紀霊とはどんな人?三国志演義では猛将だが正史では呂布の引き立て役の紀霊


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

紀霊(ゆるキャラ)

 

紀霊(きれい)って武将を皆さんご存知でしょうか。

正史三国志(せいしさんごくし)だと呂布(りょふ)の引き立て役としてしか出てこない武将です。

 

しかし三国志演義(さんごくしえんぎ)だと猛将として活躍したとても勇敢で強い武将なのです。

今回はこの紀霊(きれい)についていろいろと紹介したいと思います。

 

自称・皇帝
当記事は、
「紀霊 正史三国志」
「紀霊 三国志演義」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:三国志演義の翻訳本比較してみた!どれを読めばいいの?

関連記事:華雄は孫堅の引き立て役に過ぎない、三国志演義と正史三国志を比較

 


 

小沛へ向かって出陣する紀霊

紀霊

 

袁術(えんじゅつ)軍の将軍・紀霊(きれい)

彼は正史三国志(せいしさんごくし)ですと呂布(りょふ)の引き立て役として登場する人物ですが、どのような描かれ方をしているのでしょうか。

 

メタ認知について学ぶ袁術

 

紀霊(きれい)袁術(えんじゅつ)の命令によって劉備(りゅうび)の本拠地・小沛(しょうはい)を攻略するため、出陣します。

 

劉備

 

劉備(りゅうび)紀霊(きれい)が大軍を率いて小沛めがけて軍勢を進ませている事を知ると呂布(りょふ)へ「大変です。紀霊が大軍を率いて小沛(しょうはい)へ向けて進んできています。助けてください」とSOS。

 

赤兎馬と呂布

 

呂布は劉備のSOSを受けて、赤兎馬(せきとば)にまたがって精鋭軍を率いて小沛へ向かって行きます。

 

成廉、魏越、呂布

 

紀霊は小沛(しょうはい)に呂布軍が入城した事を知ると、劉備軍へ攻撃を仕掛けることなく、陣営を作って駐屯。

 

呂布は紀霊が小沛から一里ほど離れた所に駐屯している事を知り、紀霊へ「俺と飯でも食わないか」と誘います。

紀霊は呂布の誘いに乗って彼の陣営へ向かう事にします。

 


 

呂布の引き立て役の紀霊

呂布と袁術

 

紀霊は呂布の元へ到着。呂布は豪勢な食事を用意して紀霊をもてなします。

呂布は紀霊へ「劉備は私の弟だ。そのため私は劉備を助けるために小沛へやってきたのだ。

 

呂布

 

そもそも私は争いごとが大嫌いで、仲裁するのが好きな性格なのだ」ととんでもない事を言い募ります。

紀霊は呂布の言葉を聞いて(ばか野郎!!お前がそんな性格をしている者か)と内心思っていたのでしょう。

 

呂布

 

しかし紀霊はそんなことを表情に出さず、呂布の次の言葉を待っていました。

呂布は役人に(げき
)
と弓矢を持ってこさせ紀霊へ「今からこの戟の真ん中に弓を当てるから、もし当たったら戦をやめて帰ってくれないか。

戟の真ん中に弓が当たらなかったら好きなだけ戦って構わない。」と紀霊へ提案します。

 

紀霊

 

紀霊は呂布の提案を飲んで(どうせ当たらねーよバーカ!!)と腹の中でせせら笑うも、表情に出さずかたずをもって見守ることにします。

呂布は酒を飲んで戟から数百歩離れた場所から、無造作に弓を戟めがけて放ちます。

 

成廉、魏越、呂布

 

紀霊や他の諸将はかたずをのんで呂布を見守ります。

その結果弓矢は見事戟の真ん中に命中。

紀霊は呂布をにらみつけて悔しがりますが、後の祭りです。

 

袁術をバカにする曹操と呂布

 

紀霊は呂布との約束を守って小沛から撤退することになるのでした。

これ以降紀霊は正史三国志に登場することなく、いなくなってしまいますが、三国志演義の紀霊はどのような描かれ方をしているのでしょうか。


 

三国志演義の紀霊はすげー強い武将だった!?

周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志

 

三国志演義の紀霊は、正史三国志と全然違う描かれ方をしています。

では三国志演義の紀霊はどのような描かれ方をしているのか紹介していきたいと思います。

 

袁術をからかう呂布

 

紀霊は劉備軍が袁術軍の領地へ向けて出陣してくると、袁術の命令を受けて出陣。

 

五虎大将軍の関羽

 

紀霊は劉備の義弟・関羽(かんう)とぶつかり、一騎打ちを行うことになります。

 

紀霊と関羽は30合も打ち合いを続けますが、実力が伯仲していて、決着をつけることができませんでした。

このことから紀霊は三国志演義において、関羽に匹敵する強さを持った武将として描かれた武将だったのです。


  

 

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

紀霊は三国志演義ですと関羽と同等の強さを持った猛将として描かれています。

 

張飛の男気人生

 

その後紀霊は劉備の義弟・張飛(ちょうひ)とも一騎打ちを行っています。

 

張飛

 

しかし紀霊は関羽と30合も打ち合ったのに、張飛と一騎打ちを行った際は、10合も打ち合わずに討ち取られてしまいます。

張飛が関羽よりも強かったのか。

 

関羽と張飛と劉備

 

それとも紀霊は関羽との一騎打ちで全エネルギーを使って弱くなってしまったのか。

どちらが本当かわかりませんが、三国志演義の紀霊の最後は残念な結末を迎えてしまうのでした。

 

■参考文献 正史三国志魏書など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:蒼天航路のスタンスは三国志演義と同じ!?

関連記事:裴松之が注をつけていなかったら『三国志演義』は生まれなかった!?

 

袁術のトホホな逸話
袁術祭り

 

【動画】三国志演義が見下される理由

 

はじめての三国志はYoutubeでもわかり易さを重視した解説動画もやっています♪

解説動画が分かりやすかったらGoodボタンを!

気に入ったらチャンネル登録お願いします〜♪

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
はじめての三国志とYoutube

 

 

関連記事

  1. 張魯の漢中王に反対する閻圃
  2. 楊懐
  3. 禰衡
  4. 于毒(うどく)
  5. 張繍
  6. ボロボロになった馬超


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP