ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
ながら三国志音声コンテンツ


はじめての三国志

menu

はじめての呉

丁奉(ていほう)ってどんな人?呉の混乱期において、呉を支えた重臣

丁奉(ていほう)




丁奉(ていほう)

 

丁奉(ていほう)は、三国時代も後半期の呉の武将です。

孫権(そんけん)の死後は、呉は混乱期になり、国力は減少の一途をたどります。

このような状況の中、呉軍を率いて活躍した人物です。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:周瑜はいかにして魯粛を呉に引き入れたのか?

関連記事:レッドクリフ超え!魯粛(ろしゅく)の知られざる逸話

 

 

たたき上げの武将・丁奉

影の薄い孫権

 

丁奉(ていほう)は盧江郡出身の武将です。

朱然(しゅぜん)徐盛(じょせい)のように孫権に気に入られたわけでなく、

甘寧(かんねい)陸遜(りくそん)潘璋(はんしょう)など諸将の指揮下に入り、

戦場で兵士と共に駆け回って、敵将を何人も討ち取って実績を重ねてきた、たたき上げの武将です。

彼は、兵士と共に戦場を駆け回ったので、体中に傷を負っていたと伝えられています。

孫権は彼の努力を認め、偏将軍に任命します。

孫権が亡くなり、呉の二代目皇帝に孫亮が就くと、討冠将軍に累進します。

 

関連記事:朱然(しゅぜん)ってどんな人?名将亡き後、呉の重鎮として孫家を支え続けた将軍

関連記事:衝撃の事実!三国時代に魏・呉・蜀なんて『国』は存在しなかった!?

 

 

東興の戦いで大活躍

諸葛格(しょかつかく)

 

魏は孫権の死後、呉の領地である東興に侵攻してきます。

呉の丞相諸葛格(しょかつかく)は魏の軍勢を迎撃するため、諸将に出陣命令を出します。

丁奉も諸葛格の命令を受けて東興に向けて出陣します。

諸葛格は東興に着く前に会議を開きます。

 

関連記事:魏や呉にもいた諸葛一族の話

関連記事:諸葛瑾(しょかつきん)ってどんな人?偉大な孔明の兄はどうやって乱世を生き抜いたの?

 

会議で丁奉と諸葛格の意見は対立をする

会議で丁奉と諸葛格の意見は対立をする

 

呉の諸将は会議の中で「丞相自ら出陣したのだから、

魏の軍勢は恐れをなして逃げるであろう」と楽観的な意見を述べます。

丁奉は、数々の実践経験から諸将に「戦はそんなに甘いものではない。

戦う覚悟をもって臨むべきだ」と戦の心構えをするように警告します。

諸葛格は東興に上陸します。

しかし丁奉は、諸葛格とは別行動を取り、呂拠や唐咨らと共に山岳地帯へ進軍しました。

しかし呂拠や唐咨らの軍の行軍速度が遅いため、彼らを置き去りにし、

丁奉は3000人の軍勢を率いて敵陣に急行します。

そのおかげで敵陣近くの徐唐と言う地に陣を敷きます。

丁奉は早速敵陣に間諜を放ち、調査を開始します。

その結果、魏軍の先鋒は酒盛りをしているとの報告を受け取ります。

丁奉はこの報告を聞いて、すぐさま敵陣に奇襲をかけ、敵陣を大混乱に陥れて敵陣を撃破します。

呂拠や唐咨らの軍勢が遅れて到着し、

攻撃に加わったことで敵陣は壊滅的なダメージを受けて、魏軍は退却します。

丁奉はこの戦いの功績により、呉の二代目皇帝・孫亮から都郷侯に任命されたのです。

 

【呉のマイナー武将列伝】
呉の武将

 

丞相・孫綝を討つ

 

呉の二代目皇帝・孫亮は、丞相である孫綝によって、皇帝の位を追われてしまいます。

そして三代目の皇帝に孫休が就くことになりました。

孫休は即位すると、側近である張布に「傲慢極まりない孫綝を討ちたいがどうすればよいか」

と尋ねます。

張布は少し悩んだ後に「丁奉は長年戦場での経験が豊富で、計略に優れています。

彼に尋ねては如何でしょうか」と進言します。

孫休は張布の進言を取り入れて、丁奉を呼び寄せ、孫綝打倒の方法を尋ねます。

丁奉は「孫綝を群臣が集まる祭りに呼び寄せ、捕えてしまうのは如何でしょうか」

と孫休に提案します。

孫休は、すぐに丁奉の意見を取り入れ、祭りの席に孫綝を呼び寄せ、

丁奉と張布で彼を捕え、処刑します。

この功績により大将軍になります。

 

暴虐の皇帝孫晧に仕える

暴虐の皇帝孫晧に仕える

 

孫休が、亡くなり、呉の皇帝に孫晧が就きます。

孫晧は、皇帝の位に就くとすぐに残虐性をむき出しにし、

気にくわない家臣を罪に陥れ、次々と殺害していきます。

丁奉は、皇帝の暴虐さを目の当たりにし、

孫晧の側近である留平と数人の臣下と共に殺害をもくろみます。

留平が、実行日当日になって協力を断ったため、暗殺は失敗に終わります。

 

何で留平は協力を断ったの?

 

なぜ留平は当日になって協力を拒んだのでしょうか。

理由は、いくつかありますが、丁奉と仲が悪かったのが主な要因とされています。

この時孫晧を殺害していれば、呉はもう少し長く、余命を保つことができたかもしれません。

さて暗殺に失敗した丁奉ですが、孫晧に暗殺の事は気付かれず、晋の穀陽へ攻め込むよう命じられます。

丁奉は穀陽に攻撃を仕掛けますが、

あらかじめ探知していた穀陽の住民に察知され、何も戦果を挙げる事が出来ませんでした。

そのため丁奉軍の道案内をしていた者が斬られてしまいます。

丁奉は、穀陽侵攻戦の二年後に亡くなります。

孫晧は、丁奉が亡くなったことを知ると、すぐさま彼の家族を田舎に強制的に移住させます。

なぜこのような事を行ったのでしょうか。

詳しくはわかりませんが、孫晧は何らかの理由で丁奉を嫌っておりましたが、

軍のトップをすぐに罰を与えることはできないので、

彼の死後、家族に嫌がらせをしたのではないでしょうか。

このように考えると家族に嫌がらせをした辻褄があうと思います。

 

関連記事:孫権の後を継ぐのは私なんだから! 孫家のドロドロした後継者問題

関連記事:本職より美味いカボチャを作った農夫・孫権

 

三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

民間の伝説に丁奉は飛礫(つぶて)の名手として伝承が残っており、

現在も彼の銅像には飛礫を持った姿で祀られているそうです。

丁奉の銅像を見る機会がありましたら手元に注意して見てはいかがでしょうか。

今回はこれでおしまいにゃ。

次回もまた初めての三国志でお会いしましょう。

それじゃまたにゃ~♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【新事実】天下三分の計を実現させた立役者は魯粛であった

関連記事:【魯粛・朱桓・周魴の息子達】三国志後半を彩った呉の二代目武将はかなりの名将ぞろいだったことが発覚!!

 

赤壁の戦いを斬る!赤壁の戦いの真実
赤壁の戦い

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 孫和 孫和とはどんな人?文武両道だけど最後はとっても悲惨な貴公子
  2. 命がけで筋を通す義理に熱い朱拠 朱拠とはどんな人?呂蒙に匹敵する文武兼備の将軍の逸話を紹介
  3. 呉夫人 小覇王・孫策のお母さん「呉夫人」は偉大すぎた
  4. はじめての三国志 画像準備中 孟宗とはどんな人?孟宗竹(もうそうちく)の由来は呉の親孝行もので…
  5. 孫皓と張俊 呉のA級戦犯?孫皓を皇帝にした呉の重臣「万彧・濮陽興・張布」
  6. 凌統 凌統(りょうとう)ってどんな人?本当は甘寧と仲直りしてないよ
  7. 周泰(しゅうたい)の全身の傷を解説する孫権 周泰(しゅうたい)ってどんな人?孫権に重んじられた、全身傷だらけ…
  8. 魯粛 稀代の豪傑 魯粛(ろしゅく)|演義と正史では大違い?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 阿会喃(あかいなん)と猛獲
  2. 曹芳
  3. 豊臣秀吉 戦国時代
  4. 織田信長
  5. 異議ありと叫ぶ司馬懿
  6. 周瑜
  7. 程普

おすすめ記事

  1. これなら誰でも騙される!越王句践の凄まじいゴマすりを紹介。
  2. 劉備は実像とは違う?本当に仁徳の人?劉備の真の魅力とは何か? 劉備の黒歴史
  3. 【真田丸特集】徳川三傑・本多忠勝と蜀の五虎将軍・張飛を対比してみた 張飛と本多忠勝
  4. 【宋代の茶】お茶商人の娘の哀しき運命 茶を飲む張角(太平道)
  5. 明智光秀が保護した延暦寺とは?明智光秀が延暦寺を保護した理由 お茶を楽しむ明智光秀
  6. 大戦乱!!三国志バトルとはどんなゲーム?

三國志雑学

  1. 民の心を掴む卑弥呼
  2. 司馬懿
  3. 陸遜
  4. 張飛、劉備、関羽の桃園三兄弟
  5. 次第に巨大化していく黒山賊と張燕3


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 廖化 四龍将
  2. 韓侂冑
  3. 孔子と儒教

おすすめ記事

キレる曹操2 復讐に燃える曹操は三国鼎立を早める 郭嘉の本 初心者のための三国志あらすじ!も~っと三国志に興味を持ってもらうために。 呂布に従う陳宮 陳宮が計画した兗州戦を正史三国志から考察!兗州戦は三つの理由が敗北の原因? どうすれば蜀の二代目過保護な劉禅をしっかり教育できたの? 朱然 朱然(しゅぜん)ってどんな人?名将亡き後、呉の重鎮として孫家を支え続けた将軍 大阪城へいざ参らん!!黒田家元家老・後藤又兵衛 孔明 【悲報】孔明の発明品で戦死した人物が実在した。鎧を過信した南朝宋の軍人・殷孝祖 おんな城主 直虎 【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第一話「井伊谷の少女」の見どころ紹介

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP