甘寧の死因は討ち死に?それとも病死?

2019年4月24日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

甘寧 裏切る ゆるキャラ

 

孫呉(そんご)の名将・甘寧(かんねい)

彼は黄祖(こうそ)討伐戦で敵将・黄祖(こうそ)を捕えたり、江陵攻防戦(こうりょうこうぼうせん)では別動隊を率いて夷陵城(いりょうじょう)を攻略したり功績を残しています。他にも多くの戦で活躍している甘寧ですが、どうして亡くなったのでしょうか。

 

今回は甘寧(かんねい)の亡くなった原因(げんいん)について紹介したいと思います。

 

自称・皇帝
当記事は、
「甘寧 死因」
「甘寧 死亡」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

関連記事:よく皖城で共闘できたね?三国志史上最凶に仲が悪かった甘寧と凌統

関連記事:甘寧は夷陵の戦いで戦死していなかった?呉武将甘寧と夷陵の戦いを解説

 

 

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【無料告知希望の皆様へ】 はじめての三国志無料告知希望



甘寧の死因を正史三国志で調べてみると…

三国志に出てくる海賊達と甘寧

 

甘寧はどうして亡くなったのでしょうか。正史三国志呉書・甘寧伝(かんねいでん)を調べてみました。

すると…。

甘寧の死因に関しての記載はなくただぽつりと「甘寧が死去した」と書かれているだけでした。甘寧は孫呉であれだけ活躍しているのに、彼の死因(しいん)に関してこれだけしか書いませんでした。

 

しかし甘寧が亡くなった理由については推測することができます。

 

 

 

甘寧が最後に活躍した戦から考えてみる

甘寧 ゆるキャラ 三国志

 

正史三国志(せいしさんごくし)では甘寧の最後はただ亡くなったと書かれているだけでした。

 

そのため甘寧の死因は、謎のままで分からないのが現状です。しかし甘寧が活躍した最後の戦を探ってみると、彼の死因についてのヒントが隠されていたので、ここでは彼の最後について紹介したいと思います。

 

正史三国志に書かれている甘寧の最後の戦は、合肥の戦い(がっぴのたたかい)です。

 

泣く子も張遼

 

孫権(そんけん)張遼(ちょうりょう)たちが守っている合肥城(がっぴじょう)を包囲しますが、この時疫病が発生したことが原因で、合肥城の包囲を解いて撤退することにしたそうです。

 

愛馬に乗り敵を粉砕する張遼

 

張遼は合肥城を守っていましたが、孫権軍が撤退する様子を見て精鋭部隊を率いて撤退する孫権軍を攻撃。甘寧は張遼が撤退する孫権軍へ攻撃してくると、弓矢を手にもって撤退する孫権を守りつつ張遼軍へ反撃します。

 

凌統(りょうとう)蒋欽(しょうきん)は孫権を守り、張遼軍の攻撃を防ぎつつ、孫権を撤退させていきます。

 

甘寧と凌統

 

孫権は張遼軍の追撃を受けながらも、甘寧や凌統、蒋欽らの活躍によって撤退することに成功するのでした。上記が正史三国志・甘寧伝に書かれている甘寧の最後の活躍ですが、ここに甘寧の死因のヒントが隠されていると思います。

 

さて甘寧(かんねい)の死因のヒントは一体なんでしょうか。それは合肥城周辺で起きた疫病です。

 

呉の武将

 

 

甘寧の死因は疫病だった!?

疫病が流行った村

 

孫権は合肥城周辺で発生した疫病が原因で合肥城の包囲を解いて撤退したと上記で紹介しましたが、甘寧の死因とどうしてつながることになるのでしょうか。

 

ここからはレンの推測になりますが、甘寧はこの合肥城攻略戦で疫病にかかってしまい、この戦いが終わった後に亡くなったのではないでしょうか。もし上記のレンの推測が合っていれば、合肥の戦い以降に甘寧が死去したと正史三国志に書かれている事とつじつまが合うのではないでしょうか。

 

そのため甘寧は、合肥城攻略戦の時に発生した疫病が彼の死因だったと推測することができると思いませんか。

   

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

正史三国志には甘寧の死因が記載されていませんでした。

 

そのためレンは彼の死因が疫病ではないかと推測しましたが、もう一つの三国志・三国志演義(さんごくしえんぎ)での甘寧の死因はどのように記されているのでしょうか。

三国志演義の甘寧の死因をちょっと調べてみました。

 

三国志演義の甘寧の死因は正史三国志とは違い、しっかりと彼の死因が書かれていました。三国志演義の甘寧の死因は戦で討ち死にしたことが原因でした。

いったい甘寧は誰に討ち取られたのでしょうか。

 

沙摩柯

 

それは劉備軍に参加していた異民族・沙摩柯(しゃまか)です。どのようにして甘寧が沙摩柯に討ち取られたのか。

三国志演義の甘寧の最後を紹介して終りたいと思います。

 

水滸伝って何? 書類や本

 

三国志演義の甘寧は夷陵の戦い(いりょうのたたかい)に参加しますが、病にかかっていたそうです。甘寧は病にかかっていながら、夷陵の戦いに参加し、劉備(りゅうび)軍に加わった異民族・沙摩柯が放った弓矢が甘寧に直撃し、亡くなってしまったそうです。

 

■参考文献 正史三国志呉書など

 

関連記事:甘寧を討ち取った沙摩柯とは?夷陵の戦いで突如として現れた胡王

関連記事:超短気の甘寧、凌統・呂蒙との珍エピソード

 

夷陵の戦い

 

【動画】諸葛一族が蜀と呉で暗躍できた理由

 

 

はじめての三国志はYoutubeでもわかり易さを重視した解説動画もやっています♪

解説動画が分かりやすかったらGoodボタンを!

気に入ったらチャンネル登録お願いします〜♪

 

はじめての三国志とYoutube

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

はじめての三国志

「ゆるく、たのしく、わかりやすく」をコンセプトにした 歴史エンタメメディアです。
(®登録商標:第5800679号)

-三国志の雑学
-, ,