三国志平話
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

はじめての魏

徐璆(じょきゅう)とはどんな人?曹操より丞相を譲ろうとされた男




 

徐璆(じょきゅう)は後漢時代を生きた武将です。

生没年は不明ですが、三国時代に突入する直前まで存命であったと思われます。

徐璆(じょきゅう)には知名度はあまりないかもしれませんが、

三国時代の著名な人物と関わりのあった人物です。

また、後漢から三国時代にかけて、乱世であったため諸国の王が権力を得ようと画策していました。

この時、伝国璽と呼ばれる中国の王朝で

代々受け継がれてきた皇帝用の印が様々な人物の手に渡ったと伝えられています。

徐璆(じょきゅう)は、この伝国璽(玉璽)と関わりがあったと考えられます。

今回は、徐璆(じょきゅう)についてご紹介致します。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【不仲説】三国志で一番不仲武将をランキング形式で紹介!




若き日の徐璆

 

徐璆(じょきゅう)は、字は孟玉(もうぎょく)であり、広陵郡海西出身でした。

徐璆(じょきゅう)の父は、徐淑 伯進(じょしゅく はくしん)であり、

彼は度遼将軍で、とても名声がありました。徐淑(じょしゅく)は博学な人物であったそうです。

そのためか、その子である徐璆(じょきゅう)も若くして博学でした。

徐璆(じょきゅう)はその才知によって公府に召され高第に推挙されました。

徐璆(じょきゅう)は清く正しい生き方を心掛け、朝廷でも清廉潔白に振る舞っていました。

また、目下の者、後輩に対してもその人となりを認め褒め称える様に努めていました。




徐璆VS汚職政治

 

徐璆(じょきゅう)は後に、荊州刺史に昇進しました。

当時、董太后(とうたいごう)の姉の子、張忠(ちょうちゅう)が南陽太守でした。

彼は権力を利用して私利私欲の限りを尽くしていました。

彼は収賄の罪を犯しており、彼への賄賂は数十億銭にも昇りました。

徐璆(じょきゅう)が赴任する際に、董太后(とうたいごう)は中常侍の使者を立て、

張忠(ちょうちゅう)のことを見逃すように、徐璆(じょきゅう)に伝えました。

徐璆(じょきゅう)は「臣とは国家の為に尽くす者です、その後命令はお聞きできません」

董太后(とうたいごう)はその返事を聞いて怒り、

すぐさま張忠(ちょうちゅう)を呼び出して司隷校尉としました。

司隷校尉は、朝廷内の監視や罪人の逮捕です。

要するに徐璆(じょきゅう)を脅迫しようとしたのです。

 

【PR】あの人さがしてる?三国志武将データベース

 

恨みを買う徐璆

 

徐璆(じょきゅう)は州に着任すると、張忠(ちょうちゅう)が受け取った賄賂の内、

先ほどの数十億銭ではない別の賄賂一億銭について

調査・摘発し、冠軍県より報告書を大司農に届けさせ、その悪事を告発しました。

脅迫等は全く恐れていないようです。

さらに五郡の太守および属県のうち汚職の罪のある者をことごとく呼び出し、

一帯の規律を整えました。

結果的に、張忠(ちょうちゅう)は摘発され、

このことで張忠(ちょうちゅう)は徐璆(じょきゅう)に恨みました。

 

罠に嵌められる徐璆

 

中平元年(一八四年)、

中郎将朱雋(しゅしゅん)とともに宛城で黄巾賊と戦い打ち破りました。

その頃、張忠(ちょうちゅう)は司隷校尉の立場を利用し、

同じように摘発された宦官達とともに根拠のない罪状をでっち上げました。

そのため、徐璆(じょきゅう)は罪人として呼び出されてしまいました。

ところが、この時徐璆(じょきゅう)には賊軍を撃破した功績があったため、

官を免ぜられるだけで済みました。

その後、再び呼び出されて汝南太守に昇進し、東海国の相となりました。

この異動のために、至るところで彼の教化は行き届くこととなりました。

 

袁術に捕まる徐璆

 

その後、董卓(とうたく)献帝(けんてい)を立て、反董卓連合軍と戦い、

その中で孫堅(そんけん)が玉璽を発見したり、

その玉璽が袁術(えんじゅつ)の手に渡ったりします。

董卓(とうたく)滅亡後、献帝(けんてい)は都を許昌に遷都しました。

この時、徐璆(じょきゅう)を廷尉として呼びました。

しかし、彼は都へ向かう道中、袁術(えんじゅつ)に身柄を拘束されてしまいました。

袁術(えんじゅつ)は彼に上位の位を授けることで自身の部下としようとしました。

しかし、徐璆(じょきゅう)は「死んでも嫌だ。」と拒絶しました。

袁術(えんじゅつ)もこれを聞いて断念しました。

 

袁術の滅亡後

 

その後、曹操(そうそう)によって袁術(えんじゅつ)が破られました。

徐璆(じょきゅう)はその混乱の中で、彼が持っていた玉璽を手に入れました。

都に帰還したときにそれを返上しました。

また、以前与えられた汝南・東海二郡の印綬を送付しました。

そのことで、司徒、趙温(ちょうおん)が彼に言いました。

趙温(ちょうおん)「君自身、大変な目に遭っただろう。

それなのに、玉璽を持ってくるほどの余裕があったのかね。」

徐璆(じょきゅう)「その昔、蘇武(そぶ)は匈奴に追い詰められながらも、

七尺の節を失うことはありませんでした。

それに比べて、これは唯の一寸四方に過ぎない印なのですから」

と言いました。大業を成し遂げながら、

これぐらいはやって当然という感じの徐璆(じょきゅう)です。

 

曹操より丞相を譲られるが・・・

 

後に曹操(そうそう)が丞相に任命された時に、

曹操(そうそう)は丞相の地位を徐璆(じょきゅう)に譲ろうとしましたが、

徐璆(じょきゅう)も受け取ろうとしませんでした。

曹操(そうそう)が丞相の地位を譲ろうとした正確な意図は分かりません。

徐璆(じょきゅう)はその後、在官のまま卒去しました。

 

三国志ライターFMの独り言

 

徐璆(じょきゅう)が為したことは中国においては歴史を変えるほどのことだと思います。

袁術(えんじゅつ)は、乱世において大きな力を得た上に、

玉璽を手にしたため、帝位につくと言い始めたのだと思います。

徐璆伝によれば、徐璆(じょきゅう)の働きで、

混乱の中で玉璽が回収され都に送り届けられましたが、

漢の逆賊の手に渡った場合、第二の袁術(えんじゅつ)が現われ、

また混乱が起こった可能性もなくもありません。

徐璆(じょきゅう)は清廉潔白、清く正しく生きてきたと伝えられていますが、

この玉璽を届けた行為そのものはまさに彼の生き方を象徴しています。

私も落し物を拾ったら交番に届けようと思います。

徐璆(じょきゅう)と比べるとスケールは小さいですがこんなものです。

 

参考文献

後漢書 第六冊 列伝三十八徐璆伝

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志の3大軍師を比較】孔明、周瑜、郭嘉の●●●ランキング!

関連記事:曹操が大好きだった忠義の人物を勝手にランキング化してみるよ

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

FM

FM

投稿者の記事一覧

三国志は、大昔の出来事ですが、物語をいろいろな視点や切り口で見ていくと、新しくて面白い発見があるのが好きです。

人物像や対人関係、出来事、時代背景、逸話等々、古い話とはいえ、学ぶべきところはたくさんあります。

埃をかぶせておくにはもったいない、賢人たちの誇りがあります。

関連記事

  1. 冥婚(めいこん)とは何?中国や三国志の時代に亡くなった人と結婚し…
  2. ある意味、戦乱時代の勝者? 賈詡とはどんな人物だったか?
  3. 董昭(とうしょう)とはどんな人?曹操の覇業を支えた重要人物
  4. 鄧艾(とうがい)ってどんな人?苦労人のド根性人生に迫る
  5. 許褚(きょちょ)ってどんな人?曹操のボディーガードとして自ら語る…
  6. 郝昭(かくしょう)は陳倉城で孔明を撃退した 郝昭(かくしょう)ってどんな人?陳倉城で孔明を撃退した「孔明キラ…
  7. 荀粲(じゅんさん)とはどんな人?秀才ぞろいの荀彧の七男で、一人の…
  8. 龐徳(ほうとく)ってどんな人?忠烈な最期を称えられた魏(義)の猛…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 劉邦と項羽
  2. 明智光秀 麒麟がくる

おすすめ記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース38記事【3/6〜3/12】
  2. 【最終回 幻想少女】ここまで攻略プレイした感想を正直にお伝えします
  3. 戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!
  4. 三国時代の税金の種類と分類をわかりやすく解説!税制がわかると三国志もよく分かる!
  5. 【蜀漢建国の正統性を斬る】中華を戦慄させた革命家・孔明の後漢イデオロギー
  6. ゴールデンカムイネタバレ予想 125話『実りの季節』

三國志雑学

  1. 曹操(後漢王朝)とローマ帝国
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 大久保利通 幕末

おすすめ記事

すぐに使いたくなる!新三国志用語の意味と使い方まとめ13選 董昭(とうしょう)とはどんな人?曹操の覇業を支えた重要人物 豊臣秀吉 戦国時代 山崎の戦いってどんな戦いだったの?明智光秀VS羽柴秀吉が激突した戦 【地図付き】地味だけど結構重要だった!諸葛亮の南中遠征 史書から見る曹操の評価がベタ褒めすぎてやばいってホント? 呂不韋の出世のきっかけはここから始まる! 劉備玄徳が眩しい理由 三国志 滅びゆくものへの郷愁劉備という生き方 武田信玄はどんな人柄だったのか?

おすすめ記事

  1. 嘘じゃないの!劉備の国を取れ発言は本心だった
  2. 高杉晋作と銀魂の高杉晋助の共通点は?
  3. 能ある鷹は爪を隠す!『三国志』に見る韜晦の計
  4. 【韓信独立戦記】韓信がもし独立したら歴史はこうなったかも!?【前半】
  5. 【軍師連盟】司馬懿は何で身分の低い鄧艾を重用したの?
  6. 邴原(へいげん)とはどんな人?曹操・荀彧から尊敬を受けたマイナー文官
  7. 諸葛亮の奥さん(黄夫人)は本当に醜女だったの?
  8. 後藤又兵衛(後藤基次)はどんな最期を遂げるの?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP