呂布特集
官渡の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

丁奉は蒼天航路では可愛い女の子?丁奉の仲いい人は化け物は?

蒼天航路




丁奉(ていほう)

 

孫権(そんけん)孫亮(そんりょう)孫休(そんきゅう)孫晧(そんこう)の孫家四代に仕えた孫呉(そんご)の重鎮・丁奉(ていほう)

 

呉お正月企画、お酒にまつわる逸話07 孫権

 

正史三国志丁奉は、孫権に仕え小部隊の隊長から始まり、孫晧時代には左大司馬(だいしば)にまで昇進した人物です。

 

蒼天航路

 

そんな丁奉は「ネオ三国志」と言われた名作・蒼天航路にもちょこっとだけ登場しています。

蒼天航路に登場する丁奉はどのような人物だったのでしょうか。

 

自称・皇帝
当記事は、
「丁奉 蒼天航路
「丁奉 馬忠」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:蒼天航路の郭嘉の名言が三国志好きには堪らない

関連記事:蒼天航路のスタンスは三国志演義と同じ!?

 

 

蒼天航路に登場する丁奉はなんと○○だった!?

キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問)

 

蒼天航路(そうてんこうろ)に登場する丁奉(ていほう)はどのようなキャラだったのでしょうか。

 

丁奉は蒼天航路の最終回近くになって登場し、可愛い女の子になっているのです。

 

正史三国志の丁奉は小部隊の隊長として活躍し、体に大小の傷を負っていますが、蒼天航路の丁奉は可愛い女の子キャラで身体に大小の傷なんて、これっぽちも受けそうな雰囲気を全く出していません。また女の子になって可愛くなった丁奉にはある特技がありました。

 

それは戦場で上手に笛を吹くことで、味方の士気を上げる特技です。レンは蒼天航路の丁奉が笛を吹いているシーンを見ると北方謙三(きたかた けんぞう
)
先生が書いた水滸伝(すいこでん)楊令伝(ようれいでん
)
に登場する浪子・燕青を想像してしまいます。

 

すいません。お話が脱線してしまいました。さて可愛くて笛を上手に操る丁奉はある人とも仲良くしていました。

 

 

丁奉の仲いい人は化け物!?

 

さて笛吹き丁奉の仲のいい人はいったい誰なのでしょうか。それは化け物のような人間です。

 

丁奉が仲良くしている化け物のような人間は阿憧と呼ばれた馬忠(ばちゅう)です。孫呉の馬忠と言えば、関羽(かんう)を捕えることに成功した人物ですが、蒼天航路では化け物のような人物として描かれています馬忠のどんなところが化け物なのか。

 

それは馬忠が馬を生のままかぶりつき、言葉をほとんど発していない所です。しかし丁奉とは仲が良く、彼の言っている事には従順に従っています。そして蒼天航路の最終回で丁奉は化け物・馬忠を従えて関羽討伐戦で活躍しているのです。

 

【赤壁を超える!魏呉の直接対決特集】
濡須口の戦い特集バナー

 

関羽を捕まえた!!

 

丁奉は江陵から蜀へ逃亡する関羽を捕縛する作戦に参加。

 

敗れる関羽雲長

 

丁奉は関羽が蜀へ逃亡する途中に伏兵となって潜み、馬忠達を率いて関羽へ攻撃を仕掛けます。丁奉は関羽の攻撃を受けて弾き飛ばされてしまいますが、馬忠は関羽に噛みついて離れず、彼を捕まえることに成功。馬忠は関羽を捕まえることに成功すると後からやってきた孫権から名前(馬忠)を与えられることになります。

 

丁奉は蒼天航路ではあまり出番がありませんが、もし蒼天航路の続編が掲載されれば、登場する機会も多くなるのではないでしょうか。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

蒼天航路は今まで嫌われてきた三国志の悪玉・曹操(そうそう)を主人公に据えた三国志のマンガです。

 

このマンガは正史三国志を基にしつつ、三国志演義のエピソードを作者がアレンジを加えて書かれた三国志のマンガです。三国志には多くの登場人物がいて誰がどの人だっけと忘れてしまうことが多いと思います。

 

蒼天航路

 

しかし蒼天航路は、一人ひとり個性あるキャラクターとして描かれているため、名前を忘れるようなこともなければ、キャラクターと登場人物の顔が一致しないような事にもなりません。また蒼天航路は三国志を題材にした歴史モノのマンガです。そのためちょっと難しくて読みにくいイメージを持たれている人がいると思いますが、そんなことは全然ありません。

 

 

笑いあり、ド迫力のアクション描写あり、ホロっと感動する場面もあるので、今までの歴史モノのマンガとは全然違い、読みやすいと思います。まだ蒼天航路を読んでいない「はじめての三国志」の読者がいると思いますが、ぜひ一度読んでみてください。

 

三国志が好きならば絶対ドはまりすること間違いないと思います。

 

■参考文献 講談社漫画文庫 蒼天航路など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【蒼天航路】よかミカンが選ぶ面白ポイント6選

関連記事:蒼天航路で太史慈の出番が少ない2つの致命的な理由

 

【はじめての三国志 読者の声】
はじめての三国志読者の声

 

【動画】劉備玄徳が三国志の英雄になれた理由

 

 

はじめての三国志はYoutubeでもわかり易さを重視した解説動画もやっています♪

解説動画が分かりやすかったらGoodボタンを!

気に入ったらチャンネル登録お願いします〜♪

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
はじめての三国志とYoutube




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 後継者を決めずにダラダラする袁紹 袁紹の評価が残念な6つの理由
  2. 孟獲キャッチコピー [ビジネス三国志]自分用のキャッチコピーを造り人脈を広げる
  3. 馬超にも逸話はあるの?蜀の五虎大将軍・馬超孟起の逸話
  4. 曹休 五丈原の戦いの裏側で活躍した魏の満寵とは?前編
  5. 夏侯惇 夏候惇と言えば独眼竜?
  6. 釣った人材が次々逃げる!ダメ釣り人袁術
  7. 袁術と袁紹の喧嘩 【そもそも論】どうして袁紹や袁術には力があったの?
  8. 魏の夏侯淵 夏侯淵が被った曹操の罪ってどんな刑罰?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 代筆屋 商売
  2. 畠山義就
  3. 呂不韋
  4. まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札
  5. キングダム
  6. 幕末大勢で一人に襲いかかる新選組
  7. 袁術

おすすめ記事

  1. テルマエ・ロマエのルシウスもびっくり!?後漢の甘英、ローマを目指す!
  2. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.5 陳蘭
  3. 賈南風(かなんぷう)とはどんな人?司馬衷の妃となって晋王朝を滅亡の淵に叩き込んだ悪女 袁紹の妃 劉氏
  4. 小栗忠順とレオンロッシュ。フランスが幕府を支援していた理由は?
  5. 武田信玄のご先祖様は?甲斐の虎のルーツに迫る 真田丸 武田信玄
  6. 貨幣や紙幣は宋代に誕生したの?宋代の経済生活を分かりやすく解説 宋銭 お金と紙幣

三國志雑学

  1. 于禁を虐める曹丕
  2. 于禁と曹操
  3. 孔明
  4. 孫呉(孫権・黄蓋・陸孫・周瑜・周泰) 
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 明智光秀が剣を持って戦っているシーン
  2. 沖田総司 幕末
  3. 織田信長
  4. 陳羣と曹丕

おすすめ記事

はじめての三国志 画像準備中 趙、韓、魏を産んだ超大国、晋(しん)とはどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介 劉邦と陳平と張良 張良(ちょうりょう)とはどんな人?高祖劉邦の右腕として活躍した天才軍師(3/3) 一騎当千 Animation Art Works Ⅱ 呂蒙 引用 眼帯は誰のもの?『一騎当千』で夏侯惇だけでなく呂蒙にも眼帯が付けられている件 合肥の戦いの満寵 満寵(まんちょう)ってどんな人?曹氏三代に仕え呉の天下統一を阻み続けた司令官 司馬懿 司馬懿の遺言はどのような内容だったの?司馬懿は曹丕が大好きだった? 周瑜くやしい 呉 74話:孔明に嫉妬する周瑜 河上彦斎 河上彦斎はどんな人?るろうに剣心のモデルになった人斬り四天王 曹休 千里の駒・曹休が劉備軍の猛将・張飛を打ち破ったのは史実では本当なの?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP