朱異とはどんな人?上司に噛みつく肝っ玉の据わった孫呉の戦人


解煩督 呉

 

孫呉は三国時代を最後まで生き残った国です。そのため多くの名将たちが登場し、孫呉を支えていました。

 

孫呉(孫権・黄蓋・陸孫・周瑜・周泰) 

 

今回紹介する朱異(しゅい
)
も孫呉を支えた名将の一人ですが、いったいどのような人物だったのでしょうか。

 

自称・皇帝
当記事は、
「朱異 人物像」
「朱異 孫呉」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:陸遜の逸話を紹介!さらに陸遜のことが好きになる!

関連記事:周泰は陸遜と一緒に戦った事ってあるの?孫呉の英雄の共闘を調べてみた

 


 

朱桓の跡を継ぐ朱異

朱桓(しゅかん)

 

朱異は孫呉の勇将・朱桓(しゅかん
)
の息子です。

 

朱異

 

彼は朱桓が亡くなると彼が率いていた兵士を引き継ぐことになり、戦へ赴くことになります。

 

樊城の戦い

 

朱異は朱然の配下として魏の荊州(けいしゅう)の領土・樊城(はんじょう)攻略戦に参加。

 

朱然

 

朱異は初陣にもかかわらず、朱然(しゅぜん
)
へ適切なアドバイスを行い、樊城の防衛として建設されていた敵陣を打ち破る功績を挙げ、戦での実力を見せつけます。

 


 

文欽に鉄槌を下す朱異

兵士

 

魏の将軍・文欽(ぶんきん)は孫呉との国境近くに多くの砦を建設し、孫呉からの逃亡者の受け入れ場所としていました。

 

兵士 朝まで三国志

 

文欽は孫呉から逃亡して人物たちの受け入れ場所として作り上げた砦を利用して、孫呉との国境付近に軍勢を展開させ、孫呉の領土内へ侵入し、略奪行為を頻繁に行っていたそうです。朱異は文欽が略奪行為を頻繁に行っていることを知ると自ら軍勢を率いて出陣。

 

朱異は文欽が駐屯している砦へ攻撃を仕掛け、すべての砦を打ち壊すことに成功します。朱異のおかげで孫呉の国境で文欽の略奪行為が無くなったため、魏の国境に近い孫呉の民衆たちが安心して暮らせるようになったそうです。


 

諸葛恪に激怒する朱異

軍事面でも才能を発揮する諸葛恪

 

朱異は孫権死後、南を守る役割を持った鎮南将軍を与えられます。朱異は鎮南将軍に就任した後、諸葛恪(しょかつかく)が作戦立案した合肥新城攻略戦へ出陣。

 

軍もしっかりと把握できていない諸葛恪

 

諸葛恪は朱異や他の諸将を率いて合肥新城の攻略戦を開始しますが、合肥新城を落とすことができず、長々と合肥新城に駐屯することになります。朱異はこのまま落とすことができない合肥新城にいるよりも豫章にある石頭城を攻略したほうがいいと考え、諸葛恪へアドバイスを行います。

 

諸葛恪

 

しかし諸葛恪は朱異のアドバイスを却下。朱異は諸葛恪が自分のアドバイスを却下し、他の武将のアドバイスを取り入れた事を知ると「諸葛恪は俺のナイスな作戦を採用しないで、ダメなアドバイスを採用するなんてとんだ馬鹿野郎だ!!」と激怒し、諸葛恪が送ってきた手紙を床にたたきつけます。

 

呉の身内から反感を買う_諸葛恪

 

諸葛恪は朱異が自分を批判していることを知って激怒し、朱異の武将の兵士たちを取り上げて、朱異を帰国させてしまうのでした。朱異は自分の意見が正しかったにもかかわらず、上司が自分の意見を採用しないと激怒して上司に噛みついてしまう激しい性格の持ち主でした。


  

 

 

疑うことを知らない性格をしていた朱異

諸葛恪と孫峻

 

朱異は諸葛恪が謀略によって殺害されると大都督へ出世。その後朱異は魏に反乱を起こした諸葛誕(しょかつたん)が呉へ助けを求めてきたため、諸葛恪を救援するために出陣します。

 

疑うことを知らない朱異

 

朱異は呉軍を率いて寿春城を包囲している魏軍を何度も攻撃しますが、打ち崩すことができませんでした。呉の大将軍・孫綝(そんちん)は朱異が何度も魏軍に敗北している状況に激怒し、朱異を呼び寄せて殺害する計画を立てます。朱異は孫綝から呼び出しを受けると疑うことなく孫綝の元へ行ってしまい、そのまま命を落としてしまうのでした。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

朱異は孫綝の元へ向かう前に陸遜の息子・陸抗から「朱異殿。孫綝は何をしでかすかわからない人物です。そのため彼の元へ向かわないほうがいいと思います。」と心配していました。しかし朱異は「孫呉の皇族で身内の者だ。彼を疑う必要ないだろう」と陸抗のアドバイスを退け、孫綝の元へ向かったため、殺害されてしまいます。

 

陸抗

 

朱異は呉の国に忠誠を尽くし、戦場で数々の功績を立てた名将として数えることができますが、残念な最期を迎えてしまいます。もし朱異が陸抗のアドバイスを聞き入れてもう少し用心をしていれば、殺害されることなく、陸抗(りくこう)と二人で孫呉を支えた名将として、もっと活躍したことかもしれませんね。

 

■参考文献 正史三国志呉書など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:もし夷陵の戦いで陸遜の裏切りがあったらどうなる?【if三国志】

関連記事:陸遜の功績とは?荊州奪取のキーマンである陸遜の出世街道も紹介

 

【呉のマイナー武将列伝】
呉の武将

 

 

関連記事

  1. 孫皓と張俊
  2. 呂壱と孫権
  3. 黄巾賊を撃退する太史慈
  4. 法正
  5. 周瑜と孫策
  6. 士匡

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

“近代オリンピック




PAGE TOP