キングダム
姜維特集




はじめての三国志

menu

はじめての呉

朱拠とはどんな人?呂蒙に匹敵する文武兼備の将軍の逸話を紹介

命がけで筋を通す義理に熱い朱拠




周瑜

 

三国志()には周瑜(しゅうゆ)魯粛(ろしゅく)呂蒙(りょもう)など孫権(そんけん)の創業時代を支えた優秀な将軍ですが、孫呉の後期にも彼らに匹敵する名臣がたくさん登場しています。

 

朱拠

 

例えば今回紹介する朱拠(しゅきょ
)
も孫呉にとって名臣と呼ぶにふさわしい将軍の一人です。彼はいったいどのような活躍をした人物なのでしょうか。

 

自称・皇帝
当記事は、
「朱拠 人物像」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:周瑜の死因と三国志の英雄たちの死因を調べたら判明したことを紹介

関連記事:周瑜がかっこいい理由は?周瑜の青春はいつだって親友孫策、大喬小喬のためな件

 

 

体力もあり、議論もできるカッコいい朱拠

孫権 劉備 対立

 

朱拠は呉郡出身の武将で、孫権夷陵の戦い(いりょうのたたかい)劉備軍をボコボコにした頃、孫権に召し抱えられます。朱拠は正史三国志呉書によると体力もあり、人との議論において適切な言論を行い、命がけで通り筋を通し、顔もカッコいい人であったと記載されています。

 

朱拠の議論についてのエピソードが残っているので紹介したいと思います。

 

 

人を罰するなかれ!!

 

朱拠は孫権に仕えた頃、曁艶(きえん)と言う人物が孫権配下のほとんどが、強欲でどうしようもない人物たちばかりであふれかえっている事に腹を立てていました。朱拠は曁艶が孫権配下達の諸将を憎んでいる事を知り「天下はいまだに三つに分裂し、統一されていない状態です。このような状況の時に才能を持っているが欠点のある人の官位を下げてしまうのは良くありません。

 

いきなり官位を下げてしまえば、災いがあなたに降りかかってくることになります。そのような状況を防ぐために、彼らの欠点を帳消しにして仕事に熱中できる状況を生み出すのがいいでしょう。」とアドバイスを行います。

 

しかし曁艶は朱拠のアドバイスを採用しないで、欠点のある人々の官位を下げてしまった為、後に孫権配下の人々から恨まれることになり、悲惨な最期を迎えることになります。このように朱拠は適切なアドバイスを行うことができる人物でした。

 

命がけで筋を通す朱拠

孫権の娘が大喧嘩 孫魯班、孫魯育

 

朱拠は二宮の変(にきゅうのへん)孫和(そんか)孫覇(そんは
)
が争った際、孫和を擁護。朱拠は孫和を擁護するため何度も孫権の元へ赴いて「孫和様を太子のままにするべきです。」と心を込めて説得します。

 

孫権は朱拠の説得を拒んで、孫和を太子の位から外してしまい僻地へ流罪。朱拠は孫和が太子の位から外されて、流罪になった事を知ると自分の顔に泥を塗り、自分の体を縛り付け、孫和を擁護していた役人たちを率いて孫権の元へ出頭し「孫和様を許していただけないでしょうか」と何度もお願いします。

 

孫権は朱拠達が何日も何日も同じような格好でやってくるので怒って「見苦しい真似をするな!!」と激怒。朱拠は孫権に怒られてもめげることなく同じことを繰り返しつつ、孫権へ直接「孫和様をお許しになって再び皇太子にするべきです」と説得します。

 

孫権は朱拠らの執拗な説得に堪忍袋の緒が切れて、彼らを呼びつけて棒叩き百回の刑罰を与えます。朱拠は棒叩き百回の刑罰を受けた後、遠方の県へ流罪を命じられます。

 

命がけで筋を通す義理に熱い朱拠

 

朱拠は孫権の命令に逆らうことなく、遠方の県へ向かう途中に発病し、亡くなってしまうのでした。孫呉の名臣にふさわしい人物だった朱拠は、自分が不利になろうともしっかりと筋を通した人物でした。しかし朱拠の筋の通った説得も晩年の狂った孫権の耳に入ることはなく、残念な最期を迎えてしまいます。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

孫権は朱拠が議論に優れ、武将としても優秀だった事から「呂蒙に匹敵する武将だ」と彼を誉め、驃騎将軍(ひょうきしょうぐん
)
の位を与えていることからかなり優秀な人物だったことが伺えます。もし朱拠が二宮の変に関与することなく、黙っていれば孫呉後期における名将の地位を確立することが出来たかもしれませんが、一つだけ名将になれない点がありました。

 

呂蒙

 

それは朱拠に孫権の心情を忖度することができなかった点です。孫呉の名将・呂蒙はしっかりと孫権の心情を忖度できる人でした。そのため朱拠が呂蒙のように孫権の心情を忖度することができれば、孫呉の名将として名を連ねることができたと思います。

 

■参考文献 正史三国志呉書など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:「十万本の矢」孫権・周瑜・張巡の変遷とパクリ歴史を紹介

関連記事:周瑜はどのような病気で亡くなったのか考えてみた

 

【呉のマイナー武将列伝】
呉の武将

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 周泰(しゅうたい)の全身の傷を解説する孫権 周泰(しゅうたい)ってどんな人?孫権に重んじられた、全身傷だらけ…
  2. 孫家三代もメロメロ、実は周瑜と双璧の名将 程普の伝説
  3. 潘璋(はんしょう)とはどんな人?素行や勤務態度は悪いけど呉の最強…
  4. 魯粛 稀代の豪傑 魯粛(ろしゅく)|演義と正史では大違い?
  5. はじめての三国志 画像準備中 孟宗とはどんな人?孟宗竹(もうそうちく)の由来は呉の親孝行もので…
  6. 孫権の跡継ぎ9歳の孫亮 孫登(そんとう)とはどんな人?超絶優しい孫権の長男
  7. 朱治 朱治とはどんな人?孫呉三代に仕え、戦三昧だった呉の将軍
  8. 士匡 士匡とはどんな人?従兄弟を守るためも悲惨な最期を迎える南海の覇者…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 江藤新平 幕末
  2. 曹操VS袁紹
  3. 法正と張松
  4. はじめての三国志 画像準備中
  5. リトルグレイ(宇宙人)と遭遇して興奮する曹操
  6. 曹幹
  7. 袁術と呂布
  8. 華佗

おすすめ記事

  1. 大隈重信とはどんな人?早稲田大学の創設者の人生を年表で紹介 大隈重信
  2. 夷陵の戦いで出てくる劉備の陣形の問題点ってなに?陣形は不適格だった? 討ち死にする黄崇
  3. 6倍の敵に対して一歩も退かずに渡り合った名将・高橋紹運がヤバイ!
  4. kawauso編集長のぼやきVol.9「煮詰まる・・」
  5. くまモンだけじゃない!三国志の時代にもあった着ぐるみ
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース30記事【4/10〜4/16】

三國志雑学

  1. 黄蓋
  2. 袁尚と対立する袁譚
  3. 孔明
  4. 孔明
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 劉備 孫権 ゆるキャラ
  2. 張飛と劉備
  3. 楽進の矢でが命を落とす成廉
  4. 成廉、魏越、呂布
  5. 賈逵(かき)
  6. 宣誓文を読み上げる藏洪

おすすめ記事

明智光秀 麒麟がくる 明智光秀はどんな顔をしていたのか?イケメン男子だったの? 酒井忠次 酒井忠次の墓はどこにある?徳川四天王の墓がある先求院へのアクセス方法 楊儀と魏延 【シミルボン】これはヤバいよ!裏三国志 大流行したドラッグ五石散 于禁 【第1話】戦え!于禁文則ん「鮑信との出会い」 ゴールデンカムイネタバレ予想 131話 死神がやってくる 真田丸 武田信玄 武田信玄の最強の敵!?武田家を揺るがす大事件を勃発させた武田義信 関羽の死 糜芳(びほう)とはどんな人?古参の武将でありながら関羽を裏切り呉へ寝返った男 司馬徽と劉表 【三顧の礼】劉備を確保しろ!水鏡先生の野望

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集法正"
PAGE TOP