正史三国志の関平が不憫すぎる!最期しか描かれていない関平がそれでも愛される理由


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

劉備に足りないもの 三国志

 

お尻ぺんぺーんとばかりに劉備(りゅうび)曹操(そうそう)を侮ってしまった結果、散り散りになってしまった劉備(りゅうび)関羽(かんう)張飛(ちょうひ)桃園三兄弟(とうえんさんきょうだい)

 

関羽、劉備、張飛の桃園三兄弟

 

しかし、彼らの強い絆は再び3人を引き寄せある屋敷で再会を果たします。

 

劉備と関羽と張飛の桃園三兄弟

 

ある屋敷とは関定(かんてい)の屋敷です。

感動の再会を果たした3人に対し、関定は息子の関平(かんぺい)を関羽の養子にして同行させてほしいと頼みます。

 

桃園3兄弟

 

関羽は最初こそ渋っていたものの、劉備の勧めで関平を養子に迎え、その後は親子として戦場で絆を深めていきました。

 

父・関羽とともに亡くなる関平

 

そして、共に戦場に散った2人…。

 

敗れる関羽雲長

 

関羽と関平の実の親子にも勝るほどの固い絆とその最期の姿は人々の心によく残っていることでしょう。

 

周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志

 

このような『三国志演義(さんごくしえんぎ)』のストーリーを読むと気になるのはやはり正史(せいし)『三国志』での描写。

しかし、簡素で有名な正史『三国志』での関平の描写はやはり簡素すぎるものだったのでした…。

 

自称・皇帝
当記事は、
「関平 最期」
「関平 正史三国志」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:武神と恐れられていた関羽は結婚していたの?

関連記事:関羽のエア息子?関索が大活躍した理由とは

 


 

正史における関平の描写がこちら

関平

 

三国志演義(さんごくしえんぎ)』では父と共に素晴らしい活躍を見せる関平ですから、正史『三国志』でも伝が立てられさぞかし褒めそやされているのだろうと思いますよね。しかし、関平の伝は立てられておらず、関平の名は父である関羽の伝にしか見られません。

 

それも、たった一か所だけ…。

そのたった一か所が以下になります。

 

権遣将逆撃羽、斬羽及子平于臨沮。

 

(権将を遣りて羽を逆撃し、羽及び子の平を臨沮に斬る。)

 

朱然によって捕まる関羽

 

関羽が呉軍によって捕らえられ、臨沮(りんしょ)で処刑されるシーンですね。ここに申し訳程度に子の関平も一緒に処刑されたということが記されています。

本当にこれだけです。

 


 

不憫な関平の人生は『三国志演義』で補完

 

正史での扱いがこれではあまりにも関平が浮かばれないと思いませんか?

 

羅貫中

 

そう思ったのは私たちだけではなかったようで、『三国志演義(さんごくしえんぎ)』では関平にこれでもかというくらい花が持たされています。実の息子ではなくなってしまったものの、だからこそ印象的となった関定の屋敷での初登場シーン。

 

劉封

 

劉備の養子である劉封(りゅうほう)と共に数々の功績を挙げ、特に襄陽(じょうよう)攻略戦では父・関羽をサポートする見事な活躍ぶりを見せました。

 

顎のちからが凄い関羽が乗るカバ(赤兎馬)

 

関平がいるからこそ『三国志演義』での関羽の活躍が輝くと言っても過言ではないほどです。

ところが、花を持たせてはもらったものの、やはり関平の死は避けられないものでした。

 

【はじめての三国志平話】
三国志平話


 

でもやはり関平の最期は…

呂蒙

 

『三国志演義』においても関平は呂蒙(りょもう)の計略にかかって父・関羽と共に捕まってしまいます。

 

関羽

 

そして、父・関羽と共に首を取られてしまうのです。

しかし、正史『三国志』のような不憫な感じはあまりしないと思いませんか?

 

それはおそらく『三国志演義』では最期の最期まで関平の活躍ぶりが描かれていたからでしょう。むしろ、関羽と共に死することを選んだ関平の生きざまに感動さえ覚えます。

 

関帝廟 関羽

 

この関平の姿はやはり中国の人々の心もガッチリ掴んだようで、関平は父・関羽と共に関帝廟(かんていびょう)に祀られるようになりました。もしも『三国志演義』が編まれ、関平の活躍ぶりが描かれなければ、関平は父と共に祀られることもなかったでしょう。

 

水滸伝って何? 書類や本

 

『三国志演義』は正史『三国志』の簡素すぎる記述を補完する役割を果たすのみならず、正史『三国志』でちょろっとしか登場できなかった人物に新たな命を吹き込む役割を果たしているのですね。


  

 

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライター chopsticks

 

陳寿(ふちんじゅ)によって編まれた正史『三国志』は内容が洗練されすぎていてとてもあっさりした内容になっていることで有名です。そのため、早い段階で裴松之(はいしょうし
)
によって注釈(ちゅうしゃく
)
が付されました。

 

張飛 本 学問 三国志

 

また、その注釈も従来のものとは異なり、多くの説を取り上げて読者に判断をゆだねるものとなっていますそのため、想像の余地が多くあり、創作の元ネタとするにはうってつけの素材となったのでしょう。

 

結果、『三国志演義』が編まれ、正史『三国志』では不憫だった関平の最期にも重みが生まれたのですね。

関平の他にも正史『三国志』と小説の『三国志演義』とで全く異なる描写がなされている人物はたくさんいます。

 

そのような人物を分析していけばまた異なる『三国志』観を持つことができるでしょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:ビックリ!周倉は三国志平話では関羽に殉じていなかった

関連記事:関平には兄弟がいた!?正史三国志と『演義』とで異なる兄弟構成

 

【蜀のマイナー武将列伝】
蜀のマイナー武将列伝

 

【動画】三国志演義が見下される理由

 

はじめての三国志はYoutubeでもわかり易さを重視した解説動画もやっています♪

解説動画が分かりやすかったらGoodボタンを!

気に入ったらチャンネル登録お願いします〜♪

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
はじめての三国志とYoutube

 

 

関連記事

  1. 曹昂(曹昴)
  2. 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍
  3. 宋姫
  4. 車に乗る諸葛亮(孔明)
  5. 朱然
  6. 曹休


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP