太史慈はどんな性格をしていたの?忠義の武将に迫る!


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

一騎打ちをする太史慈と孫策

 

三国志では、孫策(そんさく)との一騎打ちの場面が有名な武将である太史慈(たいしじ)ですが、正史三国志をひも解けば、この太史慈という人物が三国志でも屈指の忠義の心に満ち溢れた「義の武将」であることが分かります。

 

太史慈

 

今回は、太史慈の忠義の武将としての側面について見ていきたいと思います。

 

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【レポート・論文で引用する場合の留意事項】 はじめての三国志レポート引用について



若いころの太史慈

太史慈

 

太史慈は呉の武将というイメージがありますが、実は青州東莱郡(せいしゅうとうらいぐん)の出身であり、若いころは地元の郡役人を務めていました。ある時、郡と州がもめ事を生じ、太史慈は郡の使者として首都洛陽に赴きます。

 

逃走する太史慈

 

そこで太史慈は州の使者を騙し、郡に有利な判決を獲得することに成功します。しかし、これに州の政府が激怒したため、太史慈は地元に居づらくなって逃亡します。

 

関連記事:太史慈とはどんな人物? 3分で分かる太史慈の強さに迫る

関連記事:弓の名手・太史慈のエピソードは実話なの?陳寿からも評価された逸話を紹介

 

 

 



太史慈と孔融の友情

腐れ儒者気質な孔融

 

逃亡した太史慈でしたが、故郷には母を残していました。そんな母の面倒を見てくれたのが、孔子(こうし)の子孫として知られる北海郡太守の孔融(こうゆう)でした。これを知った太史慈は孔融に深い恩義を感じるようになります。

 

その後、どうやら太史慈は母の勧めもあり、恩人の孔融の下に身を寄せていたようですが、192年(初平(しょへい)3年)になると孔融に危機が訪れます。

 

太史慈

 

この年、黄巾党(こうきんとう)の残党が孔融の守る北海郡(ほっかいぐん)を襲い、孔融の居城も敵に包囲されてしまいます。このときに太史慈は立ち上がり、援軍の派遣を要請する使者となることを買って出ます。

 

これを見た孔融は「敵の包囲は厳重で、君の心意気は勇ましいとはいえ、難しいのではないか?」と太史慈を案じますが、太史慈は「あなたは私の母を助けてくれました。今、母の勧めであなたのもとに身を寄せているのはあの時の恩を返すためです」と言い、命を懸けて困難な使者としての役目を果たそうとします。

 

 

このあと、太史慈は弓の練習をして敵の目をひきつけ、毎日練習を続けていく中で敵の注意がおろそかになった隙を見計らって城を脱出し、劉備(りゅうび)の下に駆け付けて援軍を要請します。

 

劉備が援軍を派遣したため、孔融を包囲していた敵は逃げ出し、孔融の危機は救われました。こうして、太史慈は恩人である孔融のために恩返しをしたのです。

 

関連記事:忘年会の語源は?忘年会の雑学で使える禰衡と孔融の忘年の交わり

関連記事:曹操をザコ扱い!孔融が天子に禰衡を推薦した文章が毒舌すぎる

 

春秋左氏伝

 

 

太史慈と劉繇

袁術と劉繇

 

孔融への恩返しを成し遂げた後、太史慈は揚州(ようしゅう)劉繇(りゅうよう)に仕えますが、劉繇は太史慈を重用しませんでした。そんな中、日の出の勢いで勢力を拡大する孫策が劉繇を攻撃します。この時、太史慈は劉繇の部下として孫策と戦いました。

 

ある時、太史慈が単騎で偵察を行っていると、わずかな人数で偵察を行っていた孫策と偶然遭遇します。太史慈は孫策に対して一騎打ちを挑み、孫策と互角の勝負を演じますが、孫策の部下が間に入ったために勝負は引き分けとなります。

 

しかし、その後劉繇は孫策に敗れて逃亡します。太史慈は、あくまで劉繇軍の残党を率いて孫策と戦い、最後まで抵抗し続けます。こうした、主君が逃げ出した後も最後まで敵に立ち向かう太史慈の姿からは、やはり忠義の情に厚い太史慈らしさを感じますね。

 

関連記事:太史慈が劉繇に対して忠義ゼロだった!?

関連記事:劉繇(りゅうよう)が凄い!袁術の宿敵?そこそこ頑張った英傑の生涯

 

呉の武将

 

 

太史慈と孫策

小粒群雄太史慈が孫策に出会うまでの太史慈と孫策

 

その後、太史慈は奮戦空しく敗れ、孫策に捕らえられます。太史慈の才能を高く評価した孫策は太史慈を解放し、自らの家臣とします。孫策に仕官した太史慈は、劉繇の残党をかき集めて孫策に帰順させることを主張し、そのために自らを六十日間自由の身にしてほしいと孫策に提案します。

 

孫策の家臣たちは、これは太史慈が逃げるための口実だとして反対しますが、孫策は太史慈を信頼しており、太史慈の言うとおりにしました。果たして、太史慈は劉繇軍の残党を集め、孫策との約束を見事に守り通したのです。

 

太史慈

 

この場面は、忠義の士である太史慈を信頼する孫策の度量の大きさと、孫策の期待を裏切らず見事に応えた太史慈の忠義が現れており、三国志全体でも非常に美しい場面となっています。

 

関連記事:取ったど~!太史慈、孫策の兜を奪い取っていたことが判明

関連記事:【有名になりたい】小粒群雄太史慈が孫策に出会うまでを紹介

 

濡須口の戦い特集バナー

 

 

三国志ライター Alst49の独り言

Alst49さん 三国志ライター

 

いかがだったでしょうか。太史慈は若いころから忠義の士であったことが正史には述べられているのですね。太史慈は受けた恩を忘れずに返し、主君には忠義を尽くすという、ある意味では理想的な武将です。

 

こうした恩返しや主君への忠義は、儒教の価値観では美徳とされています。ただ単に強いだけではなく、こうした儒教的美徳を備えていたことも、太史慈という武将が高い評価を受けていた要因だったのではないでしょうか。

 

関連記事:太史慈・張昭・韓当の子供はどんな人物だったの?呉の重鎮たちの息子事情

関連記事:【激動の太史慈の生涯】死亡する時は皇帝になりたかった!?

 

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Alst49

Alst49

大学院で西洋古代史を研究しています。中学1年生で横山光輝『三国志』と塩野七生『ローマ人の物語』に出会ったことが歴史研究の道に進むきっかけとなりました。専門とする地域は洋の東西で異なりますが、古代史のロマンに取りつかれた一人です。 好きな歴史人物: アウグストゥス、張遼 何か一言: ライターとしてまだ駆け出しですが、どうぞ宜しくお願い致します。

-太史慈
-