三国志平話
潼関の戦い特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

中国人の質問!三国志で好きな人物を聞かれた時に気をつける事

三国志ライター よかミカンさん




三国志ライター よかミカンさん

 

三国志の中で好きな人物は誰ですか?」

ごくありふれた質問ですが、答えるほうはけっこう悩みます。

私は中国人の女の子からその質問を受けた時に「呂布(りょふ)」と答えたところ、イケメン好きだと勘違いされたことがあります。

 

中国では、呂布はずる賢くてハンサムなイメージがあるんですと。脳筋ゴリマッチョじゃなかったのか!

ということで本日のお題は、中国の人から三国志で好きな人物を聞かれた時に気をつけたいこと。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【教えて中国朋友!】劉備が阿斗を投げたのはどうして?

関連記事:【中国人民激白】劉備が鬼畜すぎたから徐庶は離れた

 





人物のチョイスによっては人格を疑われるかも

kawauso

 

日本人が三国志の話をする時は、はるか昔の歴史ロマンとして、現在とは切り離して考えていますよね。

中国では、歴史に仮託して現在を語るという表現手法があるため、歴史の話をしていても現在の自分の主張をしていると勘違いされることがあります。

このため、あんまりヤバい人を「この人物が好き!」と言ってしまうと、自分までもがヤバい人であると疑われる恐れがあります

(必ずしもそうなるとは限りませんが、そういう空気になることもある)

 

冒頭に述べた呂布のケースでは、

「イケメン好き」というのはまだ好意的な解釈をされたほうで、

下手をすると「呂布のように平気で人を裏切る人なのか?」と疑われかねないところでした。

(女の子が呂布が好きだと言った場合、だいたいミーハーな意味で解釈してもらえますが!)

 

 

曹操ファンの方に気をつけていただきたいこと

曹操

 

日本では曹操(そうそう)は人気がありますよね。

漫画の「蒼天航路(そうてんこうろ)」では問答無用にかっこよく描かれていますし、そこまであからさまでなくても、三国志演義でも正史三国志でも

曹操はかっこいいです。

中国では、大陸の若い人には曹操ファンも多いのですが、あまり自分で本を読む機会のなかったお年寄りとかに「曹操が好きです」と言うと、

ちょっとびっくりされるかもしれません。

 

新中国では曹操は偉大な人だということになっているのですが、ご高齢の方や本を読む機会のなかった人は、絵本やお芝居で

断片的な曹操像を知っているだけという人もいらっしゃるからです。

昔ながらの断片的なエンタメ作品だと、曹操はわかりやすい悪者役になってしまっていますので、

どうしてあんなに悪賢い人が好きなの? 人格疑う!」って思われかねません。

 

北伐の真実に迫る

北伐  

悪者でなくてもバカはだめらしい

張飛

 

以前「呂布」を挙げて失敗した私は、他の機会に呂布の代わりに張飛(ちょうひ)の名前を挙げてみました。

三国志の人物について語っている時に自分の思想傾向とかを勘ぐられると嫌なので、思想の片鱗もない脳筋キャラを選んだのです。

 

すると、今度は「あんなに脳みその簡単な人が好きなの?」と大笑いされました。

しまった、私までバカだと思われた!

悪者キャラじゃなくても、バカはやっぱりまずいようです。

(正史ではバカかどうか分かりませんが)

 

中国人もナットクの無難なチョイスとは

悪い顔をしている諸葛亮孔明

諸葛亮(しょかつりょう)

 

やはり、人格的に立派そうな人の名前を挙げるのが無難なんじゃないでしょうか。

諸葛亮(しょかつりょう)とか、関羽(かんう)とか、趙雲(ちょううん)とか……

諸葛亮は不器用なところもありますが努力家だし「智」が絶倫のキャラだから○

関羽は誇り高すぎますが神様だから○

趙雲は悪い要素ないから○です。

ううむ、蜀ばっかですな。

自分の道を専一に究めた人でもいいかもしれませんね。馬鈞(ばきん)とか。

 

三国志ライター よかミカンの独り言

三国志ライター よかミカンの独り言

 

私は本当は賈詡(かく)が好きなのですが(蒼天航路の影響ではなくもっと昔からです)、それを言ってしまうと、主君を何度変えようとも

自分の智恵で思うさまに世を渡り歩き、高官のまま天寿を全うしようとしている現金な人だと思われそうで嫌なので、

こんど三国志の好きな人物を聞かれたら「馬鈞」って言ってみようと思います。

 

べつに、誤解されることを恐れて好きな人物を偽って答える必要もないのですが、説明するのが面倒です。

賈詡のどこがいいかなんて母国語でも説明するのは難しいです)

 

三国志の人物は全部好きですしー。

中国の方は自分の好きな人物は堂々と好きっておっしゃっているようですが、それに関して侃々諤々(かんかんがくがく)になっているのも見かけるので、

侃々諤々したくない人は無難な答えもご用意しておかれるとよろしいかと思います!

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【コワいモノ比較】アメリカ人は悪魔、フランス人は狼、中国人は○○!

関連記事:中国人が冷たいビールを飲まないのは三国志の曹操のせいだった!

 

覇を競う乱世に新たな秩序を打ち立てた曹操の生涯
曹操孟徳




よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

何か一言:
皆様にたくさん三国志を読んで頂きたいという思いから わざとうさんくさい記事ばかりを書いています。

妄想は妄想、偏見は偏見、とはっきり分かるように書くことが私の良心です。

読んで下さった方が こんなわけないだろうと思ってつい三国志を読み返してしまうような記事を書きたいです!

関連記事

  1. 【シミルボン】びっくり!三国志の時代の役人は役所に五日間缶詰だっ…
  2. 【難問】三国志好きは解きたくなる!なぞなぞ・クイズ集
  3. 王朗からの手紙「You降っチャイナ」に諸葛亮ガチギレ
  4. 冊封(さくほう)とはどういう意味?分かりやすく解説
  5. 夏候夫人|張飛の妻は、夏候淵の姪だった?
  6. 劉備の人肉食は何故美談になったのか?よかミカンが考察
  7. 陸遜はなんで改名をしたの?陸議と魏書では記載されているイケメン陸…
  8. 五虎大将軍の馬超 蜀の五虎大将軍ってなに?実は全員揃ったことがなかった蜀の猛将たち…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 孫策に攻撃される黄祖

おすすめ記事

  1. 三国テンカトリガーとはどんなアプリゲーム?
  2. 【キングダム芸人】中華統一を果たした信と政はどうなった?
  3. 権力に執着した曹操が魏王になるまでに荀彧と荀攸との間に亀裂が生じる
  4. 郭嘉が断言した曹操が袁紹に勝つ10の理由
  5. まるで蒟蒻問答?(こんにゃくもんどう) 孔明と張飛の知恵くらべ
  6. 陸抗(りくこう)ってどんな人?父の無念を晴らした孫呉最後の名将 陸抗

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

平安京・平城京の原点は三国志の魏の都とされた鄴都だった!? 【緊急】今ならプライム会員10%オフ!歴史小説が熱い【はじさん書評倶楽部】 豊臣秀吉 戦国時代 【センゴク】羽柴秀吉はどうやって関白に就任することができたの? 劉勲(りゅうくん)とはどんな人?袁術病死の後継者は「泣く子を救う」なのか!? 【アンゴルモア元寇合戦記】元寇とは?鎌倉時代の防衛戦争 三国志地図|中国にも九州があった?州について分かりやすく解説 邪馬台国最期の戦い(前編)神武東征と生駒の死闘 孫策、陸遜、顧邵、他 もう誰も信じられない?実は袁術と絶交していなかった孫策!

おすすめ記事

  1. 【孫武の名言】「将、軍に在りては君命をも受けざるところにあり」っていつ言ったの?
  2. 孫静(そんせい)とはどんな人?兄貴、孫堅とはゼッコーモン!ひたすら故郷を守った孫一族
  3. 劉備が皇帝になったのは皇族だった事が大きな理由? 蜀の皇帝に即位した劉備
  4. 袁術は反董卓連合軍の解散後どこで何をしていたの?
  5. 【これだけ読めば大体わかる】山崎賢人主演!キングダム実写化の内容を大胆予想!
  6. 40話:義将関羽が曹操に出した降伏の3つの条件
  7. ネクソンがシミュレーションRPG『三國志曹操伝 ONLINE』を配信開始。「三国統一モード、武将ごとのシナリオ、ifの歴史」が楽しめる
  8. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第30話「潰されざる者」の見どころをご紹介

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP