袁胤とはどんな人?袁術を守った忠義の人だけど報われない人生を送った人物


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

袁術

 

「はじめての三国志」のお猿キャラとして人気な袁術(えんじゅつ)。袁術には従兄・袁胤(えんいん
)
という人物がいました。

この人物を知っている方は「はじめての三国志」でもごく少数の人だと思います。

 

袁胤(えんいん)

 

しかしこういうマイナーな人物を知ることでより三国志の世界が深まることになると考え、レンは三国志のマイナー武将列伝の一つとして、袁胤(えんいん)がどんな人物であったのか紹介したいと思います。

 

自称・皇帝
当記事は、
「袁胤 人物像」
「袁胤 最期」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:袁術が軍師を欲しがってたってホント?人の意見を聞かない袁術の本音とは?

関連記事:最強中二病!袁術はどうして皇帝になろうとしたの?

 


 

戦が苦手な袁胤

袁術

 

袁胤は袁術の従兄として彼と一緒に南陽(なんよう)に居ました。

 

怒る曹操

 

その後袁術と一緒に曹操(そうそう)を討伐するため、匡亭へ出陣しますが、曹操に返り討ちにあってしまいボコボコにされてしまいます。

 

ボコボコにされる袁胤(えんいん)

 

袁術は匡亭の戦いで敗北したため、南陽へ戻ることなく南下し続け、寿春(じゅしゅん)へ到着。袁胤も袁術と一緒に寿春に留まることになります。その後袁胤は袁術から周尚(しゅうしょう)(周瑜(の従父)の代わりに丹陽(たんよう)太守(たいしゅ)に任命。

 

袁胤は丹陽へ赴き太守となりますが、袁術の元配下・孫策(そんさく)軍の攻撃を受けて敗退してしまいます。

 

呉の小覇王・孫策

 

その後袁胤は孫策に敗北したため、丹陽から逃亡し寿春へ帰還。このように袁胤は戦にあまり強くない武将でした。しかし袁胤は袁術に対する忠義心において、人一倍強い人物です。

 


 

袁術死す

袁術

 

袁術は玉璽(ぎょくじ)を手に入れた事で皇帝を自称として国を建国。

 

袁術

 

しかしこれが大きな失敗を招くことになります。

 

呉の勢力を率いる孫策

 

袁術は皇帝を自称した事で江東(こうとう)を攻略していた孫策から絶縁状をたたきつけられてしまい、曹操や劉備(りゅうび)など各地の群雄と敵対することになります。

 

袁術

 

袁術は皇帝を自称した事で、呂布(りょふ)軍にボコボコにされ、曹操軍にもギッタギタにされてしまいます。その結果、袁術に従っていた兵士たちは逃亡し、配下の武将達に助けを求めてもシカトされてしまいます。

 

袁術の最後

 

袁術は八方ふさがりとなり、北方の大勢力・袁紹の元へ逃げこむことにしますが、途中で血を吐いて亡くなってしまうのでした。この時、袁術は有名な「はちみつが食べたい」と遺言を残しています。

 

こうして袁術は亡くなりましたが、彼の家族は寿春に留まっていました。


 

袁術の遺体と彼の家族を引き受ける

袁術

 

袁胤は袁術が逃亡先で亡くなった事を知ると彼の遺体を引き取ります。その後袁胤は寿春から逃亡し、袁術の将軍だった劉勲(りゅうくん)の元へ逃亡。こうして一息つくことが出来た袁胤。しかし彼の悲劇はまだまだ続くことになります。

 

孫策の攻撃を受けて捕虜になってしまう

呉の小覇王・孫策

 

袁胤は劉勲の元へ身を落ち着けることに成功しますが、劉勲が留守にしている間、劉勲の領土が孫策から攻撃を受けてしまいます。孫策は劉勲がいない領土を簡単に奪うことに成功。この時孫策は劉勲の領土にいた袁胤と袁術の家族を捕虜にして江東へ連れて帰るのでした。

 

周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志

 

その後袁胤は三国志の歴史から消えてしまいます。そして彼のその後の消息を知る者は誰一人いなくなってしまうのでした。危険を冒して袁術の遺体と彼の家族を保護した袁胤。

 

しかし袁胤は孫策に囚われてから、歴史の中に埋もれてしまい行方不明になってしまう可哀そうな人物でした。袁胤は孫策に捕虜になった後、行方不明になってしまいます。誰か袁胤のその後の消息を知っている方がいれば、ぜひはじめての三国志にご一報ください。


  

 

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

今回は袁術一族の一人・袁胤を紹介しました。

 

正史三国志の袁胤は危険を顧みないで袁術の遺体を引き取った忠義の人ですが、最後は行方不明になってしまいます。しかし三国志演義(さんごくしえんぎ)の袁胤はもっとひどい結末を迎えています。

 

徐璆

 

最後に三国志演義の袁胤の最後を紹介して、終わりにしたいと思います。袁胤は袁術の遺体と彼らの家族を引き取った後、徐璆(じょきゅう)に袁燿と一緒に殺害されてしまいます。袁胤は袁術の家族を守ったにもかかわらず、三国志演義では殺害されてしまう運命をたどってしまう可哀そうな人物でした。

 

■参考文献 正史三国志魏書など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:早すぎた時代の改革者・袁術にヘッドハンティングされた徐璆の逸話

関連記事:袁術はそんなに悪くない、自叙伝で袁術を庇っていた曹操

 

袁術のトホホな逸話
袁術祭り

 

 

関連記事

  1. 援軍を率いる公孫続
  2. 董卓
  3. 劉備 髀肉の嘆 ゆるキャラ
  4. 楊醜




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“古代オリンピック"

“近代オリンピック"

“いだてん"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP