李典と太史慈はここが似ていた!!

2018年12月17日


 
李典

 

曹操(そうそう)軍の中でも知将として知られる李典(りてん)

孫策(そんさく)と一騎打ちをして引けを取らない強さを見せた勇猛果敢(ゆうもうかかん)な将軍・太史慈(たいしじ)

この二人はまったく真反対の武将で似ている所なんてないように思えますが、似ている所があるのをご存知でしたか。

この二人の似ている所は一体どこでしょうか。

 

関連記事:【有名になりたい】小粒群雄太史慈が孫策に出会うまでを紹介

関連記事:太史慈は群雄だった!孫策死後疎まれた男の生涯

 

 

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【無料告知希望の皆様へ】 はじめての三国志無料告知希望



全然違う二人の名将

太史慈

 

二人の似ているところを紹介する前に、二人の特徴的なところを紹介しましょう。

太史慈は弓矢の名人でもあり、孫策(そんさく)と一騎打ちを行い互角の戦いを見せるなど、孫呉の名将といえる人でしょう。

太史慈は武勇を重んじていた武将で計略などを好んで使うような人ではありませんでした。

では李典は太史慈のように武勇を重んじる武将だったのでしょうか。

李典は計略や戦術面を得意とする武将で、各地の戦に参加し、色々な方面で活躍した武将ですが、太史慈のように一騎打ちを行って敵将を打ち破るよう

な強さを持った人物ではありません。

ここに二人の特徴を挙げて見ましたが、ほとんど似ている所がありませんが、本当に似ている所なんてあるのでしょうか。

 

 

 

二人の似ている所とは?

太史慈

 

太史慈と李典は武将としての性質面ではあまり似ている所がないのは上記で紹介したのでお分かりになったと思います。

ですが二人には似ている所がちゃんとあります。

一体どのような点が似ているのでしょうか。

みなさんお分かりになりますか。

 

呉の武将

 

二人の共通点は忠義に厚い所

 

李典と太史慈には似ている所は、信義に厚い性格だと言えるでしょう。

ではふたりが信義に厚い人物だったのかどうか彼らのエピソードを抜粋して紹介しましょう。

 

太史慈は孫策の忠義を尽くす

小粒群雄太史慈が孫策に出会うまでの太史慈と孫策

 

太史慈は劉繇(りゅうよう)の武将として、敵対している孫策と戦いを繰り広げていました。

しかし太史慈は劉繇敗北後も孫策に抵抗を続けていましたが、ついに孫策に敗北してしまいます。

孫策は太史慈の武勇を認めていたので彼を解放し、官職を与えて自分の部下にしてしまいます。

孫策の部下達は孫策の太っ腹にびっくりしてしまいますが、もっとびっくりさせることを孫策が行うのです。

太史慈は孫策の部下になった後、元の主劉繇が亡なった事を知り孫策へ

「劉繇軍の兵士が各地へ散っているので、私がかき集めてきましょう」と孫策へ提案。

孫策は速効で太史慈の提案を受け入れます。

 

孫策の部下はびっくりし孫策へ「太史慈を解き放ったら帰ってきませんぞ」と反対。

しかし孫策は彼らの反対意見を無視して太史慈を見送るのでした。

その後太史慈は孫策の信頼に応えて、各地へ散っていた劉繇の軍勢をかき集めることに成功し、孫策へ忠義を見せます。

また太史慈は曹操から好待遇で誘われた時がありましたが、きっぱりと曹操の誘いを断っており、私事よりも忠義を優先した武将でした。

では次に李典のエピソードを紹介しましょう。

 

一族すべてを住まわせる

銅雀台

 

李典は曹操に仕えると官渡の戦いや曹操の領内に居た賊徒討伐などの戦で活躍していき、着々と功績を積んでいきます。

李典はある日一族すべてを鄴へ移住させます。

曹操は李典が一族すべてを鄴へ住まわせたことに驚き「君は後漢王朝の名将・耿純を見習っているのかい」と質問。

 

すると李典は

「私は大した実力もなく爵位だけがあがっていくので、せめて鄴から300里以内の場所を充実させることができるように一族を連れてきたのです。

耿純をまねているわけではありません」とちょっと怒りながら返答します。

 

この時李典が連れてきた一族の人数は一万人を超す人々で、自分の一族すべてを国家へささげた李典の忠誠度がお分かりになるのではないのでしょう

か。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

李典と太史慈は忠義をもって国家もしくは君主に仕えている所が似ている点と言えるのでしょう。

三国志に登場する多くの人々が忠誠心をもって君主に仕えていたと思います。

しかし太史慈のように孫策を裏切らず、敗残兵をかき集めて孫策の為に忠義を尽くした人物は孫呉には居ないでしょう。

また李典のように自分の一族すべてを曹操の為にささげた人物も魏には居ないでしょう。

このようにちょっと行き過ぎた忠誠心の見せ方かもしれませんが、李典や太史慈の君主は裏切らないと安心することが出来たのではないのでしょうか。

 

■参考文献 正史三国志・呉書など

 

関連記事:楽進と李典はどっちがスゴイ?kawausoと黒田レンが熱い思いを語る Vol.1

関連記事:常に二番手で戦ってきた李典のタッグ武将歴

 

帝政ローマvs三国志

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso編集長

kawauso編集長

kawauso編集長です。 はじ三の中の人です。 様々なトピックを立てますが 盛り上がらない時には ごめんね。 大体、咬まないので 気軽にからんでもらえると 嬉しいです。

-三国志の雑学
-, , ,