法正特集
姜維特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

新人・馬超が劉備と馴れ馴れしく口をきいていた!?

五虎大将軍の馬超




蜀の皇帝に即位した劉備

 

蜀の初代皇帝として三国志の中でも有名な人物として知られる劉備(りゅうび)

そして涼州の軍閥として曹操(そうそう)と戦い続け、

その後劉備の配下として加わった馬超(ばちょう)

 

馬超は蜀の武将の中でも新人であったにもかかわらず

劉備へタメ口で話しかけていた驚くべき常識知らずの人物であったのです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:龐徳は馬超に義理で部下になっていた!?

関連記事:実は馬超は漢民族じゃなく異民族だった?

 

 

劉備の元へ降伏する

ボロボロになった馬超

 

馬超は涼州で曹操と激戦を繰り広げていましたが、

ボロボロに敗北し、漢中を支配していた張魯(ちょうろ)の元へ逃げ込みます。

張魯は馬超が逃げ込んできた当時、

劉璋(りゅうしょう)を険悪な関係にあり、

馬超へ劉璋を討伐してこいとの命令を下します。

 

馬超は張魯の命令を聞いて劉璋を討伐するべく軍勢を出陣。

この時馬超の元へ劉備から

自分の配下に加わってくれないか

と使者を派遣します。

 

馬超は劉備から派遣された使者へ

承知しました。今後は張魯の元を離れて劉備殿に付き従うことにします。

と返答。

こうして馬超は劉備の配下として加わることになります。

 

 

馬超を厚遇する劉備

劉備玄徳が眩しい理由 三国志

 

劉備は馬超が配下に加わった時大喜びします。

劉備が喜んだエピソードが残っています。

 

劉備は馬超が自らの配下に加わることを知って側近へ

これでようやく益州を手に入れることができる

と言ったそうです。

 

実際馬超が劉備の配下に加わった後、

10日ほどで劉備に抵抗していた劉璋は降伏することになるのです。

劉備は馬超が配下に加わったことで大喜びし、

馬超を厚遇するのでした。

 

人に話したくなる三国志の一騎打ち特集
一騎打ち

 

字で呼ぶことを許す

劉備に足りないもの 三国志

 

馬超は劉璋が降伏し、

益州全域を手に入れることに成功した劉備から大いに厚遇されることになります。

 

馬超は自分が劉備から厚遇されている実情を知って

劉備のことを「玄徳(げんとく)」と呼んで馴れ馴れしくしていたそうです

劉備も別に馬超から「玄徳」と呼ばれて嫌な気分にならず、

そのまま馬超の好きなように呼ばせていました。

 

しかしここで馬超が馴れ馴れしく

劉備のことを「玄徳」と呼んでいることに激怒した人物がいました。

 

関羽張飛が激怒

激怒する関羽

 

劉備の義弟・関羽(かんう)張飛(ちょうひ)は馬超が

劉備の事を玄徳と言っている様子を聞いてめちゃくちゃ激怒します。

そして関羽は劉備へ

玄徳と呼んで兄貴のことをなめている馬超をたたき殺してやりたい

と願い出ます。

 

すると劉備は

雲長(うんちょう)。馬超は我らのところに困って逃げてきたのだ。

だから馬超が私のことを字で読んだからと言って、

そのように激怒するのはよくない。

そのようなことで激怒していれば、

天下の人心を獲ることなんてとうていできはしないぞ」

と怒られてしまいます。

 

関羽は劉備から怒られるとシュンとしてしまいます。

そこで張飛

わかりました。兄者。馬超を殺すのはやめましょう。

しかし彼に礼儀というものを叩き込んでやりますよ

と言って劉備の了解を得ることに成功。

 

さて張飛はどのような形で馬超に礼儀を教えるのでしょうか。

 

馬超へ礼儀を叩き込む張飛と関羽

五虎大将軍の関羽

 

劉備はある日群臣を集めて大きな会議を行います。

馬超もこの会議へ参加するべく会議場へ出席。

この席で馬超は関羽と張飛がいないことを不思議に思いながら席へ着きます。

 

その後劉備が壇上の上から登場しますが、

この時関羽と張飛が劉備の側へ得意の武器を持って登場。

そして壇上から張飛と関羽の二人が馬超をにらみつけるのでした。

 

馬超は二人の姿にビビってしまい、

この会議以降劉備を「玄徳」と呼ぶことはありませんでした

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

今回ここに登場したお話は

正史三国志」に登場する物語に記載されている

「山陽公載記」と呼ばれる書物に記載してある物語です。

 

三国志正史三国志だけで物語が構成されているわけではなく

色々な書物から構成されています。

三国志は色々な角度から見るとより楽しく見ることができるので

よろしければ皆様もご覧になってはいかがでしょうか。

 

参考文献 【山陽公載記・正史三国志蜀書】など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:馬超にも逸話はあるの?蜀の五虎大将軍・馬超孟起の逸話

関連記事:馬超の兜は?馬超の動物のクセがスゴイ

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

まだ漢王朝で消耗しているの

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 陸遜 三国志 Three Kingdomsの孫権が陰険すぎる!
  2. 船冒険する諸葛直 船 【三国志版艦コレ】孫権が保有していた巨大戦艦長安を解説
  3. 貂蝉と呂布 呂布(りょふ)は色白ハンサム?日中女子で違う呂布イメージ
  4. 三国志時代の牢獄 三国志時代に奴隷や奴婢はいたの?三国志の暗部に迫る
  5. 曹操と鶏肋 曹操が呟いた「鶏肋(けいろく)」って何?楊修とばっちり
  6. 五虎大将軍の趙雲 趙雲が最強イケメンだった3つの理由
  7. 陳宮 陳宮(ちんきゅう)ってどんな人?溢れんばかりの才能を備えた知略家…
  8. 孔明 孔明サンの真っ黒メモリー、讒言でライバルを叩き落とせ!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 成廉、魏越、呂布
  2. キングダム52巻
  3. 木戸孝允
  4. 狗奴国は邪馬台国と対立
  5. 織田信長
  6. 蜀の劉備

おすすめ記事

  1. 三国同盟の終わりと武田信玄の危機 真田丸 武田信玄
  2. 海音寺潮五郎の小説『孫子』ってどんな作品なの?【はじめての孫子 番外編】
  3. 陶謙はどうして劉備を後継者にしたの?三国志の素朴な疑問に答える
  4. 楊脩(ようしゅう)は何故、曹操に殺されたの?曹植と禰衡にも愛された才能の持ち主 問題を解決する楊脩
  5. 52話:袁紹を破った曹操は、中原最強の勢力に成長 官渡の戦い 曹操 勝利
  6. 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに3名の猛将を追加しました

三國志雑学

  1. 陳登と劉備
  2. 歴代皇帝の墓を暴こうとする韓遂の兵士
  3. 宦官の趙高(キングダム)
  4. 夷陵の戦いで負ける劉備
  5. 魏の曹操孟徳
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 魏みんなで魏志倭人伝(夏侯惇、典偉、夏侯淵、許長、張遼、曹操)
  2. 陸遜
  3. 絶世美女 貂蝉
  4. はじめての三国志 画像準備中

おすすめ記事

坂本龍馬(幕末時代) 【武田鉄矢に怒られろ!】坂本龍馬は本当はこんな人だった? 貂蝉 後宮にも上下関係が存在した?三国志後宮キャリア物語 東京国立博物館の特別展「始皇帝と大兵馬俑」を楽しむ!秦の時代の武器(兵器)を徹底紹介! 貂蝉 こち亀の両さんか!三国志の美女は一本眉だった? 唐周(とうしゅう) 唐周(とうしゅう)とはどんな人?張角の野望を砕いた元信者 藺相如(りんしょうじょ) 【趙の名宰相・藺相如の名言】長平の戦いの時に王に発した名言とは 【第3回 幻想少女】驚愕の事実発覚!三国志フレンドが私にはいなかった!【ネタバレ注意】 はじめての三国志 【祝・はじめての三国志】3周年記念の御礼を申し上げます!

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP