ログイン | 無料ユーザー登録


朝の仕度ならながら三国志
Youtube


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

名将周瑜は政治のセンスもあった?戦に強いだけじゃない周瑜を考察

周瑜の魅力


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

周瑜、陸遜

 

周瑜(しゅうゆ)は呉(222年~280年)の将軍です。呉の建国前に亡くなっているので、正確には後漢(25年~220年)末期の将軍が正しいでしょう。赤壁の戦いの功労者として有名であり、京劇や小説では美男子であることから「美周郎(びしゅうろう)」と呼んでいます。

 

朝まで三国志2017追加22 周瑜

 

小説『三国志演義』での周瑜は才能にあふれた人物として描かれていますが、ライバルの諸葛亮(しょかつりょう)登場以降は、秘策を次々と破られていき、最後は憤死するという哀れな結末です。

 

しかし、史実の周瑜はそのようなピエロではありません。今回は正史『三国志』を中心に周瑜が軍事だけではなく、政治も人付き合いも上手であったことを解説します。

 

自称・皇帝
当記事は、
「周瑜 名将」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:周瑜の戦歴がスゴイ!周瑜の戦歴を考察

関連記事:周瑜がかっこいい理由は?周瑜の青春はいつだって親友孫策、大喬小喬のためな件

 

 

孫権をフォローする周瑜

ほっぺたに矢を受ける孫策

 

建安5年(200年)に孫権(そんけん)の兄の孫策(そんさく)が外出中に奇襲されました。即死することはありませんでしたが、傷口が悪化してしまい間もなくこの世を去りました。後を継いだのは弟の孫権でした。

 

周瑜と孫策

 

孫策は生前、部下の周瑜を友人として待遇していました。そこで孫権の母の呉夫人は孫権に周瑜を兄として仕えるように伝えます。

 

さて、後を継いだばかりの孫権の年齢は19歳でした。位は討虜将軍。これは「雑号将軍」と呼ばれるものであり正式官職ではなく「臨時官職」でした。正直言うと珍しい官職ではありません。

 

張昭、孫権、孫策、周瑜

 

孫家は父の孫堅(そんけん)・兄の孫策の2人で強くなったとはいえ、やはり呉に昔からいる諸将や賓客、名門貴族からすれば成り上がりの一族にしか見えません。ましてや、孫権は19歳の若者なので君主としての力が未知数。彼らは孫権に対して部下として礼儀がなっていませんでした。

 

呉の孫権

 

孫権の主君としてのプライドはズタズタ・・・・・・

 

周瑜

 

ところが、そこで周瑜が登場します。周瑜1人だけが孫権に対して部下としての礼儀をわきまえた態度をとります。周瑜の一族は朝廷に出仕していた生粋のエリート。その一族である周瑜が地方将軍の孫権に頭を下げています。

 

周瑜

 

そのような光景を見せられたら、他の人々も頭を下げないわけにはいきません。こうして孫権の主君としての名誉は周瑜により守られたのです。

 

 

程普と仲直りする周瑜

程普

 

周瑜は呉の将軍の程普(ていふ
)
と最初は仲が良くありませんでした。程普は孫権の父の孫堅から仕えており、呉では古参に該当します。程普は若くして主君の孫策・孫権に気に入られていた周瑜が気に食わなかったのです。そのため周瑜をバカにしていました。

 

呉の周瑜、孫策、程普

 

西晋(280年~316年)の虞溥(ぐふ)という人物が執筆した『江表伝』という書物によると、周瑜は程普と張り合っても仕方ないと感じたのか、常に年長者の彼に対して丁寧に接します。

 

やがて周瑜の思いが通じたのか程普は人にこんなことを語っていました。「周瑜と話していると、酒を飲まされたように気分がよくなる。自分が酔ったと気づかないくらいだよ」

 

赤壁の戦い

 

この逸話は有名であり映画「レッド・クリフ」でも取り上げられました。


周瑜と程普

 

残念ながら程普と周瑜が何を語り合ったのか史料は何も残していません。だがその後、2人は協力関係になり赤壁の戦いで見事に曹操(そうそう)を破ったのです。


三国志ライター 晃の独り言

三国志ライター 晃

 

以上が周瑜の名将ぶりを解説しました。筆者が「周瑜伝」を読んでみると「軍人」というよりも「文化人」という面が強いです。

 

周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志

 

彼が後世、軍人として有名なのは赤壁の戦いの功労者であることや、小説『三国志演義』の影響が強かったからでしょう。余談ですが、江戸時代に出版されていた『絵本通俗三国志』という『三国志演義』の挿絵本に描かれている周瑜は、「美周郎」から程遠い表情をしています。

 

沈んだ顔で帰り小喬に心配される周瑜

 

完全に悪役の顔でした・・・・・・

おそらく、ライバルの諸葛亮と対比させるためだろうと考えられています。諸葛亮は悟りきった仙人のような顔をしているのに周瑜は悪面・・・・・・

 

そこまで差別せんでもいいじゃないかと思いました(泣)

 

※参考文献

 

・岡本淳子「日本に於ける周瑜像についての一考察―江戸時代を中心―」(『立命館大学白川静記念東洋文字文化研究所』7 2013年)

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:周瑜はどのような病気で亡くなったのか考えてみた

関連記事:周瑜の死因と三国志の英雄たちの死因を調べたら判明したことを紹介

 

【樊城をめぐる劉備・曹操・孫権の軍事衝突】
樊城の戦い特集

 

晃(あきら)

晃(あきら)

投稿者の記事一覧

横山光輝の『三国志』を読んで中国史にはまり、大学では三国志を研究するはずだったのになぜか宋代(北宋・南宋)というマニアックな時代に手を染めて、好きになってしまった男です。悪人と呼ばれる政治家は大好きです。
        
好きな歴史人物:

秦檜(しんかい)、韓侂冑(かんたくちゅう)、
史弥遠(しびえん)、賈似道(かじどう)

※南宋の専権宰相と呼ばれた4人です。

何か一言:

なるべく面白い記事を書くように頑張ります。

関連記事

  1. 曹操を見捨てない丁氏と卞氏 曹操最初の妻丁氏とその一族の哀しき運命
  2. 悩む司馬炎 【司馬炎の晩年苦労話】子孫繁栄出来るかな?
  3. 羅貫中 三国志史上で一番絵が上手なのは誰だ!?ヒント、姓は曹です
  4. 公孫サンは英雄劉備が真似した人物 公孫瓚はクズ野郎だった?北の英傑公孫サンの実像があまりにも酷い件…
  5. 魯粛 【三国志由来!】一歳の誕生日占い抓周とはどんなモノ
  6. 貂蝉 中国四大美女のひとり貂蝉
  7. 司馬懿の名言から分かる!曹爽との権力争いを分かりやすく紹介!「駑…
  8. 小帝(少帝劉弁)と董卓 皇帝の座を奪われた少帝弁の悲しき人生、降格処分と毒殺された劉弁を…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 奮闘する黄蓋
  2. 今川義元
  3. 劉曄
  4. 幻の1940年の東京五輪 いだてん
  5. 水魚の交わり
  6. 公孫サン(公孫瓚)
  7. 于禁と兵士
  8. 司馬懿と司馬師

おすすめ記事

  1. 鎌倉時代の農業はどんなもの?生産性の向上と飢饉の時代
  2. 幕末にサソリ固め!来島又兵衛の壮絶なアラフィフ人生
  3. 偽撃転殺の計VS虚誘掩殺の計 曹操VSかく
  4. 【シミルボン】三国志、冬の暖房、炉炭で暖まろう! 劉備
  5. 袁紹に殺された2000人以外にも歴代の皆殺しに注目してみた。ちょっぴり不謹慎
  6. 【陥陣営】高順が呂布に疎んじられた理由は性格の不一致だった 高順が呂布に疎んじられた理由

三國志雑学

  1. 劉備の黒歴史
  2. 呂布に暗殺される董卓
  3. 曹操
  4. 幕末 魏呉蜀 書物
  5. 出世した韓遂


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “読者の声" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"
“はじめての三国志読者の声"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 曹操
  2. 陳勝・呉広
“ぐっすり眠ってならが三国志"

おすすめ記事

法正 法正が生きていたら夷陵の戦いは敗北はなかった?軍師法正と夷陵の戦い 真田丸 武田信玄 【初めての戦国史】武田家を継いだ晴信に新たな試練が訪れる 前原一誠 前原一誠が越後で行ったびっくりの善政とは? 荀彧と袁紹 袁紹の評価は名君?凡君?徹底紹介 ホウ徳(龐徳) 龐徳の子や孫は一体どんな人なの!? 公孫度 公孫度(こうそんたく)とはどんな人?幸運に恵まれ、遼東の王になった男【遼東三代記】 老荘思想(ろうそうしそう) 老荘思想(道家)ってどんな思想?ありのままに? 三国夢幻演義バナー 龍の少年 第1話:三国夢幻演義 龍の少年「命の山」配信中

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “はじめての三国志企画特集" “つながるはじめての三国志" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
“歯痛の歴史"
“三国志読み放題サービス"
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論
ビジネス三国志
ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“つながるはじめての三国志

“はじめての三国志Youtubeチャンネル"

“ながら三国志音声コンテンツver3"
PAGE TOP