の最期は脚色しすぎだと思うのですが、

皆様は三国志演義の周瑜の最後に対してどのように思いますか。

 

■参考文献 正史三国志呉書等

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【ビジネス三国志】陳琳や周瑜、諸葛亮孔明に学ぶ失敗学

関連記事:周瑜の名言から知る三国志の世界「人生れれば死あり。修短は命なり」

 

赤壁の戦いを斬る!赤壁の戦いの真実
赤壁の戦い

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 曹植は軟弱ではなかった曹植 【諸葛亮vs曹植】言論バトル、前漢の功臣と二十八将どちらが優秀?…
  2. 袁術が天下を統一するためにみんなで考えよう【第1回】
  3. 周瑜 周瑜は諸葛亮のピエロに過ぎなかった!?孔明と周瑜の関係性を考察
  4. 于吉と張角 太平道だけじゃない!『三国志』の時代に人々の心を支えた思想や宗教…
  5. はじめての三国志 画像準備中 【三国志作家】伴野朗のとんだ災難、事実は小説より奇なり?
  6. 孔明 三国志 Three kingdomsの諸葛亮がイケメンすぎる!
  7. 魏と国号を決める曹丕 曹丕が建国した魏ってどんな王朝でどうやって滅びたの?
  8. 酔いつぶれる劉備玄徳 【三国志演義】無能な劉備は知識人の理想の君主?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 趙匡胤は北宋の初代皇帝
  2. 袁術
  3. 斎藤道三
  4. 魏から蜀に下る姜維
  5. 父・関羽とともに亡くなる関平
  6. お酒 三国志 曹操
  7. 夏侯惇

おすすめ記事

  1. 馬鈞(ばきん)とはどんな人?諸葛亮を凌駕する魏の天才発明家
  2. 鎌倉時代に使われていた貨幣とは? 宋銭 お金と紙幣
  3. 関羽千里行が可能だったのはカバだから?カバは身体能力的に赤兎馬たりうるか?【HMR】 顎のちからが凄い関羽が乗るカバ(赤兎馬)
  4. 【三国志の民話】情けない顔で帰ってくる周瑜に小喬ブチ切れ!
  5. 【はじめての孫子】第11回:兵は多きを益ありとするに非ざるなり。 孔明のテントがある野外のシーン
  6. 【郭嘉伝】ファン大ショック!郭嘉の功積はだいぶ盛られていた? 郭嘉

三國志雑学

  1. 曹丕を生む卞夫人と曹操
  2. 甄氏(しんし)
  3. ネズミで人生を変えた李斯
  4. 虎形棺座
  5. 周倉と裴元紹


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 武田信玄
  2. 枝豆と煮豆 曹丕と曹植
  3. 単刀赴会処 関羽像 写真提供 / 光月ユリシ
  4. キングダム54巻amazon
  5. 孫子の兵法 曹操
  6. 周昭が諸葛瑾をベタ褒め
  7. 三国志大学を目指す曹操

おすすめ記事

キングダム 【ネタバレ注意】キングダム542話 楔 レビュー&今後予想 孫権のツンデレ外交に蜀の天才外交官・鄧芝の能力炸裂!蜀呉同盟を復活させたお話 織田信長 織田信長を支えた津島神社の門前町・津島とは? 周瑜 周郎 周瑜は絶対音感を持つミュージシャンだった!? 曹植 【曹髦編】三国最強の魏はなぜ滅びることになったの? 桓騎(かんき)だけではない古今東西の残虐な戦術 北方謙三の『三国志』のココが凄い!男の生ざまをガンガン感じたいならこの小説も超絶オススメ! 呂布のあっけない最後 呂布の最期、下邳の戦い。もう一度呂布という武将を見直そう

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP