春秋戦国時代

はじめての三国志

menu

はじめての魏

何晏(かあん)とはどんな人?三国志一のナルシストで歴史に名を残した男

この記事の所要時間: 351




かあん01 曹操と

 

何進(かしん)は宦官討滅作戦に失敗して、殺されてしまいます。

しかし彼の孫は生き残り、ある人の養子となっているのを知っていましたか。

魏の基礎を作った英雄・曹操(そうそう)の養子となり、彼の息子達と共に育ちます。

さて曹操の養子となった人物の名は何晏(かあん)と言います。




曹操の養子として引き取られる

曹操 曹休 曹丕

 

何晏の母親は曹操が司空(しくう)となった時に、側室として引き取られます。

この時何晏は、曹操の息子達や曹操の養子となっていた元呂布の武将である

秦宜祿(しんぎろく)の息子秦朗(しんろう)と共に教育されます。

秦朗は控えめな性格であったことからあまり目立つことはせず、

おとなしく生活していきます。

しかし何晏は秦朗のように控えることはせず、

曹丕(そうひ)曹植(そうしょく)達と同じような行動をしてのびのびと育っていきます。




曹操の娘を妻にする

かあん02

 

何晏はただ目立っていただけでなく、しっかりと学問に励み、

その才能を開花させていきます。

曹操は何晏の才能を認め、自分の娘である金郷公主(きんきょうこうしゅ)を娶ります。

こうして曹家一門に名を連ねることになります。

 

関連記事:【初心者向け】本田圭佑が憧れている曹操(そうそう)という人はどんな人だったの?

関連記事:まるでルイージマンション?曹操の自宅は、お化け屋敷だった!!英雄のお屋敷を徹底紹介!

関連記事:曹操が発明した酒、剣、兵書の数々が凄い!孔明も思わず嫉妬?

 

曹家一門に名をつられるが…

かあん03 曹植と

 

何晏は曹操の娘を妻にする幸運を掴みますが、曹操の死後パッとしない人生を過ごします。

曹操の跡を継いだ曹丕(そうひ)は何晏の事をあまり好きではありませんでした。

その理由は、何晏が青年期の時に自分達と同じような振る舞いを周りにしていたことが

気に食わなかった事が原因です。

そして曹丕が皇帝となった時、何晏を用いることをせず、

活躍することはありませんでした。

また曹丕の死後、曹叡(そうえい)の代に代わっても彼の待遇に変化が

起きることはありませんでした。

 

関連記事:意外!実は剣術家だった曹丕の自叙伝が凄い

関連記事:魏(曹丕)呉(孫策)蜀(劉禅)の2代目君主は誰が一番優秀だった?

関連記事:曹叡(そうえい)とはどんな人?曹丕の息子で二代目魏の皇帝

 

政治で活躍できないなら…

曹植

 

何晏は政治の場で活躍できないなら、文学の世界で活躍しようと考えます。

元々文学の才能には恵まれており、「論語集解(ろんごしつかい」や

「老子道徳論(ろうしどうとくろん)」などを手掛けます。

また哲学にも凝り、この方面でも活躍しております。

この何晏の思想が後世にまで残り、「詩仙」と言われることになる李白も

影響を受けております。

こうして哲学と文学に凝っていた彼にもついにチャンスが巡ってきます。

 

関連記事:三国志の英雄たちの詩を調べたら司馬懿ヒドすぎワロタwww

関連記事:曹操の詩の世界を体験してみよう

関連記事:曹丕(そうひ)得意の詩で蜀の調理法を斬る

 

曹爽の側近となる

司馬懿

 

何晏は曹叡がなくなると幼い皇帝である曹芳(そうほう)が皇帝に就任します。

前皇帝であった曹叡は司馬懿(しばい)と曹爽(そうそう)に幼い皇帝を補佐するようにと

遺言を残します。

こうして司馬懿と曹爽の二人が幼い皇帝を補佐する体制が出来上がります。

何晏は曹爽に近づき、色々と政策面などの助言を行います。

曹爽は彼の進言が適切であったことから、彼を取り立てて官位を与えます。

こうして何晏はついに政権の中心に携わることになります。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 劉馥(りゅうふく)ってどんな人?魏の地方行政官なのに無人の合肥を…
  2. 荀粲(じゅんさん)とはどんな人?秀才ぞろいの荀彧の七男で、一人の…
  3. 曹髦(そうぼう)とはどんな人?曹植に匹敵する才能を持ち、曹操に見…
  4. 三国志の覇者・呆れるくらいの人材マニアの曹操
  5. 蒋済(しょうさい)とはどんな人?曹魏四代に仕えた宿老の生涯
  6. 鄭渾(ていこん)とはどんな人?民衆の利益を第一に考えた魏の行政官…
  7. 治世の能臣乱世の奸雄:曹操に人気がない理由は?
  8. 賈逵(かき)ってどんな人?地味で目立たないが、居ないと困る魏の将…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 本当に病弱?実は健康に自信があった孔明、寿命を縮めた大誤算とは?
  2. 項羽に勝ったのはこれだ!項羽に勝つことができた劉邦自らの自己評価とは?
  3. 献帝(けんてい)とはどんな人?後漢のラストエンペラーの成人期
  4. 【三国志の英雄】曹操の恐ろしいエピソードをご紹介
  5. 関羽が打った囲碁って、どんなものだったの?
  6. 王昭儀列伝|曹操に最も寵愛された女性

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

【素朴な疑問】中国にも梅雨はあるの?霉雨になると関羽の古傷も傷んでいた! 【赤壁の戦い】なぜ曹操は天下分け目の大戦に負けたの? さよなら戦国BASARA!イケメン真田幸村の不細工伝説 黄巾賊はいったいどの辺を支配していたの?【素朴な疑問】 李広(りこう)とはどんな人?「飛将軍」と呼ばれた男は李信の子孫であった!? 【蜀の建国~滅亡まで】蜀の国を背負って戦い続けた丞相【孔明編】 曹丕(そうひ)得意の詩で蜀の調理法を斬る 【はじめての孫子】第6回:勝つために最も大切なことは智謀でも勇気でもなく、緻密な計算

おすすめ記事

  1. 公孫瓚特集:悔しかったら雨を降らせてみろ・その1
  2. マジですか?始皇帝が半両銭に込めたメッセージに震える・・
  3. 三国時代の船はどうなっていたの?三国志の海戦は目的別に船が用いられていた
  4. あっちもこっちも将軍、将軍、将軍だらけ!三国志の将軍の位がわかると上下関係がわかる!
  5. 諸葛亮孔明と戦略勝負を繰り広げた司馬懿仲達はどんな人だったの?
  6. 【キングダム予想】王翦が昌平君にした頼みって何?
  7. 【意外な事実】天才将軍・韓信は数学にも強かった事が判明!
  8. 織田信長の父・「尾張の虎」こと織田信秀の前半生に迫る

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP