キングダム584話ネタバレ予想「王賁は本当に死ぬのか?」大予想


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

キングダム583話、最後の煽りで多くの読者は衝撃を受けたと思います。

「朱海平原13日目、秦右翼に衝撃が走る王賁(ふりがな)が討ち取られる事になろうとは」

ショッキングで刺激的な煽り文句です。

 

これまでもヤバい、危ない衝撃的な事態が起きるというナレーションはありましたが

「王賁が討ち取られる」と具体的な名前を挙げた煽りはありませんでした。

そこで、今回のキングダムネタバレ予想では、本当に王賁は討ち取られるのか?

このポイントについて考えてみたいと思います。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダム583話最新ネタバレ「十三日目」レビュー

関連記事:キングダム583話ネタバレ予想vol2リアルな食糧倉庫の規模って?

 


 

キングダム584話ネタバレ予想 王賁が討ち死にした後の展開

 

ここでは、ナレーション通り、王賁が討ち取られたという前提で考えます。

デメリットは、その時点で史実に反してしまうという事でしょう。

しかし、王賁不在では歴史を曲げた事になるので、必然的に王賁に代わるだれかを王賁にする必要があります。

例えば王賁は王翦の実の子ではなく、これから実の子が出てくるという展開ですが、これは50巻もコミックスが出てからやるには

相当に無理がある話だと思います。

 

だって、王賁の初登場から、ここまで30巻程費やしているわけですから、新しい真の王賁が出てきたとしても、(しん)蒙恬(もうてん)とすぐに意気投合なんて

出来ません。

強引に超特急で意気投合させたとしても、読んでいる方が白けるだけです。

 

すでに、王賁と信と蒙恬揃い踏みで新しい秦の六大将軍を牽引するという流れが出来ていて、それに読者もおおむね賛同しているのに

それをちゃぶ台返ししてどうなるか?

漫画界の常識を覆すという意味では注目を集めるでしょうが、以前の王騎(おうき)の死のような展開にはならないでしょう。

 

 

キングダム584話ネタバレ予想 王賁が死なない可能性

 

逆に、今回の王賁「討ち取り」が煽りであって実際には死なない可能性を考えます。

まず討ち取られるという言葉を調べてみましょう。

ネットのwebrio辞書で見た所、討ち取るには以下の意味があります。

 

1:武器などを使って敵を殺す。 《討取》 「大将を-・った」

2:勝負相手に勝つ。 《打取》 「三振に-・る」

3:攻めて奪い取る。 「唐土(もろこし)の帝…この国-・らむとて/枕草子 244」

4:賭けに勝って手に入れる。

例「 - ・りたる侍は,忽に便(たより)有る()を儲て/今昔 16」

5:つかまえる。とらえる。 「-・りてゐたりけるに/宇治拾遺(うじしゅうい) 3」

 

このように討ち取ると言っても、必ずしも殺す:死ぬという意味ばかりではありません。

勝負で相手に勝つ、つかまえる捕らえるも討ち取るなのです。

となると、王賁は堯雲(ぎょううん)趙峩龍(ちょうがりゅう)に敗れて、瀕死の重傷を負って捕まるが死なないという可能性もあるわけです。

 

なかなかにセコイ煽り(失礼)ですが、原泰久サイドの主張では、「討ち取ると言っても、必ず殺されるとは限らないよー」という伏線として

王賁が死ぬではなく「討ち取られる」としたのではないでしょうか?

※すいませんね、昔、覚醒ネタで裏切られたもんで疑り深くなりましたゲシシシ・・

 

【キングダムのネタバレ記事は毎週木曜午前1時更新】
キングダムネタバレ考察


 

キングダム584話ネタバレ予想 瀕死になり覚醒が進むサ〇ヤ人仕様では?

 

そう言えば、王賁はキングダムでは屈指のよく怪我するキャラでした。

そして、怪我の中で、サ〇ヤ人感覚で超人的な成長をしていきました。

全くの推測ですが、王賁は趙峩龍と堯雲の二人と戦い瀕死の重傷を負いトドメという所を飛び込んできた信に救われ

重傷から回復した頃にさらに覚醒が進むという段取りを踏むのか?そんな風にも想像できます。

 

また、田里弥(でんりみ)(倉央(そうおう)王翦(おうせん)の会話にも覚醒には段階があるという話もありました。

窮地(きゅうち)を克服する度に、覚醒して力量が爆上がりする伏線ぽいセリフです。

王翦は、そういう覚醒タイプの人材として信や蒙恬に目をつけている、そういう深い意図が隠されているのではないかと・・

王賁はいい感じで半死半生に討ち取られるのが、次の覚醒への呼び水そんなイベントなのかも知れません。


  

 

 

キングダム(春秋戦国時代)ライターkawausoの独り言

 

kawausoの勘ですが、作者はこの覚醒という現象を今後も使いそうな感じがしますね。

だって信のライバルになりそうな、楚の項翼(こうよく)とか実力がまだまだっぽいので各国との戦闘中に窮地に追い込まれ覚醒し急激に力があがったとか、

そんな風に使えるんじゃないかという気がするのです。

 

それで、漫画には覚醒が出来るタイプと出来ない天才型のタイプが存在し、羌瘣(きょうかい)は天才だけど覚醒タイプじゃないとか、

河了貂(かりょうてん)はまだポンコツっぽいけど軍師には軍師で覚醒があり、いきなり李牧(りぼく)並みに急成長するとか・・

そうすれば、強さのインフレが起きそうなキングダムでも露出の差を覚醒イベントで埋められるように思うのです。

 

前回記事:誰も教えてくれない、キングダムの時代の食糧倉庫ってどんなもの?

 

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダム583話ネタバレ予想登場した王翦はホンモノではない?

関連記事:キングダム582話最新ネタバレ「最後の夜」レビュー記事

 

【キングダムを100倍楽しむ歴史雑学】
キングダムを100倍楽しむ

 

 

関連記事

  1. kawauso
  2. キングダム
  3. キングダム

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP