コメント機能リリース
馬超


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

李典と太史慈はここが似ていた!!

太史慈




李典

 

曹操(そうそう)軍の中でも知将として知られる李典(りてん)

孫策(そんさく)と一騎打ちをして引けを取らない強さを見せた勇猛果敢(ゆうもうかかん)な将軍・太史慈(たいしじ)

この二人はまったく真反対の武将で似ている所なんてないように思えますが、似ている所があるのをご存知でしたか。

この二人の似ている所は一体どこでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【有名になりたい】小粒群雄太史慈が孫策に出会うまでを紹介

関連記事:太史慈は群雄だった!孫策死後疎まれた男の生涯

 

 

全然違う二人の名将

太史慈

 

二人の似ているところを紹介する前に、二人の特徴的なところを紹介しましょう。

太史慈は弓矢の名人でもあり、孫策(そんさく)と一騎打ちを行い互角の戦いを見せるなど、孫呉の名将といえる人でしょう。

太史慈は武勇を重んじていた武将で計略などを好んで使うような人ではありませんでした。

では李典は太史慈のように武勇を重んじる武将だったのでしょうか。

李典は計略や戦術面を得意とする武将で、各地の戦に参加し、色々な方面で活躍した武将ですが、太史慈のように一騎打ちを行って敵将を打ち破るよう

な強さを持った人物ではありません。

ここに二人の特徴を挙げて見ましたが、ほとんど似ている所がありませんが、本当に似ている所なんてあるのでしょうか。

 

 

二人の似ている所とは?

太史慈

 

太史慈と李典は武将としての性質面ではあまり似ている所がないのは上記で紹介したのでお分かりになったと思います。

ですが二人には似ている所がちゃんとあります。

一体どのような点が似ているのでしょうか。

みなさんお分かりになりますか。

 

【呉のマイナー武将列伝】
呉の武将

 

二人の共通点は忠義に厚い所

 

李典と太史慈には似ている所は、信義に厚い性格だと言えるでしょう。

ではふたりが信義に厚い人物だったのかどうか彼らのエピソードを抜粋して紹介しましょう。

 

太史慈は孫策の忠義を尽くす

小粒群雄太史慈が孫策に出会うまでの太史慈と孫策

 

太史慈は劉繇(りゅうよう)の武将として、敵対している孫策と戦いを繰り広げていました。

しかし太史慈は劉繇敗北後も孫策に抵抗を続けていましたが、ついに孫策に敗北してしまいます。

孫策は太史慈の武勇を認めていたので彼を解放し、官職を与えて自分の部下にしてしまいます。

孫策の部下達は孫策の太っ腹にびっくりしてしまいますが、もっとびっくりさせることを孫策が行うのです。

太史慈は孫策の部下になった後、元の主劉繇が亡なった事を知り孫策へ

「劉繇軍の兵士が各地へ散っているので、私がかき集めてきましょう」と孫策へ提案。

孫策は速効で太史慈の提案を受け入れます。

 

孫策の部下はびっくりし孫策へ「太史慈を解き放ったら帰ってきませんぞ」と反対。

しかし孫策は彼らの反対意見を無視して太史慈を見送るのでした。

その後太史慈は孫策の信頼に応えて、各地へ散っていた劉繇の軍勢をかき集めることに成功し、孫策へ忠義を見せます。

また太史慈は曹操から好待遇で誘われた時がありましたが、きっぱりと曹操の誘いを断っており、私事よりも忠義を優先した武将でした。

では次に李典のエピソードを紹介しましょう。

 

一族すべてを住まわせる

銅雀台

 

李典は曹操に仕えると官渡の戦いや曹操の領内に居た賊徒討伐などの戦で活躍していき、着々と功績を積んでいきます。

李典はある日一族すべてを鄴へ移住させます。

曹操は李典が一族すべてを鄴へ住まわせたことに驚き「君は後漢王朝の名将・耿純を見習っているのかい」と質問。

 

すると李典は

「私は大した実力もなく爵位だけがあがっていくので、せめて鄴から300里以内の場所を充実させることができるように一族を連れてきたのです。

耿純をまねているわけではありません」とちょっと怒りながら返答します。

 

この時李典が連れてきた一族の人数は一万人を超す人々で、自分の一族すべてを国家へささげた李典の忠誠度がお分かりになるのではないのでしょう

か。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

李典と太史慈は忠義をもって国家もしくは君主に仕えている所が似ている点と言えるのでしょう。

三国志に登場する多くの人々が忠誠心をもって君主に仕えていたと思います。

しかし太史慈のように孫策を裏切らず、敗残兵をかき集めて孫策の為に忠義を尽くした人物は孫呉には居ないでしょう。

また李典のように自分の一族すべてを曹操の為にささげた人物も魏には居ないでしょう。

このようにちょっと行き過ぎた忠誠心の見せ方かもしれませんが、李典や太史慈の君主は裏切らないと安心することが出来たのではないのでしょうか。

 

■参考文献 正史三国志魏・呉書など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:楽進と李典はどっちがスゴイ?kawausoと黒田レンが熱い思いを語る Vol.1

関連記事:常に二番手で戦ってきた李典のタッグ武将歴

 

史上最大の軍事衝突 帝政ローマvs三国志
帝政ローマvs三国志

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 孔明の罠 曹操敗れる|幾重にも張り巡らされる孔明の罠
  2. 意外!?金持ちの息子の曹操は貧乏症だった?
  3. 曹操VSかく 偽撃転殺の計VS虚誘掩殺の計
  4. 鍾毓(しょういく)の進言が的確すぎる!曹叡や曹爽に撤退の進言をし…
  5. よかミカンさん はじめての三国志ライター 【妄想】はじ三 SPA RESORT三国湯 in 沖縄
  6. 徐晃と許チョと曹操 徐晃にとって曹操は人使いの荒いブラック社長?
  7. 朝まで三国志 袁紹 【河北の覇者】袁紹は光武帝を真似た戦略を採用したから滅びた!
  8. 劉璋 えっ?劉璋は若い頃かなり気性が荒かった?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 鼎(かなえ)
  2. 公孫康
  3. 郭嘉
  4. 騎馬兵にあこがれる歩兵
  5. 三国志平話
  6. 甘寧 裏切る ゆるキャラ

おすすめ記事

  1. 蜀滅亡後、安楽公として余生を楽しんだ劉禅の最期と心情
  2. 三国夢幻演義 龍の少年 第11話「導きの先」配信日が決定しました 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  3. 【キングダム】羌瘣は戦死するの?それとも結婚?どんな最期を遂げるの? 羌瘣
  4. 【はじめての孫子】第9回:其の疾きことは風の如く、其の徐なることは林の如く 司馬懿と公孫淵
  5. 墨家(ぼっか)が滅んだ理由と創設者 墨子はどんな思想だったの?
  6. ネクソンがシミュレーションRPG『三國志曹操伝 ONLINE』を配信開始。「三国統一モード、武将ごとのシナリオ、ifの歴史」が楽しめる

三國志雑学

  1. 五虎大将軍の趙雲
  2. 朱然によって捕まる関羽
  3. 曹操は関羽をGET
  4. 関羽の青銅像


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. はじめての三国志からのお知らせ バナー
  2. 武田騎馬軍団 馬場信春
  3. 畠山義就
  4. 民の心を掴む卑弥呼

おすすめ記事

【形勢不利の薩長】一発逆転の王政復古大号令の影響力とは? 張遼・楽進・李典 合肥の英雄・張遼も曹操並の人材集めに必死だった!? 袁術 最強中二病!袁術はどうして皇帝になろうとしたの? 毛沢東(もうたくとう) 【列子】愚公山を移す 中国語の教科書にも載っているいわくつきの説話 水月観音像(仏像) 宋代における仏教はどうだった?北宋第6代皇帝・神宗の影響もあった? 【週刊文春も驚き】後漢時代のメディア事情はどうなっていた?後漢時代の立て札・扁(へん) 竹林の七賢 【建安文学】文学史に残る名文を記した陳琳の魅力ってなに? 蒙武(もうぶ)ってどんな人?親友、昌平君との戦いは回避不能!

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP