はじめての列子
麒麟がくる特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

華雄は関羽のかませドッグだった!?

華雄と呂布




 

董卓(とうたく)軍の武将・華雄(かゆう)

正史三国志三国志演義での扱いが全然違う武将です。

しかし最後は正史三国志も三国志演義も残念な扱いを受けてしまう可哀想な武将なのです。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:これは可哀想。。嫌な上司と呂布の謀略の為に死んだ正史の華雄(かゆう)

関連記事:徐栄(じょえい)とはどんな人?曹操と孫堅を破った董卓軍の隠れた名将

 

 

 

正史三国志の残念将軍・華雄

 

正史三国志の華雄と三国志演義に登場する華雄では全然違う武将ではないかと疑いを持ちたくなるほど扱いが違います。

正史三国志では孫堅(そんけん)との戦いの時に初登場。

董卓孫堅軍を撃退するため、呂布(りょふ)胡軫(こしん)の二人を出陣させます。

この時華雄は胡軫という将軍につき従って出陣。

しかし呂布と胡軫は非常に仲が悪くお互いに嫌っていました。

そのため呂布が胡軫に偽情報を流し、胡軫の軍勢を混乱させてしまいます。

華雄は孫堅軍の攻撃を受けても胡軫と呂布のいさかいが収まらなかったことがきっかけで、敗北しそのまま討ち取られてしまうのでした。

このように正史三国志ではチョー残念な武将として描かれてします。

しかし三国志演義の華雄は正史三国志とは比べ物にならない武将として描かれています。

 

 

イケイケな三国志演義の華雄

 

三国志演義での華雄は正史三国志での華雄と違いイケイケな将軍として描かれています。

三国志演義の華雄は董卓から汜水関へ攻撃を仕掛けてくる反董卓連合軍を迎撃するために出陣することになります。

この時、華雄は呂布が先鋒で出陣しようとするところを押しとどめて、「俺が先鋒じゃ!!邪魔するんじゃねー!!」と強気発言を残し、

呂布を押しのけて先鋒として出陣することになります。

 

華雄は呂布に強気な発言を残していますが、読者の皆さんの中には「どうせ正史三国志のように速攻でやられる残念将軍なんでしょ。」と思っている人もいるでしょう。

ちょっとそこなあなた!!

それは違いますよ。

三国志演義の華雄は正史三国志の様に残念将軍ではありません

しっかりと戦果を挙げた素晴らしい将軍です。

華雄は先鋒として出陣すると反董卓連合軍に参加していた群雄達の麾下の将軍達をばっさばっさと三国無双並みに斬り捨てていきます。

そのため群雄達は華雄の強さに恐れをなして手が付けられなくなります。

そしてここで登場するが劉備(りゅうび)の義兄弟として名前がまだ売れていない若かりし頃の関羽(かんう)でした。

 

登場人物全員が悪!悪人のお祭り騒ぎ!
李傕・郭汜祭り

 

関羽登場!!

 

曹操は華雄の強さがとんでもないことに気づき「誰か。あの将軍を討ち取る強者はいないか」と群雄たちに呼びかけます。

すると劉備の義弟・関羽は「では。私がこの青龍偃月刀(せいりゅうえんげつとう)で討ち取って見せましょう。」と名乗りを上げます。

すると曹操は側近から酒を持ってこさせ「そうか。君がやってくれるか。では景気づけに一杯飲んでから行った方がいいのではないか」と

あったかい酒を関羽へ進めます。

すると関羽は「では華雄を倒してからあったかい酒をもらうとしますか」と言って曹操の元を去って華雄に向かって一直線に進んでいきます。

 

華雄VS関羽の戦いは一瞬で決まる

 

関羽は諸侯の軍勢を蹴散らして暴れまわっている華雄を発見。

華雄も関羽が一直線に自分に向かって突撃してくる姿を認識します。

両者は雄叫びを上げつつ一瞬のうちに交差。

するとどうでしょう。

華雄の首がコロンと取れてしまいます。

そして関羽は何事もなかったように曹操の元に帰ってきて、まだ暖かい酒を一息で飲み干します。

曹操や反董卓連合軍に参加している群雄は関羽が華雄を一撃のもとに討ち取った武勇の凄さに驚くことになり、彼の名前は一躍有名になるのです。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

華雄は三国志演義で活躍していましたが、最後は関羽のかませ犬的な存在でした。

しかし三国志演義の華雄の方が正史三国志よりもはるかに活躍している点は救いどころだと思います。

 

■参考文献 新紀元社 三国志武将辞典など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【萌えキャラ三国志】萌えな3武将を選んでみたよ

関連記事:徐栄(じょえい)とはどんな人?曹操と孫堅を破った董卓軍の隠れた名将

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強のワルは誰だ

朝まで三国志1

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【真田丸】日本一の兵と称された真田幸村と魏の張遼、名将の類似点を…
  2. 【軍師連盟】司馬懿は電光石火の行軍が得意だった?
  3. 劉備が乗っていた的廬がありえないぐらいスゴイ馬だった!?
  4. 【軍師連盟】司馬懿が起こしたクーデターは博打だったの?
  5. 極悪人の董卓の参謀・李儒は董卓以上の悪人だったの?
  6. 劉禅の名言から窺い知る名君主ぶり!?
  7. 舛添都知事「五千万問題」三国志の時代だと、どんな罪?
  8. あっちもこっちも将軍、将軍、将軍だらけ!三国志の将軍の位がわかる…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 長篠の戦いWikipedia
  2. 野望が膨らむ鍾会
  3. 張良と始皇帝
  4. 細川ガラシャ

おすすめ記事

  1. 孔子の幼少期から青年期はどんな人だったの? 孔子と儒教
  2. 営業マン必見!諸葛亮孔明から学ぶ営業術。これがビジネス三国志だ!
  3. 【告知】Youtubeとtwitterのヘッダー看板リニューアルのお知らせ
  4. 夏侯 惇(かこうとん)ってどんな人?曹操に最も近い男
  5. 【将苑】諸葛孔明の人物鑑定7つの方法 株式会社三国志で働く劉備と孔明
  6. 張翼(ちょうよく)ってどんな人?歴代丞相と共に北伐へ参加した蜀の重臣 張翼

三國志雑学

  1. 周瑜 美男子
  2. 玉璽
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 横井小楠

おすすめ記事

【リアル七人の侍】戦国時代、村はどうやって略奪から身を守った? 濡須口の戦いって何?どうして何度も戦争になるの 日本で初めてダイエットをしたのは西郷どん? 【実録】三国志の時代のショッピングは命がけだった? 【疑問】どうして徐州人は曹操の支配を受け入れたのか? 真田昌幸にとっての領土拡張戦略と沼田城の重要性 【五代友厚と勝海舟】それぞれの道で歴史に名を残した2人 曹仁(そうじん)ってどんな人?熱血と沈着冷静、大人な大将軍の人生

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP