法正特集
姜維特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

甘寧の死因は討ち死に?それとも病死?

三国志に出てくる海賊達と甘寧




甘寧 裏切る ゆるキャラ

 

孫呉(そんご)の名将・甘寧(かんねい)

彼は黄祖(こうそ)討伐戦で敵将・黄祖(こうそ)を捕えたり、江陵攻防戦(こうりょうこうぼうせん)では別動隊を率いて夷陵城(いりょうじょう)を攻略したり功績を残しています。他にも多くの戦で活躍している甘寧ですが、どうして亡くなったのでしょうか。

 

今回は甘寧(かんねい)の亡くなった原因(げんいん)について紹介したいと思います。

 

自称・皇帝
当記事は、
「甘寧 死因」
「甘寧 死亡」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:よく皖城で共闘できたね?三国志史上最凶に仲が悪かった甘寧と凌統

関連記事:甘寧は夷陵の戦いで戦死していなかった?呉武将甘寧と夷陵の戦いを解説

 

 

甘寧の死因を正史三国志で調べてみると…

三国志に出てくる海賊達と甘寧

 

甘寧はどうして亡くなったのでしょうか。正史三国志呉書・甘寧伝(かんねいでん)を調べてみました。

すると…。

甘寧の死因に関しての記載はなくただぽつりと「甘寧が死去した」と書かれているだけでした。甘寧は孫呉であれだけ活躍しているのに、彼の死因(しいん)に関してこれだけしか書いませんでした。

 

しかし甘寧が亡くなった理由については推測することができます。

 

 

甘寧が最後に活躍した戦から考えてみる

甘寧 ゆるキャラ 三国志

 

正史三国志(せいしさんごくし)では甘寧の最後はただ亡くなったと書かれているだけでした。

 

そのため甘寧の死因は、謎のままで分からないのが現状です。しかし甘寧が活躍した最後の戦を探ってみると、彼の死因についてのヒントが隠されていたので、ここでは彼の最後について紹介したいと思います。

 

正史三国志に書かれている甘寧の最後の戦は、合肥の戦い(がっぴのたたかい)です。

 

泣く子も張遼

 

孫権(そんけん)張遼(ちょうりょう)たちが守っている合肥城(がっぴじょう)を包囲しますが、この時疫病が発生したことが原因で、合肥城の包囲を解いて撤退することにしたそうです。

 

愛馬に乗り敵を粉砕する張遼

 

張遼は合肥城を守っていましたが、孫権軍が撤退する様子を見て精鋭部隊を率いて撤退する孫権軍を攻撃。甘寧は張遼が撤退する孫権軍へ攻撃してくると、弓矢を手にもって撤退する孫権を守りつつ張遼軍へ反撃します。

 

凌統(りょうとう)蒋欽(しょうきん)は孫権を守り、張遼軍の攻撃を防ぎつつ、孫権を撤退させていきます。

 

甘寧と凌統

 

孫権は張遼軍の追撃を受けながらも、甘寧や凌統、蒋欽らの活躍によって撤退することに成功するのでした。上記が正史三国志・甘寧伝に書かれている甘寧の最後の活躍ですが、ここに甘寧の死因のヒントが隠されていると思います。

 

さて甘寧(かんねい)の死因のヒントは一体なんでしょうか。それは合肥城周辺で起きた疫病です。

 

【呉のマイナー武将列伝】
呉の武将

 

甘寧の死因は疫病だった!?

疫病が流行った村

 

孫権は合肥城周辺で発生した疫病が原因で合肥城の包囲を解いて撤退したと上記で紹介しましたが、甘寧の死因とどうしてつながることになるのでしょうか。

 

ここからはレンの推測になりますが、甘寧はこの合肥城攻略戦で疫病にかかってしまい、この戦いが終わった後に亡くなったのではないでしょうか。もし上記のレンの推測が合っていれば、合肥の戦い以降に甘寧が死去したと正史三国志に書かれている事とつじつまが合うのではないでしょうか。

 

そのため甘寧は、合肥城攻略戦の時に発生した疫病が彼の死因だったと推測することができると思いませんか。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

正史三国志には甘寧の死因が記載されていませんでした。

 

そのためレンは彼の死因が疫病ではないかと推測しましたが、もう一つの三国志・三国志演義(さんごくしえんぎ)での甘寧の死因はどのように記されているのでしょうか。

三国志演義の甘寧の死因をちょっと調べてみました。

 

三国志演義の甘寧の死因は正史三国志とは違い、しっかりと彼の死因が書かれていました。三国志演義の甘寧の死因は戦で討ち死にしたことが原因でした。

いったい甘寧は誰に討ち取られたのでしょうか。

 

沙摩柯

 

それは劉備軍に参加していた異民族・沙摩柯(しゃまか)です。どのようにして甘寧が沙摩柯に討ち取られたのか。

三国志演義の甘寧の最後を紹介して終りたいと思います。

 

水滸伝って何? 書類や本

 

三国志演義の甘寧は夷陵の戦い(いりょうのたたかい)に参加しますが、病にかかっていたそうです。甘寧は病にかかっていながら、夷陵の戦いに参加し、劉備(りゅうび)軍に加わった異民族・沙摩柯が放った弓矢が甘寧に直撃し、亡くなってしまったそうです。

 

■参考文献 正史三国志呉書など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:甘寧を討ち取った沙摩柯とは?夷陵の戦いで突如として現れた胡王

関連記事:超短気の甘寧、凌統・呂蒙との珍エピソード

 

関羽の弔い合戦「夷陵の戦い」を分析
夷陵の戦い

 

【動画】諸葛一族が蜀と呉で暗躍できた理由


 

 

はじめての三国志はYoutubeでもわかり易さを重視した解説動画もやっています♪

解説動画が分かりやすかったらGoodボタンを!

気に入ったらチャンネル登録お願いします〜♪

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
はじめての三国志とYoutube

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 曹操から逃げ回る劉備 【投げたらあかん!】阿斗を趙雲がキャッチする三国志ドラマがある
  2. 劉備勝ちまくり!仮想三国志 架空戦記の走り? 『反三国志演義』を知っていますか?
  3. 五斗米道の教祖・張魯 劉備は張魯のおかげで三国志の英雄になれた!?
  4. 孔明もコペルニクスに似ていた 【シミルボン】三国志と彗星達の不思議な関係
  5. 孟獲キャッチコピー [ビジネス三国志]自分用のキャッチコピーを造り人脈を広げる
  6. 【ビジネス三国志】みんな真似で天下を取った!群雄に学ぶ生き残り戦…
  7. 人望のある劉備 ちょっと悲しい桃園三兄弟(劉備・関羽・張飛)の最期
  8. どもっていても秀逸な政策と卓抜な戦術を提案した鄧艾に迫る

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. はじめての三国志 画像準備中
  2. ボロボロになった馬超
  3. 孔明 vs 司馬懿
  4. 徳川家康

おすすめ記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース25記事【6/12〜6/18】
  2. 天才久坂玄瑞の攘夷実行と現実との剥離
  3. 「篤姫」経済効果はどの位?町おこしのヒントが満載 女と金
  4. 孫策の息子・孫紹が不憫だった!? 呉の小覇王・孫策
  5. 袁尚(えんしょう)とはどんな人?兄と争ったせいで袁家をつぶしてしまった漢 袁尚と対立する袁譚
  6. 【保存版】岳飛を映画化したオススメ作品5選

三國志雑学

  1. 張飛、劉備、曹操
  2. 司馬朗と司馬防
  3. 典韋にボコボコにされる成廉
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 成廉、魏越、呂布
  2. 曹仁と曹操

おすすめ記事

もし郭嘉が魏の建国まで長生きしていたら魏の内閣総理大臣になっていた? 陳宮 どうして陳宮は呂布に従えたの?呂布を見捨てなかった天才軍師の生涯 はじめての三国志チャンネル 第2回目 – 赤兎馬を飲む 【001】 アンゴルモア 元寇合戦記ネタバレ 第29話 Part.2 高麗の栄光の為、父を裏切れ 秦の丞相・李斯が秦を救った!逐客令を認めさせるな キングダム 533話 ネタバレ予想:爆誕!飛信軍 始皇帝が眺めていた星空から星座が分かる。凄い!ギリシャ神話にも劣らない中国の星座 海賊時代の孫堅と孫策 孫堅と孫策の似てないところは一体どこ?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP