呂布特集
馬超




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

三国鼎立は悪人・劉備によって生まれた!世界史に三国志がほとんど載っていない理由

劉備と曹操




三国志 居酒屋

 

三国志(さんごくし)を読む前は初めから3つの国が存在していて、そこからストーリーが展開。そのように考えていた読者もいると思います。

 

劉備を警戒する王粲

 

ここでは古代中国に3つの国が成り立った経緯と劉備(りゅうび)の裏の顔について解説していきます。

 

自称・皇帝
当記事は、
「悪人 劉備
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:諸葛亮がもし延命していたら三国志はどうなる?第五次北伐後の孔明の戦略

関連記事:関羽と張飛はどんな出会い方をしたの?正史三国志と三国演義を比較してみた

 

 

三国鼎立とは?

鼎(かなえ)

 

(かなえ)」とは古代中国の金属製の器です。足の部分が三つに分かれており、上の部分が椀の形をしています。三者鼎立、三足鼎立、三分鼎立とも言い、三国志に限らず3つの敵対する勢力が存在する状態を指します。

 

例えるなら、今のアメリカと中国と日本のようなものです。日本とアメリカは同盟関係ですが、貿易摩擦と生み、中国と日本は「資本主義」と「共産主義」という思想面で相対しています。

 

 

諸葛亮が悪いのか? それとも劉備か?

株式会社三国志で働く劉備と孔明

 

諸葛亮(しょかつりょう)劉備(りゅうび)の元に来たとき、最大の敵は曹操(そうそう)でした。

 

曹操

 

すでに曹操(そうそう)は強大な勢力と誇り、呉軍(ごぐん)劉備(りゅうび)軍を脅かしていました。諸葛亮は先に荊州(けいしゅう)を奪ってから、呉軍と組むという提案をします。

 

挑発する諸葛亮孔明

 

ところが劉備(りゅうび)は提案を拒否。理由は曹操に降伏した劉琮(りゅうそう)が親戚筋だったからです。やむなく諸葛亮は君主に従います。ここまでの悪役は諸葛亮でした。親戚の土地を奪って、王様になってしまえというのですから…。

 

【昔の人の二次創作 民話の中の三国志】
民間伝承の三国志

 

赤壁の戦いが生み出したもの

魏曹操と魏軍と呉軍

 

きっかけは、かの赤壁の戦い(せきへきのたたかい)での呉・劉備連合軍の勝利でした。江東の孫権(そんけん)は呉という国を建てていましたが、劉備はまだフラフラしていました。

 

赤壁の戦い

 

要するに赤壁の戦いの前までは三国鼎立という状態ではなかったのです。この辺りから悪人・劉備が顔をのぞかせます。荊州(けいしゅう)の地が赤壁に近かったことから、安心した劉備は荊州南部を戦後のマッカーサーのように占領します。

 

劉琦の死

蜀の劉琦

 

やがて、劉備は劉琮(りゅうそう)の兄弟だった”劉琦(りゅうき)”を荊州のトップに仕立て上げるのです。実はこの劉琦、曹操に劉琮が白旗を上げたとき南の地へと逃れていました。劉琦は父親が亡くなったときに死に目に会えなかったことを恨んでいたのです。

 

一年後、劉琦は天に召されます。元々、病弱だったので先は長くなかったのでしょう。こうして荊州トップの地位に空白が生じます。

 

独立宣言

三国志の主人公の劉備

 

部下の薦めもあって劉備は荊州トップの座に着きます。三国鼎立が誕生した瞬間でした。劉琦の親戚である劉備が後を継ぐのは自然な流れでした。

 

孫権 劉備 対立

 

しかし、これを快く思わなかったのが呉軍。打倒・曹操を宣言して固く結ばれていた劉備軍を裏切り者と揶揄します。

 

孫尚香

 

劉備が独身だったことから、呉軍の大将・孫権は妹(孫尚香(そんしょうこう))を劉備の妻として推薦します。そして共同作戦によって、赤壁の戦いのように蜀の地を奪おうと画策するのです。

 

二刀流の劉備

 

ここで悪人・劉備は孫権の提案を辞退します。理由は明白、荊州の独立国家となった以上、小さくても蜀は自らの力で奪い取るという野心が芽生えたのです。

 

進軍開始

劉璋(りゅうしょう)

 

西暦211年。蜀を治めていたのは”劉璋(りゅうしょう
)
”でした。彼も劉備の親戚筋です。

 

法正と張松

 

しかし、劉璋は人望がなく、劉備に遣わした張松(ちょうしょう)法正(ほうせい)には愛想をつかされていました。

 

劉備と張松(ちょうしょう)

 

彼らは劉備に兵を出すようお願いするどころか、自らのボスが統治する蜀を奪ってしまえと持ちかけます。さあ、悪人・劉備の登場です。

 

龐統

 

龐統(ほうとう)の薦めもあって劉備は蜀へと足を運びます。

 

宴会をして劉備をもてなす劉璋

 

宴会に招待され、劉璋から武器・弾薬を借ります。すべては劉璋サイドは敵の張魯(ちょうろ)に対抗するためだったのですが、劉備は蜀を乗っ取るために借ります。

 

呉の孫権

 

西暦212年、呉の孫権から援軍要請が届きます。好機とばかりに劉備は劉璋配下の武将を殺害、葭萌城(かぼうじょう)を占拠します。

そして、蜀の都・成都(せいと)へと向かいます。

 

蜀 武運を誇る馬超

 

さらに馬超(ばちょう)を味方に引き入れ、成都(せいと)を包囲。

 

劉備に降伏する劉璋

 

勇猛果敢に馬超が入城すると劉備の送った降伏文書に劉璋はサインをしてしまいます。こうして名実ともに三国鼎立ができあがります。

 

三国志ライター上海くじらの独り言

三国志ライター 上海くじら

 

悪人・劉備は成都包囲から10年後の夷陵の戦い(いりょうのたたかい)で敗北、病に倒れます。つまり、実質的に三国時代は10年ほどでした。

非常に短いと思うでしょう。

 

劉備の黒歴史

 

世界史の教科書に三国志がほとんど載っておらず、ショックを受けた三国志ファンのみなさん。

原因は10年という短すぎる歴史にあったのです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:もしも劉璋が有能だったら三国志でどのように動く?

関連記事:もし劉備が白帝城で死ななかったら三国志はどうなる?

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強のワルは誰だ

朝まで三国志1

 

【動画】劉備玄徳が三国志の英雄になれた理由

 

はじめての三国志はYoutubeでもわかり易さを重視した解説動画もやっています♪

解説動画が分かりやすかったらGoodボタンを!

気に入ったらチャンネル登録お願いします〜♪

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
はじめての三国志とYoutube

 




上海くじら

上海くじら

投稿者の記事一覧

三国志との出会いは高校生の頃に読んだマンガの三国志。
上海留学中に『三国志演義』の原文を読む。
また、偶然出会った中国人と曹操について語り合ったことも……。
もちろんゲームの三国無双も大好きです。

好きな歴史人物:
曹操、クリストファー・コロンブス

何か一言:
覇道を以って中原を制す

関連記事

  1. 蜀の劉備 これはビックリ!三国志の時代にも曲芸があった!当時の娯楽がじわじ…
  2. 連幹の計 呂布 貂蝉 【三国志女性列伝】実は貂蝉は呂布の正妻だった!?
  3. 袁紹モグラ作戦 官渡の戦いでも使われ東西を問わず世界中で取られた戦法「坑道戦」っ…
  4. 赤壁の戦い 曹操 曹操「赤壁で負けてなんていないんだからねっ」
  5. 黄巾の乱に巻き込まれる若し頃の程昱(ていいく) 黄巾の乱ってどんな戦い?黄巾の乱を簡単に知ってみませんか?
  6. 劉禅と孔明 劉禅の性格は?劉禅は暗愚な皇帝だったの?
  7. 馬謖を斬り悲しむ孔明 ええっ!独裁者諸葛亮を叱りつけた部下がいた!
  8. 株式会社三国志で働く劉備と孔明 【シミルボン】びっくり!三国志の時代の役人は役所に五日間缶詰だっ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 赤鎧を身に着けた曹操
  2. 斎藤道三
  3. 李斯
  4. 龐統
  5. 豊臣秀吉 戦国時代
  6. 最弱武将と対峙する張飛

おすすめ記事

  1. 華佗が発明した幻の麻酔薬「麻沸散」とは? スーパーDr華佗
  2. 【徐晃の逸話】実は三国志最強レベル!逸話からわかる徐晃の強さ 徐晃と夏侯淵
  3. キングダム600話ネタバレ予想vol2「龐煖には息子がいる?」 キングダム54巻amazon
  4. 【三国志界の絶対王者】袁術の『陽人の戦い』は頑張らなくても成果がついてくる。その理由とは?
  5. 王修(おうしゅう)とはどんな人?袁譚を最後まで支え続けた忠臣に曹操もリスペクト
  6. 【シミルボン】これは凄い!非常に我慢強い英雄、曹操 藏覇(臧覇)と曹操

三國志雑学

  1. 董卓
  2. ツンデレ曹丕
  3. 曹植
  4. 何晏
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 劉邦と劉備
  2. 張嶷
  3. 劉表死す
  4. 読者の声バナー(はじめての三国志)
  5. 晋の陳寿
  6. 竹林の七賢

おすすめ記事

三国夢幻演義バナー 龍の少年 三国夢幻演義 龍の少年 第1話「命の山」見逃し配信開始! 亡くなる袁紹 袁紹の死因はメンタルの弱さにあった?河北の支配者・袁紹の死因を考察 月刊はじめての三国志2018年10月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました 于禁 【第1話】戦え!于禁文則ん「鮑信との出会い」 仲の悪い魏延と楊儀 三国志探索・蜀の楊儀ファンはいるのだろうか?生き方が不器用な楊儀 授業や教科書では教えてくれない長篠の戦いをセンゴクから見てみよう 織田信長 織田信長はクリスマスプレゼントを貰うために戦を止めた実話がある!? 【西郷どん】奄美大島に流された西郷隆盛は本当に荒れていたの?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP