三国志平話
麒麟がくる特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

中国文学の黎明を告げた建安の三曹七子とは?




文学も得意な曹操

 

三国時代といえば激しい戦が毎日のように繰り広げられていたイメージですが、三国一の大国・()では文学サロンが立ちあげられ、

曹操(そうそう)をはじめとする詩文愛好家が自由に楽しく詩を詠んでいました。

第二次世界大戦中、日本が総力戦で苦しんでいるときにアメリカではミッキーマウスが生み出されていたようなものだったのでしょうか…。

 

そんな余裕綽々の魏では詩文に優れた人々を讃え建安の三曹七子(さんそうしちし)と呼んでいたのだとか。

この三曹七子とは一体どのような人たちだったのでしょうか?

10人の詩文愛好家たちを一挙ご紹介したいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【マイナー文官列伝】有名じゃないけど優れた才能を持った建安七子・王粲ってどんな人

関連記事:王粲(おうさん)とはどんな人?建安の七子であるが容貌の貧弱さでは龐統や張松より上

 

 

筆頭はもちろん我らが曹操

筆頭はもちろん我らが曹操

 

三曹の筆頭に挙げられるのは当然ながら魏の太祖・曹操です。

 

儒教嫌いの曹操は儒教に代わるものとして詩文を愛し奨励したと言われています。

曹操の死は音楽にのせて歌う楽府ばかりで、戦に関する内容のものが多かったようです。

 

 

父譲りの文才の持ち主・曹丕

父譲りの文才の持ち主・曹丕

 

曹操の次に挙げられるのは魏の初代皇帝となった曹丕(そうひ)です。

 

正史『三国志』において陳寿(ちんじゅ)

「文学の資質には天稟(てんびん)といえる趣がある」

と称されており、なかなかの文才の持ち主だったようです。

 

父と同じように楽府を得意としていましたが、果物のおいしさを讃えた面白い詩も詠んでいますよ。

 

最強の戦略教科書『はじめての孫子の兵法』
はじめての孫子の兵法

 

誰をも凌ぐセンスを誇る曹植

誰をも凌ぐセンスを誇る曹植

 

曹丕を嫉妬に狂わせるほどのセンスを持っていたとされる曹植(そうしょく)も三曹の1人。

 

曹植の詩は荘厳華麗(そうごんかれい)な貴公子の暮らしから庶民の喜怒哀楽に至るまで様々なものを題材としており多様性に富んでいるのが特徴です。

鍾嶸(しょうこう)の『詩品』でも最上位の上品に列せられており、詩人として最も高く評価されています。

 

詩を愛した孔子の子孫・孔融

腐れ儒者気質な孔融

 

後に曹操の怒りを買って殺されてしまう孔融(こうゆう)ですが、建安文学サロンの一員でした。

孔融の祖は詩と音楽を愛した孔子ですから、彼も詩文を愛していたのでしょう。

 

曹丕は孔融の詩文を

揚雄(ようゆう)班固(はんこ)にも劣らない」

と高く評価し、孔融の文章を届けた者には褒賞を与えたと言います。

 

毒舌なら誰にも負けない陳琳

毒舌なら誰にも負けない陳琳

 

曹操をその祖父・曹騰の代からこき下ろした衝撃的な内容の檄文を書きあげたことで有名な陳琳も建安の七子の1人です。

文学サロンでもあの毒舌をふるっていたのかは不明ですが、曹丕には

「文章は雄健だけれど、ちょっと煩雑(はんざつ)

と評されており、やっぱりわざわざ余計な言葉を差し挟むのが癖だったと思われます。

 

不朽の人物と称された徐幹

即興詩の達人!?王粲

 

徐幹(じょかん)は貧しい生まれでしたが、文才によって曹操に見出され、五官将文学にまで昇進しました。

彼は詩や賦などの韻文に優れ、曹丕に「不朽の人物」と称えられました。

 

即興詩の達人!?王粲

王粲

 

筆をとれば瞬く間にさらさらと詩文を編んで見せた王粲(おうさん)

 

あまりの速さに人々は前々から温めていた詩を披露したのだろうと思ったそうですが、彼の詩は全て即興。

王粲が即興で詩をつくることができたのは彼が並々ならぬ努力をした結果だそう。

ちなみに、詩に限らず歴史書『英雄記』も編んでおり、多才な人物であったことが窺えます。

 

謎多き天才詩人・応瑒(おうとう)

応瑒

 

建安の七子の中でもその実態があまり知られていないのが応瑒(おうとう)

応瑒については現存する作品がとても少なく、詩からその人物像を窺い知るのは難しそうです。

ただ、曹丕からは高く評価されており、弟の応璩(おうきょ)もまた文才溢れる人物だったようです。

 

法律なんてクソくらえ!劉楨

法律なんてクソくらえ!劉楨

 

自由奔放を地で行っていたという困ったちゃんな劉楨(りゅうてい)も建安の七子に名を連ねています。

曹丕の夫人をガン見して死刑になりかけるという驚くべき経歴の持ち主ですが、その文才は本物だったようで、特に彼の五言詩は

どれも素晴らしいものばかり。

建安の七子の中でも王粲と共に最高評価を受けています。

 

詩より文章の方が得意かも…阮瑀

詩より文章の方が得意かも阮瑀

 

竹林の七賢として有名な阮籍の父親である阮瑀(げんう)も曹操の文学サロンの一員でした。

しかし、彼の詩の評価はそれほど高くなく、詩人というよりも文章家のきらいが強かった模様。

陳琳と一緒にあのとんでも檄文を生み出したというのだからなかなかの曲者だったのではないでしょうか…?

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

個性あふれる三曹七子の面々をサラッとご紹介させていただきました。

書き足りないことはたくさんありますが、そのうち一人一人の詩文を紹介できたらいいなと思います。

それにしても彼らが集まる文学サロンは和気藹々(わきあいあい)として楽しい空間だったことでしょうね。

彼らと一緒に詩文を詠むのは難しいですが、彼らが詩文を(たしな)んでいる姿をこっそり覗いてみたいものです。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【マイナー武将ここがすごい】建安七子・王粲の才能がヤバイってほんと!?

関連記事:【建安文学】文学史に残る名文を記した陳琳の魅力ってなに?

 

よかミカンが贈る「黒三国志入門」
よかミカンのブラック三国志入門

 




chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 【シミルボン】人間の発想怖過ぎる!血も凍る三国志時代の処刑方法
  2. 馬超と韓遂 【衝撃】韓遂と馬超が賈詡の離間の計で仲違いしたはウソ?
  3. 【素朴な疑問】三顧の礼はどうして凄いのか?
  4. 袁術と董卓 【三国志トランプ】なぜこの顔ぶれなのかちょっと謎!
  5. 匡亭の戦いを図解で解説!袁術の華麗なる転落のプレリュード
  6. 【管鮑の交わりとは何?】管仲と鮑叔の友情を描いた故事
  7. 孔融 孔融梨を譲る!いちばん小さな梨を取った孔融の兄弟愛
  8. 【悲惨】周瑜は劉備の噛ませ犬でジャンプ台扱いだった?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 兵士と禰衡
  2. 陸遜
  3. 張飛が使う蛇矛
  4. 陸遜
  5. 城 銅雀台

おすすめ記事

  1. 【大三国志 攻略4】Lv6の土地の頑強な反撃に遭い、2度も壊滅!攻略なるのか!?
  2. 江戸城オフィスを大公開!大名の争いは部屋取りゲーム?
  3. 曹操ってもしかしてフェミニストだった?銅雀台の侍妾エピソード 城 銅雀台
  4. これぞ戦争の極意!!兵家の思想ってどんな思想?
  5. 【センゴク祭り】織田家のトップに就任してから9年の歳月をかけた尾張統一 織田信長
  6. 【後出師の表】は味方の士気を下げるダメダメ偽造文書だ

三國志雑学

  1. 影の薄い孫権
  2. 孔融
  3. 英雄たちの宴(三国志)
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 宋姫

おすすめ記事

三国志では何故、最初に蜀が滅びたの? 公孫瓚特集:悔しかったら雨を降らせてみろ・その1 【第10回 幻想少女】天敵・趙雲攻略が見えた。エース貂蝉の活躍(ネタばれ注意!) 【第3回 幻想少女】驚愕の事実発覚!三国志フレンドが私にはいなかった!【ネタバレ注意】 孔明 軍師 軍師ってどんな職業なの? <三国志豆知識> 郝昭(かくしょう)は陳倉城で孔明を撃退した 郝昭(かくしょう)ってどんな人?陳倉城で孔明を撃退した「孔明キラー」 劉備勝ちまくり!仮想三国志 もし蜀が呉を併呑していたら魏にも勝てた?if三国志 徐栄(じょえい)とはどんな人?曹操と孫堅を破った董卓軍の隠れた名将

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP