ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
徐庶


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

史実の張飛はどんな人だったの?インテリ層を大切にしていた張飛

実は頭がイイ賢い張飛


張飛の虎髭

 

張飛(ちょうひ)(しょく)(221年~263年)の将軍です。活躍時期が後漢(ごかん)(25年~220年)に集中しているので、正しくは後漢の将軍が正しいと思います。

 

五虎大将軍の張飛

 

さて、今回は正史『三国志』の張飛の事績に関して紹介したいと思います。

 

自称・皇帝
当記事は、
「史実 張飛
「張飛 人物像」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:関羽と張飛はどんな出会い方をしたの?正史三国志と三国演義を比較してみた

関連記事:蛇矛の長さは2メートル67センチ!本当に張飛は使っていたのか?

 


 

長阪橋の戦い

劉琮

 

建安13(208年)年に荊州(けいしゅう)の長官の劉表(りゅうひょう)が亡くなり、子の劉琮(りゅうそう)が後を継ぎました。

 

曹操に降伏する劉琮

 

ところが、劉琮はすぐに曹操(そうそう)に降伏しました。当時、劉表のもとに身を寄せていた劉備(りゅうび)はすぐに逃げましたが、間もなく曹操に追いつかれて惨敗しました。

 

殿を務める張飛

 

この時に奮戦したのが張飛です。張飛は20騎だけで長阪橋に立ちふさがり、曹操軍を見事に防いで劉備を逃がすことに成功します。この話はてっきり、小説『三国志演義』の創作かと思ったら事実だったのですね。

 


 

張飛 ロ〇コン疑惑!?

張飛のヨメ

 

建安5年(200年)に夏侯覇(かこうは)の従姉妹が郷里で(まき)拾いをしていたところ、偶然通りかかった張飛に捕まりました。

 

夏侯覇

 

夏侯覇は後年に蜀に降伏する夏侯淵(かこうえん)の子です。ちなみに、捕まった従姉妹は当時13~14歳です。

 

 

張飛がやったことは明らかに誘拐の上に、しかもロ〇コンです。その後、捕まった女の子との間に女の子が誕生しました。敬愛(けいあい)皇后と言い、劉禅(りゅうぜん)に嫁ぎました。

 

夏侯覇の妻は誰?

 

後年に蜀に降伏した夏侯覇に対して、劉禅は息子を指さして「息子は夏侯氏の甥なんですよ」と言った話が残されています。


 

名士を大切にする張飛

実は頭がイイ賢い張飛

 

さて、史実の張飛で最も驚く話は名士を大切にしていたことです。名士とは知識階級の人を指します。張飛ファンにとっては、ピンと来ない話です。有名な話が残っています。蜀に劉巴(りゅうは)という知識人がいました。

 

張飛は前から劉巴の噂を知っていたので、ぜひ一緒に食事をしたいと彼に誘いを掛けました。ところが劉巴は張飛に対して何もしゃべらないで、ずっと黙っていました。

 

考える諸葛亮孔明

 

頭にきた張飛は劉巴と親しい諸葛亮(しょかつりょう)に訴えました。諸葛亮が劉巴に注意しますが、彼は驚きの言葉を返します。

「立派な男は英雄と交わるべきです。なんで兵隊野郎と語り合う必要がありますか?」

 

劉巴は慎み深い性格で通っていたのですが、知識人としてのプライドはかなり高い人物だったようです。この返答は庶民出身の張飛に対して侮蔑の意味を持っています。


  

 

 

下っ端には容赦しない張飛

張飛にボコボコにされる魏続(ぎぞく)と宋憲(そうけん)

 

張飛は劉巴のような知識人には、ペコペコ頭を下げますが自分よりも下の位の人間には容赦しなかったようです。どう考えても、これは張飛の生まれに対してのコンプレックスではないかと思います。

 

張飛の寝込みを襲う張達と范彊

 

だが、これは彼の首を絞めることになります。張飛は章武元年(221年)に部下の手により殺されました。劉備は以前から張飛が部下に暴力を振るっていることを何度も注意しました。

 

パワハラをする張飛

 

しかし、張飛は劉備の言葉でも改めてくれませんでした。張飛が死んだ時に、劉備は張飛の都督(部隊の事務長)から書簡が届いた時に「ああ、張飛が死んだか・・・・・・」と言ったそうです。

 

周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志

 

この理由は正史『三国志』も北宋(ほくそう)(960年~1127年)の司馬光(しばこう)が執筆した『資治通鑑(しじつがん)』も何も語っていません。ところが、元(1271年~1368年)の時代に『資治通鑑』に注釈をした胡三省(こさんせい)という人物が次の考察をしました。

 

亡くなる張飛将軍

 

文書は将軍から送られるものであり、それが将軍を飛び越えて、都督から直接来たから将軍(張飛)が死んだと察した、と。

 

三国志ライター 晃の独り言

三国志ライター 晃

 

以上が正史『三国志』の張飛にまつわる記事でした。張飛は小説『三国志演義』の影響により、酒豪のおとぼけキャラクターの印象が強いですが、正史にはそのような記述は全くありません。

 

民間伝承の影響が強いようです。

 

※参考文献

・高島俊夫『三国志 「人物縦横断」』(初出1994年 のち『三国志 きらめく群像』ちくま学芸文庫 2000年に改題)

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:張飛にはどんな逸話があるの?イメージとは違う張飛の実像

関連記事:張飛はすごい神だった!関羽に劣らず張飛の神格化もスゴイ件!

 

【昔の人の二次創作 民話の中の三国志】
民間伝承の三国志

 

 

晃(あきら)

晃(あきら)

投稿者の記事一覧

横山光輝の『三国志』を読んで中国史にはまり、大学では三国志を研究するはずだったのになぜか宋代(北宋・南宋)というマニアックな時代に手を染めて、好きになってしまった男です。悪人と呼ばれる政治家は大好きです。
        
好きな歴史人物:

秦檜(しんかい)、韓侂冑(かんたくちゅう)、
史弥遠(しびえん)、賈似道(かじどう)

※南宋の専権宰相と呼ばれた4人です。

何か一言:

なるべく面白い記事を書くように頑張ります。

関連記事

  1. 袁術 皇帝に即位した袁術とは何者か?早すぎた改革者に迫る
  2. 木牛流馬 諸葛亮が発明した運送器具「木牛」と「流馬」の目的とは?
  3. 甘寧と凌統と呂蒙 【不仲説】三国志で一番不仲武将をランキング形式で紹介!
  4. 三国志大学を目指す曹操 【曹操孟徳の心に残る名言】姦邪朝に盈ち、善人壅塞せらる
  5. 魏延の謀反を察する孫権 魏延と黄忠は中途採用組で出世を果たした勝ち組だった!?
  6. 法正 性格の悪さで名高い?軍師法正の逸話からその性格を分析してみよう!…
  7. 3000人の配下で孔明の庵を包囲する武闘派な劉備 2019年中秋節、あの三顧の礼も関係していたって本当?
  8. 海上での戦いの孫権 樊城の戦いで関羽を破った孫権、この戦いは失策だったのか?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 朶思大王
  2. 劉備の黒歴史
  3. 鎌倉時代 服装 男女
  4. 君主論24 曹操
  5. 鄧艾
  6. 朝まで三国志201 観客2 モブでブーイング

おすすめ記事

  1. 【キングダム ネタバレ予想 529話】遼陽城に巣くう連中の正体とは?
  2. 【数奇な人生】三国志演義には登場しない臧洪(ぞうこう)と袁術の奇妙なニアミス!
  3. キングダム581話最新ネタバレ「見える景色」レビュー紹介 キングダム52巻
  4. 出雲王国崩壊後のオオクニヌシの行方は?出雲王国の復活を目指した戦略 オオクニヌシ(日本神話)
  5. 古墳時代とはどんな時代だったの?幕開けから終焉まで分かりやすく解説 大和朝廷を建国したカムヤマト
  6. 【中華二千年の戦い】皇帝の友達宦官vs母方の血族外戚 宦官を一掃することを決意する何進

三國志雑学

  1. 軍師孔明
  2. 華雄(かゆう)
  3. 曹丕


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 水面に弱気な自分が映る周瑜
  2. 呂玲綺
  3. 馬に乗って戦う若き織田信長
  4. 読者の声バナー(はじめての三国志)
  5. 曹叡

おすすめ記事

韓遂 韓遂(かんすい)とはどんな人?生涯の大半を反乱にささげた不屈の反骨心【前半】 袁紹 もしも、陳宮が呂布ではなく袁紹を支持して兗州を取らせたらどうなる?【if三国志】 黒船(ミシシッピ号) プチャーチンはどんな人?幕末の日本人に敬愛された騎士道の人 愛馬に乗り敵を粉砕する張遼 泣いていると鬼ではなく、張遼がやってくる!? 吉田松陰の辞世の句は3つあった!松陰最期の日の心境に迫る 【キングダム羌瘣】超絶かわいい暗殺者の新たな夢ってなに?羌瘣の魅力に迫る! 魏の夏侯淵 夏侯淵(かこうえん)はどうして地味なの? 黒田官兵衛 豊臣秀吉亡き後の天才軍師・黒田官兵衛の決断

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP