編集長日記
HMR

はじめての三国志

menu

はじめての魏

何晏(かあん)とはどんな人?三国志一のナルシストで歴史に名を残した男

この記事の所要時間: 351




かあん01 曹操と

 

何進(かしん)は宦官討滅作戦に失敗して、殺されてしまいます。

しかし彼の孫は生き残り、ある人の養子となっているのを知っていましたか。

魏の基礎を作った英雄・曹操(そうそう)の養子となり、彼の息子達と共に育ちます。

さて曹操の養子となった人物の名は何晏(かあん)と言います。




曹操の養子として引き取られる

曹操 曹休 曹丕

 

何晏の母親は曹操が司空(しくう)となった時に、側室として引き取られます。

この時何晏は、曹操の息子達や曹操の養子となっていた元呂布の武将である

秦宜祿(しんぎろく)の息子秦朗(しんろう)と共に教育されます。

秦朗は控えめな性格であったことからあまり目立つことはせず、

おとなしく生活していきます。

しかし何晏は秦朗のように控えることはせず、

曹丕(そうひ)曹植(そうしょく)達と同じような行動をしてのびのびと育っていきます。




曹操の娘を妻にする

かあん02

 

何晏はただ目立っていただけでなく、しっかりと学問に励み、

その才能を開花させていきます。

曹操は何晏の才能を認め、自分の娘である金郷公主(きんきょうこうしゅ)を娶ります。

こうして曹家一門に名を連ねることになります。

 

関連記事:【初心者向け】本田圭佑が憧れている曹操(そうそう)という人はどんな人だったの?

関連記事:まるでルイージマンション?曹操の自宅は、お化け屋敷だった!!英雄のお屋敷を徹底紹介!

関連記事:曹操が発明した酒、剣、兵書の数々が凄い!孔明も思わず嫉妬?

 

曹家一門に名をつられるが…

かあん03 曹植と

 

何晏は曹操の娘を妻にする幸運を掴みますが、曹操の死後パッとしない人生を過ごします。

曹操の跡を継いだ曹丕(そうひ)は何晏の事をあまり好きではありませんでした。

その理由は、何晏が青年期の時に自分達と同じような振る舞いを周りにしていたことが

気に食わなかった事が原因です。

そして曹丕が皇帝となった時、何晏を用いることをせず、

活躍することはありませんでした。

また曹丕の死後、曹叡(そうえい)の代に代わっても彼の待遇に変化が

起きることはありませんでした。

 

関連記事:意外!実は剣術家だった曹丕の自叙伝が凄い

関連記事:魏(曹丕)呉(孫策)蜀(劉禅)の2代目君主は誰が一番優秀だった?

関連記事:曹叡(そうえい)とはどんな人?曹丕の息子で二代目魏の皇帝

 

政治で活躍できないなら…

曹植

 

何晏は政治の場で活躍できないなら、文学の世界で活躍しようと考えます。

元々文学の才能には恵まれており、「論語集解(ろんごしつかい」や

「老子道徳論(ろうしどうとくろん)」などを手掛けます。

また哲学にも凝り、この方面でも活躍しております。

この何晏の思想が後世にまで残り、「詩仙」と言われることになる李白も

影響を受けております。

こうして哲学と文学に凝っていた彼にもついにチャンスが巡ってきます。

 

関連記事:三国志の英雄たちの詩を調べたら司馬懿ヒドすぎワロタwww

関連記事:曹操の詩の世界を体験してみよう

関連記事:曹丕(そうひ)得意の詩で蜀の調理法を斬る

 

曹爽の側近となる

司馬懿

 

何晏は曹叡がなくなると幼い皇帝である曹芳(そうほう)が皇帝に就任します。

前皇帝であった曹叡は司馬懿(しばい)と曹爽(そうそう)に幼い皇帝を補佐するようにと

遺言を残します。

こうして司馬懿と曹爽の二人が幼い皇帝を補佐する体制が出来上がります。

何晏は曹爽に近づき、色々と政策面などの助言を行います。

曹爽は彼の進言が適切であったことから、彼を取り立てて官位を与えます。

こうして何晏はついに政権の中心に携わることになります。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 曹操は郭嘉を後継者として考えていたのは本当なの?
  2. 鄭渾(ていこん)とはどんな人?民衆の利益を第一に考えた魏の行政官…
  3. 意外に似ている曹操とナポレオン、英雄対比してみた
  4. 曹純(そうじゅん)ってどんな人?曹操軍の騎馬隊長として戦場を駆け…
  5. 曹仁(そうじん)ってどんな人?熱血と沈着冷静、大人な大将軍の人生…
  6. 曹操が行った大改革って何?|パイを奪うより自分で焼け!
  7. 桓範(かんはん)とはどんな人?同郷の後輩曹爽の危機を救う為、逆転…
  8. 張郃(ちょうこう)ってどんな人?3度も死にそうになるが、何度も甦…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 曹丕は幼い頃から父・曹操に戦へ連れて行かれてあの激戦も参加していた!
  2. 【科学面や発明品から知る三国志】三国時代の発明品ってどんなものがあったの?
  3. 楊彪(ようひょう)は袁術の義弟なのになぜ董卓に殺されなかったのか?
  4. 【春秋戦国時代の謎】どうして秦が天下統一することができたの?【法律編】
  5. キングダム 515話 ネタバレ予想:司馬尚は、いつ三大天になるの?
  6. 秦の始皇帝ってどんな人だったの?晩年期編

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

誘引の計にかかった関羽、ブチ切れる。 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第27話「気賀を我が手に」の見どころ紹介 孫権は何であれほど合肥城を狙い続けたの?理由をわかりやすく解説(後半) 華佗の使った麻酔薬「麻沸散」って何? 【孫武の名言】「将、軍に在りては君命をも受けざるところにあり」っていつ言ったの? 【シミルボン】三国志の裏側:使い捨てられる兵士はどこからやってきたのか? 曹操軍の食料担当にはなりたくない!!その理由とは? 【保存版】曹叡時代の魏の国内で起こった不思議な現象3選

おすすめ記事

  1. 韓馥(かんふく)とはどんな人?三国志一被害妄想が激しく袁紹に怯え自殺してしまった武将
  2. 孫堅が伝国の玉璽を手に入れたわけ
  3. 【蜀の滅亡へのカウントダウン】こうして蜀の国は滅びへ至った
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース34記事【2/6〜2/12】
  5. 【悲報】孔明の発明品で戦死した人物が実在した。鎧を過信した南朝宋の軍人・殷孝祖
  6. 井の頭自然文化園の象「はな子」にまつわる光と影&三国志時代の英雄は猛獣をどう扱っていたの?
  7. 【失敗は許されない】李広利が汗血馬を手に入れた経緯を徹底紹介
  8. 【実録】今川義元にいじめられ続けた井伊家と松平家

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP