都会っ子・馬岱を考察!最後は平北将軍にまで出世

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

馬岱

 

現在の陝西省興平市で生まれた馬岱(ばたい)。陝西省ですから、道教の聖地とされる「華山」を訪れたかもしれません。目と鼻の間に西安(長安)があり、後漢の朝廷と縁のある場所で育ちました。

 

曹操

 

そのため、曹操(そうそう)の脅威にさらされ、馬岱の一族はほぼ滅亡しかけるほど。従兄には馬超(ばちょう)もいて、やや影が薄い馬岱ですが、史実をベースに考察していきましょう。

 

自称・皇帝
当記事は、
「馬岱 考察」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:馬岱は馬超と蜀に降ったのに何故龐徳だけ漢中に残った?

関連記事:【魏延粛清作戦】捨て駒同然の扱いをされた馬岱

 

 

馬岱の家族は?

 

祖父は天水郡の「蘭干県尉」の任に就いていました。名を「馬平(ばへい)」と言います。天水郡とは現在の甘粛省天水市。馬岱の生まれた陝西省の西隣りにあります。今も西安から天水へと続く幹線道路が走っていることから、地理的に行きやすい場所だったのでしょう。

 

馬騰

 

伯父は「馬騰(ばとう)」、馬超の反逆が原因で曹操にやられています。続いて、兄弟や従兄について見ていきましょう。

 

蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超

 

「馬超」は後漢の軍閥を率いた有力な武将。知っている読者も多いことでしょう。馬岱は常に馬超に従って、戦乱の時代を生き抜きました。馬休は「奉車都尉」という役職で都に勤務。武帝の時代(紀元前115年)に設置された役職です。

 

彼も曹操の手に掛かっています。馬鉄は都で「騎都尉」の職に就いています。親戚や兄弟の内、3人が公務員という官僚一家。むしろ武将だった馬超が馬一家では異例の存在だったのです。

 


 

馬岱は馬超の子分だった!?

曹操を絶対殺すマンとしてなった馬超

 

西暦211年。

馬岱は従兄の馬超と共に「潼関」で曹操に反旗を翻します。公務員一家と思われていた馬超と馬岱が後漢の大臣を狙ったのですから、家庭内には衝撃が走ったことでしょう。その年の9月、曹操に敗れた馬超軍は隴上郡県に撤退。

 

西暦213年9月。

馬岱は馬超に従い、漢中にいる「張魯」の元に身を寄せます。曹操に反旗を翻したのが原因で馬一家のほとんどは曹操に成敗されてしまったので、故郷に帰ることはできなかったのです。

 

西暦214年。

少しずつ歯車が狂い始めます。張魯家の将軍・楊白が馬超を恐れ、張魯家から追い出すのです。やむなく馬岱は馬超とともに蜀の劉備を訪ねます。劉備は出迎えをやって、馬超軍を歓迎。

 

劉璋と劉備

 

成都を包囲すると馬超の威光にたじろいだ劉璋は10日もしないうちに敗走。劉備は馬超軍の畏怖によって、成都を手にします。


 

馬岱の出世のきっかけは?

孔明

 

軍師・諸葛亮が天に召されます。時に西暦234年のことでした。そこで起こるのが権力闘争。軍師とはいえ、実質的に蜀の実験を握っていた諸葛亮。

 

楊儀と魏延

 

跡目争いでは「魏延(ぎえん)」と「楊儀(ようぎ
)
」が仲たがいします。すると楊儀の命を受けた馬岱が魏延を討伐に。

 

「ここにいるぞ!」と言いながら魏延を切る馬岱

 

刀を一振りし、魏延は昇天。天晴れと拍手喝采を浴びたのは馬岱でした。常に馬超の影に隠れて芽が出なかった馬岱ですが、ここで出世を果たします。翌年には平北将軍、陳倉侯の位を賜り、馬岱は魏を討伐に。

 

ところが魏の「牛金」に敗れ、トボトボと蜀へ戻ってくるのでした。

 

馬岱の墓はどこに?

キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問)

 

西安(長安)のそばで育った馬岱ですが、墓は現在の「四川省(三国時代の蜀)」にあります。新都県の軍屯鎮と弥牟鎮の境で、墓自体はそれほど大きくありません。墓の周囲は松が茂り、竹林で囲まれています。墓荒らしにあった形跡もなく、墓石の前には祭壇があり、石碑の高さはおよそ2メートル。

 

石碑には「漢平北将軍馬公諱岱之墓」と記されています。墓室は山の中腹にあり、高さ3メートルほどの土が盛られた構造。広漢市向陽鎮が道を整備しているときに馬岱の碑が発見され、今は政府内で保管されています。

 

三国志ライター上海くじらの独り言

三国志ライター 上海くじら

 

馬岱の墓のある四川省は峨眉山で名高い場所。昔から馬岱は名山が好きだったのかもしれません。

 

戦で活躍する牛金

 

魏延を一撃で倒すものの、兵を率いた魏への討伐では牛金に敗退。一対一の戦いには長けていたようですが、軍を率いるのは苦手だったようです。古代中国では「地形」と「天候」を掌握できれば、戦に勝てると考えられていました。

 

武力に長けた馬岱ですが、軍略という側面では劣っていたのでしょう。諸葛亮と組んでいれば、最高の軍隊になったかもしれません。

 

参考資料:

「交通旅遊中国地図冊(中国語版)」湖南地図出版社

馬岱 wikipedia

马岱 (三国蜀汉武将)

天水郡

奉车都尉

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:馬岱(ばたい)ってどんな人?実は記録がほとんどない馬超のイトコ

関連記事:費禕は食わせ者?人の相談に乗りながら足をすくう

 

【曹操を二度追い詰めた錦馬超を徹底考察】
馬超特集


 

関連記事

  1. 大喬と小喬
  2. 弩(ど)を発射させる蜀兵士達
  3. 唐周(とうしゅう)黄巾賊
  4. 関羽、劉備、張飛の桃園三兄弟
  5. 曹操(バカ殿ver)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP