呂布特集
if三国志




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

魏の何晏は天才学者?それとも薬物中毒患者?

何晏




何晏と曹植

 

今回は天才学者と薬物中毒の患者という二面性を持つ人物・魏の何晏(かあん)について取り上げます。

最初に何晏について紹介します。

天才学者としての何晏と薬物中毒患者としての何晏についてそれぞれ取り上げます。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

 

関連記事:三国志にも麻薬常用者はいた?魏の何晏は中毒患者?

関連記事:何晏(かあん)とはどんな人?三国志一のナルシストで歴史に名を残した男

 

 

何晏とは

何晏と曹操

 

何晏は魏の政治家であり、学者です。

何晏の祖父ら身内は殺害され、生母が曹操(そうそう)の妾となりました。

その関係で曹操の養子として引き取られ、育てられました

 

学問の世界で活躍し、多くの著書を残しました。

曹叡(そうえい)の死後、曹芳(そうほう)が即位すると、何晏は後見役となります。

 

249年、司馬懿(しばい)が政権内部でクーデターを起こし、何晏らは逮捕され、処刑されました。

 

 

天才学者としての何晏

天才学者としての何晏

 

ここでは何晏の学者としての業績を取り上げます。

論語の注釈書『論語集解』の著者として有名で、哲学と道徳を結び付けた「玄学」という学問を興しました

他に、何晏の得意な抽象的な議論を活かして、玄学において抽象的な議論のぶつけ合う「清談(せいだん)」を始めました

清談とは古代中国人による哲学的な談話を意味します。

哲学的な談話をすることで政治的な影響を排除することができました。

清談の内容が政治的なものから離れた要因として次のことが挙げられます。

 

当時、後漢から魏、魏から晋へと国が相次いで変わった時期で、乱世であったことから政治に関する議論をすると身の危険につながる

可能性がありました。

清談に参加した学者は自分の身を守るために知識人たちは政治とは関係のない議論をしました。

 

清談から有名になった竹林の七賢という7人の学者(阮籍(げんせき)嵆康(けいこう)山濤(さんとう)劉伶(りゅうれい)阮咸(げんかん)向秀(しょうしゅう)王戎(おうじゅう))がいます。

実際に7人の学者がそろって清談をしたという記録はありませんが、後世の人々から支持されています。

 

古代中国・超科学の世界に挑戦する HMR

HMR  

薬物中毒・何晏

薬物中毒・何晏

 

何晏は天才学者だけでなく薬物中毒でも知られていました

何晏は五石散という麻薬を服用していました。

この麻薬は向精神薬で、服用すると皮膚を刺激し、体が温まります。

効果として虚弱体質の改善できました。

 

一方で副作用もあります。

副作用として体が温まらない場合、体内に薬が留まります。

体内に薬が留まったままだと中毒で死ぬことがあります。

 

副作用を起こさないために動き回ることによって体を温めました。

当時、体を温めるために動き回ることを散歩(さんぽ)と言いました。

現代ではウォーキングを意味する言葉で使われていますが、

元々の語源は何晏の服用していた五石散にあると言われています。

 

三国志ライターオフィス樋口の独り言

三国志ライターオフィス樋口の独り言

 

今回は魏の何晏について天才学者と中毒患者の両面から取り上げました。

天才学者・何晏が始めた清談については竹林の七賢と呼ばれる著名な学者が出ています。

また、何晏の死後約500年経ってから唐の時代李白(りはく)が感銘を受け、その様子を詩に残しています。

 

学者としての業績がある一方で、薬物中毒という残念な一面もありました。

何晏が薬物中毒になる経緯について取り上げませんでしたが、健康のためか何かプレッシャーを感じていたのか気になります。

 

他に、何晏についてはナルシストだったというエピソードも残されています。

顔を白くして、歩く時にいつも自分の影を眺めていました。

清談をしている何晏の姿は化粧をしていたことからナルシストであることを証明しているかもしれません。

 

最後に、何晏については後に李白に影響を与えた天才学者としての良い面と薬物中毒としての悪い面の2つの側面があるため

三国志のファンの中で評価が分かれると思います。

 

薬物中毒という言葉を耳にすると、たとえ有能な人材であったとしてもいい業績が一瞬にして打ち消されてしまいます。

私は何晏の学問の発展に貢献したことについては、薬物中毒だったとしても評価するべきだと考えています。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:絶対ダメ!三国時代に流行していたドラッグ!?漢方薬を違法ドラッグにした何晏

関連記事:【シミルボン】これはヤバいよ!裏三国志 大流行したドラッグ五石散

 

【赤兎馬はカバだった説に迫る】
赤兎馬はカバ

 




オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 城の前を掃除する孔明 【三国志究極の選択】徹底抗戦とあっさり降伏どっちが偉い
  2. 誰かに話したくなる!自由すぎ、フリースタイルな三国志の武将達8選…
  3. 陸遜 陸遜の考察は三国志ライターろひもと視点ではこんな感じ
  4. 黄巾賊を撃退する太史慈 太史慈は群雄だった!孫策死後疎まれた男の生涯
  5. 正史『三国志』と言うけれど、正史って、なに?
  6. 羊コ 羊祜 魏と晋 三国時代から西晋時代を駆け抜けた羊祜の魅力とは
  7. 徐庶をゲットする曹操 【すっきり解説】曹操の元に徐庶が留まり続けた理由
  8. 龐統 龐統の死後、その一族はどうなったの?魏に降った一族たちの数奇な運…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 蒋琬と姜維と王平
  2. 悩む司馬炎
  3. 五虎大将軍の馬超
  4. 孔明もコペルニクスに似ていた
  5. 薩摩藩の島津義弘
  6. 孔子と儒教

おすすめ記事

  1. 知ってた?三国志由来のことばBest5
  2. 【宋代の茶】お茶商人の娘の哀しき運命 茶を飲む張角(太平道)
  3. 【マイナス20℃極寒行軍!】魏の郭淮を陽谿で撃破した魏延と蜀軍1万 蜀の魏延
  4. 藺相如(りんしょうじょ)とはどんな人?三大天の一人!趙の名宰相であり廉頗のかけがえのない親友(3/3) 藺相如(りんしょうじょ)
  5. 【シミルボン】残念、五虎将軍になった時にはピークを過ぎていた馬超 馬超と羊
  6. 明智光秀と熊本藩との関係は?細川ガラシャが関係している? 明智光秀と煕子(麒麟がくる)

三國志雑学

  1. 騎馬兵にあこがれる歩兵
  2. 生姜を買ってくる左慈と曹操
  3. 周瑜、陸遜
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 亡くなる劉備に遺言を聞く諸葛亮と趙雲
  2. 劉備、孫権、魯粛
  3. 劉邦

おすすめ記事

賊徒から三国志の英雄に出世した武将がこんなにいる! 春秋戦国時代初期の名軍師・范蠡の名言:狡兎死して走狗煮らる 後継者を決めずにダラダラする袁紹 袁紹の評価が残念な6つの理由 佐賀藩に鍋島閑叟あり!幕末イノベーション革命の成果とは? 鎌倉時代 服装 男女 アンゴルモア元寇合戦記 鎌倉時代の服装は? 【武帝の欲望】あの馬が欲しい!汗血馬を手に入れる為に・・・・ 蔡琰 三曹七子にも並ぶ女流詩人、蔡文姫の数奇な人生 kawauso編集長のぼやきVol.6「天敵」

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP