魏延は忠誠心溢れる将?それとも不忠の将?不忠のイメージはどこから始まった


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

魏延

 

三国志末期の武将たちの一人に、魏延(ぎえん)がいることは皆さんもご存知の通りです。ほとんど戦力が枯渇した蜀に残った数少ない武将の一人ですが、この魏延には不忠の将としてのイメージがあるという人も少なくない御様子。

 

ではこの不忠の将のイメージはどこから来たのか?魏延って忠誠心あるの?ないの?ということに今回は注目しつつ、魏延についてお話したいと思います。

 

自称・皇帝
当記事は、
「魏延 忠誠心」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:魏延の死因は占い師が予言していた?魏延の最期と死因を分かりやすく解説

関連記事:魏延の戦績はほぼ無敗?三国志での魏延の輝かしい戦績を紹介

 


魏延の不忠の将のイメージは三国志演義のせいか!?

魏延の謀反を察する孫権

 

まず魏延の不忠の将のイメージ、これを確立させたのは三国志演義ではないかと思います。魏延が劉備に降った時に諸葛亮が、今まで魏延が何度も主を変えたこと、そして反骨の相について話します。

 

魏延からの提案を却下する孔明

 

このことから諸葛亮(しょかつりょう)と魏延は不仲になり、後々対立に繋がっていくのが三国志演義のポイントです。最終的に魏延は馬岱(ばたい)に「魏に降ろうか」とも言い出すので、これが魏延に忠誠心が薄い、というイメージを付けてしまったのではないでしょうか。

 

蜀の魏延

 

しかし三国志、正史に関しては特に諸葛亮と魏延は不仲ではありません。

 

挑発する諸葛亮孔明

 

そりが合わなかったのはあるかと思いますが、自分の策を反対されても諸葛亮(しょかつりょう)の北伐に従っていますし、諸葛亮も魏延を重用し続けました。正史ではどちらかというと楊儀との対立が目立ちますね。

 

さて、そんな魏延の不忠の将というイメージの一つ「度々主君を変えていた」に関してもお話しましょう。

 


 

度々仕える相手を変えていた魏延

蜀の魏延

 

まず「度々主君を変えていた」に関しては、演義の創作です。三国志演義では劉表(りゅうひょう)蔡瑁(さいぼう
)
韓玄(かんげん
)
と主君を変え、最後に劉備の元にやってきました。正史では最終的に劉備に仕えたのは事実ですが、それまでの魏延が何をしていたのかは良く分かっていないのです。

 

蜀の魏延

 

また三国志演義の方では魏延は韓玄から離反したことを諸葛亮が咎めていますが、そこで魏延ばかりが非難されるのはいささか納得がいきません。この魏延の話の直前にある話ですが、武陵でキョウ志という人物が出てきます。

 

彼は敗北して逃げ戻ってきた主君を「自分の意見を聞かずに兵士を死なせた」と射殺、その首を持って降伏……という、ある意味魏延並みかそれ以上なことをしているのですが、なぜかこの人物に関してはノータッチ。そもそも劉備自体も色々な人のところに身を寄せては……を繰り返していたので、魏延ばかりが不義不忠と謗られる理由はありません。

 

なので筆者としては、これだけで魏延が不忠の将とは言えないと思います。

 

魏延と劉備との出会いと、その厚遇

魏延

 

ここで魏延と劉備についても触れていきましょう。

 

蜀の皇帝に即位した劉備

 

諸葛亮はともかく、劉備は正史でも三国志演義でも魏延を厚遇しています。これは正史の方の話ですが、劉備が漢中王に即位した際に魏延は漢中太守に任命されました。漢中が大事なのは当然のこと、ここを魏延に任せたことを皆が驚いたと言われています。

 

呉懿と魏延

 

実際にこの時は張飛がこの役目に就くだろうと思われていたので、ここに魏延を抜擢する劉備の魏延への信頼の厚さが分かります。ちなみに魏延は「善養士卒」と言われていたので、士官を育成する才能があったと劉備に判断されたのかもしれません。

 

魏延に忠誠心はあったのか……?

魏延と孔明

 

さて最後になりましたが、筆者は魏延について「劉備への忠誠心はとても厚かった」と思っています。

 

前述したように劉備は魏延の才を見抜き、そして厚遇しました。これは魏延からすれば初めて自分を認めてくれた、という人物に巡り合えた感動ものだったのではないでしょうか。そしてそれは劉備亡き後も、彼が魏に降ることなく蜀に居続けたことからも分かります。

 

楊儀と魏延

 

そんな彼でも、どうしても楊儀(ようぎ
)
との諍いが大きかった。しかし楊儀と対立しても、蜀に背いた訳ではありません。離反した訳でもなく、対立して、その最期を迎えます。魏延はただ、それはとても武骨で、不器用なものでしかなかったのかもしれないけれど、劉備の遺した蜀を守るために足掻いていたのではないでしょうか。

 

三国志ライター センのひとりごと

三国志ライター セン

 

今回は魏延について色々と調べてみて、更に魏延という武将について考察を深めてみました。魏延だけでなく、彼の周囲の人たちとの人間関係もまた、魏延の生涯において重要だったとも思わされました。

 

知れば知るほど面白い武将でもあるので、ぜひ三国志演義のイメージに捕らわれずに魏延という武将を知って欲しいですね。

 

参考記事:

魏延 wikipedia

鞏志 wikipedia

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:魏延を考察!もしも劉備が赤壁の戦いで負けていたらどうなっていた?

関連記事:周泰と魏延ってどっちが強いの!?呉と蜀の英雄を比較してみた

 

【劉備と蜀漢に忠誠を誓った闘将・魏延】
魏延特集

 

関連記事

  1. 韓信
  2. 木牛流馬
  3. 王族ボンビーから一転セレブ01 董太后(女性)
  4. 賈詡
  5. 陳宮

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • 匿名
    • 2019年 8月 28日

    流石魏延

    • 緑豆粥
    • 2019年 8月 28日

    センさんの記事はいつも登場人物に優しくて素敵ですね♪
    (以下、いずれも三国志演義の話です)
    記事の中に「劉表、蔡瑁、韓玄と主君を変え」という部分がありましたが、劉表、蔡瑁、韓玄は敵対関係ではないので、同じグループ会社の中で部署が変わっただけのようなイメージであって不忠にはあたらないんではないかなと思いました。
    その頃の不忠にあたる行為といえば、襄陽城を劉備に明け渡そうとしたことと、韓玄を斬ったことだと思います。
     
    鞏志の主君殺しはとがめないのに魏延の主君殺しは処刑しようとする諸葛亮。
    この対比は面白いですね。
    何をやったかによって評価しているのではなく、人間性で評価しているのかなと思いました。
    想像ですが、鞏志は人畜無害そうな顔をしていたから受け入れてOKで、魏延はハイリスク・ハイリターンみたいなスリリングな面構えをしていたから斬ったほうがいいと判断したのかなと思いました。
    人間性で評価されるとなると、評価される側としてはきついですね……。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志ご要望の進捗状況"

“楚漢戦争

“荀彧

“3冊同時発売"

“魏延

“馬超

“官渡の戦い"

“馬謖"

“郭嘉

“if三国志

“三国志人物事典

まるっと世界史




PAGE TOP