華雄は関羽のかませドッグだった!?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

董卓(とうたく)軍の武将・華雄(かゆう)

正史三国志と三国志演義での扱いが全然違う武将です。

しかし最後は正史三国志も三国志演義も残念な扱いを受けてしまう可哀想な武将なのです。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:これは可哀想。。嫌な上司と呂布の謀略の為に死んだ正史の華雄(かゆう)

関連記事:徐栄(じょえい)とはどんな人?曹操と孫堅を破った董卓軍の隠れた名将

 


 

 

正史三国志の残念将軍・華雄

 

正史三国志の華雄と三国志演義に登場する華雄では全然違う武将ではないかと疑いを持ちたくなるほど扱いが違います。

正史三国志では孫堅(そんけん)との戦いの時に初登場。

董卓は孫堅軍を撃退するため、呂布(りょふ)胡軫(こしん)の二人を出陣させます。

この時華雄は胡軫という将軍につき従って出陣。

しかし呂布と胡軫は非常に仲が悪くお互いに嫌っていました。

そのため呂布が胡軫に偽情報を流し、胡軫の軍勢を混乱させてしまいます。

華雄は孫堅軍の攻撃を受けても胡軫と呂布のいさかいが収まらなかったことがきっかけで、敗北しそのまま討ち取られてしまうのでした。

このように正史三国志ではチョー残念な武将として描かれてします。

しかし三国志演義の華雄は正史三国志とは比べ物にならない武将として描かれています。

 


 

イケイケな三国志演義の華雄

 

三国志演義での華雄は正史三国志での華雄と違いイケイケな将軍として描かれています。

三国志演義の華雄は董卓から汜水関へ攻撃を仕掛けてくる反董卓連合軍を迎撃するために出陣することになります。

この時、華雄は呂布が先鋒で出陣しようとするところを押しとどめて、「俺が先鋒じゃ!!邪魔するんじゃねー!!」と強気発言を残し、

呂布を押しのけて先鋒として出陣することになります。

 

華雄は呂布に強気な発言を残していますが、読者の皆さんの中には「どうせ正史三国志のように速攻でやられる残念将軍なんでしょ。」と思っている人もいるでしょう。

ちょっとそこなあなた!!

それは違いますよ。

三国志演義の華雄は正史三国志の様に残念将軍ではありません

しっかりと戦果を挙げた素晴らしい将軍です。

華雄は先鋒として出陣すると反董卓連合軍に参加していた群雄達の麾下の将軍達をばっさばっさと三国無双並みに斬り捨てていきます。

そのため群雄達は華雄の強さに恐れをなして手が付けられなくなります。

そしてここで登場するが劉備(りゅうび)の義兄弟として名前がまだ売れていない若かりし頃の関羽(かんう)でした。

 

登場人物全員が悪!悪人のお祭り騒ぎ!
李傕・郭汜祭り


 

関羽登場!!

 

曹操は華雄の強さがとんでもないことに気づき「誰か。あの将軍を討ち取る強者はいないか」と群雄たちに呼びかけます。

すると劉備の義弟・関羽は「では。私がこの青龍偃月刀(せいりゅうえんげつとう)で討ち取って見せましょう。」と名乗りを上げます。

すると曹操は側近から酒を持ってこさせ「そうか。君がやってくれるか。では景気づけに一杯飲んでから行った方がいいのではないか」と

あったかい酒を関羽へ進めます。

すると関羽は「では華雄を倒してからあったかい酒をもらうとしますか」と言って曹操の元を去って華雄に向かって一直線に進んでいきます。


  

 

 

華雄VS関羽の戦いは一瞬で決まる

 

関羽は諸侯の軍勢を蹴散らして暴れまわっている華雄を発見。

華雄も関羽が一直線に自分に向かって突撃してくる姿を認識します。

両者は雄叫びを上げつつ一瞬のうちに交差。

するとどうでしょう。

華雄の首がコロンと取れてしまいます。

そして関羽は何事もなかったように曹操の元に帰ってきて、まだ暖かい酒を一息で飲み干します。

曹操や反董卓連合軍に参加している群雄は関羽が華雄を一撃のもとに討ち取った武勇の凄さに驚くことになり、彼の名前は一躍有名になるのです。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

華雄は三国志演義で活躍していましたが、最後は関羽のかませ犬的な存在でした。

しかし三国志演義の華雄の方が正史三国志よりもはるかに活躍している点は救いどころだと思います。

 

■参考文献 新紀元社 三国志武将辞典など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【萌えキャラ三国志】萌えな3武将を選んでみたよ

関連記事:徐栄(じょえい)とはどんな人?曹操と孫堅を破った董卓軍の隠れた名将

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強のワルは誰だ

朝まで三国志1

 

 

関連記事

  1. 袁紹と曹操
  2. 羊コ 羊祜 魏と晋
  3. 漢王朝として独立した劉淵
  4. 龐統
  5. 韓信vs孔明
  6. 眠る于禁

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

“近代オリンピック




PAGE TOP