ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
Youtube


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

関平と関羽の微妙な関係性、正史と三国志演義では異なる二人の間柄

関平


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

林冲、楊志(水滸伝)

 

三国志(さんごくし)』ファン同士で会話をしているとどうにもかみ合わないことがある…ということは意外とよくありますよね。

 

関平

 

そのかみ合わない話あるあるとしては関羽(かんう)関平(かんぺい)の関係が挙げられるのではないでしょうか。関平は関羽の実子だと主張する人もいれば、関平は関羽の養子だと主張する人もいる…。

 

一体なぜこのような違いが生じるのでしょうか?

 

李儒と三国志

 

それはおそらく同じ『三国志』ファンを名乗っていても読んでいる『三国志』が異なるからでしょう。

『三国志』と呼ばれるものはおおよそ陳寿が編んだ正史『三国志』と明代に編まれた小説の『三国志演義(さんごくしえんぎ)』の2種類に大別できます。

 

水滸伝って何? 書類や本

 

その正史(せいし)『三国志』と『三国志演義』とで設定が異なっているのが関羽と関平の関係性なのです。

そのため、正史『三国志』を読んでいる人と『三国志演義』を読んでいる人とで見解が対立するわけなのですね。

 

羅貫中と関羽

 

というわけで今回は正史『三国志』と『三国志演義』とで異なる関羽と関平の関係性について解説していきたいと思います。

 

自称・皇帝
当記事は、
「関平 関羽」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:武神と恐れられていた関羽は結婚していたの?

関連記事:関羽のエア息子?関索が大活躍した理由とは

 


 

正史『三国志』では関平は関羽の実子?

晋蜀の産まれ 陳寿

 

正当な歴史書とされている陳寿(ちんじゅ)が編んだ『三国志』においては関羽と関平の関係について次のように記されています。

 

権遣将逆撃羽、斬羽及子平于臨沮。

(権将を遣りて羽を逆撃し、羽及び子の平を臨沮に斬る。)

 

「関羽とその子である関平」とあるため、文字通り素直に解釈するならば関羽と関平は実の親子関係にあると考えてよさそうです。

 

しかし、少しひねくれた解釈をすると「子」と記されてはいるものの「養子」の「養」などの字を省略しているだけで、関平は関羽の養子なのではないかと考えることもできるかもしれません。

 

銭静方という人物が編んだ『小説叢考』においては清代になって発見された関羽の墓碑らしきものを根拠に関平は関羽の実子であると断定されています。

近代になってもなお関平と関羽の関係は議論の対象となっていたようですね。

 


 

『三国志演義』では関平は関羽の養子

周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志

 

正史『三国志』の記述をもってしても関羽と関平の関係を実の親子であると断定できないのは『三国志演義』が存在しているからでしょう。

『三国志演義』では関羽と関平は実の親子ではありません。

 

関羽、劉備、張飛の桃園三兄弟

 

曹操(そうそう)に盾突いて散り散りになってしまった劉備(りゅうび)関羽(かんう)張飛(ちょうひ)桃園三兄弟(とうえんさんきょうだい)が感動の再会を果たした屋敷の主人から同じ苗字ということで同族のよしみとしてぜひ息子を関羽の養子にしてくれと頼まれて登場したのが関平でした。

 

関羽

 

このように、はっきりと関平が関羽を養子にする場面が描かれているので、『三国志演義』では関平は間違いなく関羽の養子であると考えられます。一方、正史『三国志』には関羽が関平という子をもうけたことなど書かれていませんし、『三国志演義』のように関羽が関平を養子にしたという描写もありません。

 

このような有様ですからしっかり描写されている『三国志演義』の方を信用したくなるものですよね。また、古い歴史書というものは書き伝えられていくうちに文字の異同が生じてしまうものです。

 

そのため、余計に正史『三国志』と『三国志演義』とではどちらが正しいのかわからなくなってしまうのでしょう。

 

【はじめての三国志平話】
三国志平話


 

関羽の血脈は孫の代まで続いた

父・関羽とともに亡くなる関平

 

ちなみに、正史『三国志』においては関羽と関平(かんぺい)が処刑された後は関羽の子である関興(かんこう
)
が後を継いだとされています。

 

関興と張苞

 

この関興は諸葛亮(しょかつりょう)に期待を寄せられていたとも書かれているので、関興(かんこう
)
は関羽の実子であったと考えられるでしょう。

 

しかし、その関興は若くして亡くなり、関興の子であり関羽の孫にあたる関統(かんとう)が後を継ぎます。ところが、関統(かんとう)もまた早死にしてしまい、関統の異母弟である関彝(かんい)が後を継ぐことになりました。

 

関羽と関索

 

このように、脈々と関羽の血が受け継がれていったようですが、裴松之(はいしょうし
)
が付した正史『三国志』注によれば蜀滅亡の際に関羽の一族は皆殺しの憂き目にあってしまったようです。


  

 

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライター chopsticks

 

関平と関羽が実の親子であったかそうではないかについてはまだまだ議論の余地があるでしょう。

今後、関平と関羽の関係が明らかになるような史料が発見されることに期待したいですね。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:ビックリ!周倉は三国志平話では関羽に殉じていなかった

関連記事:関平には兄弟がいた!?正史三国志と『演義』とで異なる兄弟構成

 

【蜀のマイナー武将列伝】
蜀のマイナー武将列伝

 

【動画】三国志演義が見下される理由


はじめての三国志はYoutubeでもわかり易さを重視した解説動画もやっています♪

解説動画が分かりやすかったらGoodボタンを!

気に入ったらチャンネル登録お願いします〜♪

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
はじめての三国志とYoutube

 

 

chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 張飛の男気人生 長坂の戦いとはどんな戦いだったの?
  2. 陸遜 陸遜の功績とは?荊州奪取のキーマンである陸遜の出世街道も紹介
  3. 孟獲キャッチコピー [ビジネス三国志]自分用のキャッチコピーを造り人脈を広げる
  4. 傷だらけでも勇敢に戦う楽進 楽進の傷だらけの人生は史実なの?全身傷だらけのタフガイの真相
  5. 蒋琬の政策の成功は姜維がキーマンだった!!
  6. 蒙恬(もうてん)とはどんな人?秦・中華統一後に一族が滅びる悲しい…
  7. 泣く子も張遼 【鬼は溺死!】容赦ない三国志の節分臘日(ろうじつ)
  8. 孔明 vs 司馬懿 諸葛亮と司馬懿って結局どっちが優れているの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “読者の声" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"
“はじめての三国志企画特集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. オリンピックを誘致する田畑政治 いだてん
  2. 王賁
  3. 顔良を討ち取る関羽
  4. 張遼・楽進・李典
  5. 司馬昭
  6. 呉お正月企画、お酒にまつわる逸話07 孫権
  7. 病気になった兵士
“ぐっすり眠ってならが三国志"

おすすめ記事

曹操 油断 33話:度重なる幸運にハングリーさを失う曹操 君たちはどう生きるか?劉禅 劉禅の名言から窺い知る名君主ぶり!? ゴールデンカムイネタバレ予想 125話『実りの季節』 孟達を討伐する司馬懿 孟達の死因は司馬懿を甘く見たからだった!その理由を考察 荀攸と曹操 荀攸(じゅんゆう)とはどんな人?地味だけど的確な献策を行った軍師 大学と東京五輪の連携学生の通訳ボランティア いだてん 東京オリンピック開催と日本のWi-Fi事情はどうなっているの? 三国志を統一した司馬炎 司馬炎と劉禅は似た者同士?その理由とは? 七星剣 倚天剣とはどんな武器?曹操愛用の武器・倚天剣と青紅剣はどんな使われ方をしていた?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “はじめての三国志企画特集" “つながるはじめての三国志" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
“歯痛の歴史"
“三国志読み放題サービス"
まだ漢王朝で消耗してるの?
君主論
ビジネス三国志
ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“つながるはじめての三国志

“はじめての三国志Youtubeチャンネル"

“ながら三国志音声コンテンツver2"
PAGE TOP