ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
徐庶


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

于禁の憤死の原因を考察

于禁を虐める曹丕


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

于禁を虐める曹丕

 

曹操(そうそう)の重鎮として知られる于禁(うきん)

彼は晩年憤死することになりますが、どうして憤死して亡くなることになったのでしょうか。

今回は于禁の憤死の原因について紹介したいと思います。

 

自称・皇帝
当記事は、
于禁 憤死」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:于禁の死因を考察!後世の史家が曹丕を貶めるために創作されたから評価が低い?

関連記事:于禁はどこで自分の土下座画を見たのか?


怒りで本当に死ぬの??

激怒する関羽

 

三国志では怒りや悔しさなどの理由で病を発して亡くなってしまう武将がたくさんいます。

 

孫権に煽られて憤死する陸遜

 

例えば呉の丞相として知られる陸遜(りくそん)も上記に該当し、このことを「憤死」と呼びます。ですが「憤死」とはどのような意味を持った言葉なのでしょうか。

 

「憤死」を岩波国語辞典で探してみると「憤慨しながら死ぬこと」と記載があります。憤慨も一緒に調べてみるとひどく腹を立てる事と記載がありました。これらを合わせて分かりやすく説明すると「憤死」とはとてつもなく激怒して死ぬことだと思われます。

 

※「憤死」の原因については色々な説があり断定できる説がないため、ここでは岩波国語辞典を参照して記載しております。

では今回紹介する于禁は上記で説明した憤死の原因となる怒りをどうして感じるようになったのでしょうか。


曹丕と対面する于禁

于禁

 

于禁は樊城攻防戦の時に軍勢が洪水のせいで水没してしまったせいで関羽(かんう)へ降伏することになります。その後于禁は関羽を討伐して荊州を領土にした孫権(そんけん)の元へ移ることになりますが、曹丕(そうひ)が皇帝になった事が契機となり、魏へ帰国することになります。

 

皇帝に就任した曹丕

 

こうして魏へ戻った于禁は早速皇帝になった曹丕と対面。曹丕は于禁が泣きながら関羽へ降伏したことを詫びてくると彼へ春秋戦国時代の故事を引き合いに出して慰め、将軍の位を与えて彼の苦労に報いります。


曹操のお墓へお参りする于禁

 

于禁は魏に戻り、将軍の位を曹丕から授与されると、呉の使節に任命され、呉へ向かうように命令を受けます。この時曹丕は「呉へ向かう前に曹操のお墓参りをしてくればどうだ」と于禁へ提案。

 

于禁は曹丕の提案を喜んで受け入れ、曹操のお墓へ向かうことになります。

于禁は曹操のお墓に到着すると、目を疑うようなとんでもないものを目にすることになります。


怒りと悔しさが爆発!!

 

曹丕は壁画師へ曹操のお墓の壁画に龐徳が奮戦して活躍する姿を描かせます。更に彼は于禁が関羽へ降伏している姿を描くように命令。于禁は曹操のお墓へお参りした際、曹丕が壁画師に書かせた自分の不甲斐ない姿を目の当たりにすることになります。

 

その結果、于禁は怒りと悔しさの感情が生まれ、病にかかってしまい、そのまま亡くなってしまうのでした。

 

曹丕のいじめが原因

部下をいじめる曹丕

 

于禁が憤死することになった理由は結局何だったのか。

上記の説明でわかった方もいらっしゃるかと思いますが、ここでまとめておきたいと思います。

 

于禁が憤死することになった理由は曹丕によるいじめが原因です。曹丕は孫権に降伏した于禁を憎んだので、いじめて死なせようと考えていたのか。それとも曹丕は于禁へ降伏したことをあまり重く考えないようにとの意味を込めて、曹操のお墓に于禁が関羽へ投降する姿を描かせたのか。

 

これは曹丕に聞いてみないと分かりません。

ですが、曹丕の行動によって、曹操に仕えた重鎮・于禁が史実で亡くなった事は曲げようのない事実です。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レン

 

曹丕の于禁に対するいじめは彼を憤死しただけでは終わりませんでした。曹丕は于禁が亡くなった後、彼へ諡を与えます。曹丕が于禁へ与えた諡は厲侯です。この厲の漢字の意味ですが、「わざわい」・「やむ」などあまり良い意味が込められている感じではありません。

 

曹丕は于禁が亡くなった後もこのようにあまりいい意味ではない漢字を諡として送った事を考えると、もしかしたら関羽へ降伏した于禁の事を憎んでいたのかもしれません。曹丕が于禁を憎んでいたと確証づける記述が存在していない為、あくまでレンの推測の域を出ませんが、皆様はどのように思いますか。

 

■参考文献 正史三国志魏書など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:宛城の戦いで曹操に称賛された于禁という武将の性格を知ってみよう

関連記事:于禁と張遼の相性はイマイチ?2人の絶妙な関係を深堀りしてみる

 

【古今東西の英雄の「最期」は千差万別】
英雄の死因

 

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. ただの女好きじゃない!?最期の時まで妻達に愛情を見せた曹操
  2. kataru 陳寿が語る孫権像
  3. ボロボロになった馬超 馬超はメンタルが弱い?馬超孟起のメンタルが弱かった理由
  4. すっぱーーーーー 許褚 ゆるキャラ 曹操にまつわる梅林の話は本当なの?梅干しが曹操軍を救う?
  5. 十常侍(宦官) 我ら十常侍!でも、なぜか12人います!その理由とは?
  6. 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍 敵役だけど、やっぱり曹魏がナンバーワン!
  7. 劉封 孔明によって殺害されてしまった劉封、実は○○から逃亡するようにア…
  8. 【あの人の子孫は今】趙雲の子孫っているの?趙氏(ちょうし)につい…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 玉乗りをしている阿部正弘
  2. 尼子晴久
  3. 泣いて馬謖を斬る諸葛亮
  4. 後継者を決めずにダラダラする袁紹

おすすめ記事

  1. 131話:新宰相・蔣琬(しょうえん)により変貌する蜀 蒋琬(しょうえん)
  2. キングダム599話最新ネタバレ「右翼の風向き」レビュー キングダム54巻amazon
  3. 【今さら聞けない】妖怪三国志ってなに?お父さんも子供も夢中の新世代三国志!
  4. キングダム最新601話ネタバレ「決着の日」レビュー キングダム54巻amazon
  5. 【三国志の民話】世論に逆らうな!曹操の民心掌握術 于禁、曹操、青州兵
  6. 白狼山の戦いは曹操もちょっぴり後悔?

三國志雑学

  1. 呂布に従う陳宮
  2. 三国志の英雄(魏 呉 蜀)
  3. 真田丸
  4. 武器・農業器具を制作する張裔
  5. 蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 武田信玄と徳川家康
  2. 亡くなる劉備に遺言を聞く諸葛亮と趙雲
  3. 三国志の計略と孔明
  4. おんな城主 直虎

おすすめ記事

李牧 趙の名将・李牧の孫が国士無双で知られるあの人と関係があった! 孟達と曹丕 野心家の孟達(もうたつ)が時代を変えた!三国志の歴史に残る裏切り劇 韓玄(かんげん)とはどんな人?超逆風!長沙の民を法で縛り嫌われた能吏? 孔明 天下の奇才!?諸葛孔明とはどのような人物だったのか 吉川元春(きっかわもとはる)がスゴイ!敵と味方から恐れられた戦の達人 曹叡 曹叡(そうえい)とはどんな人?曹丕の息子で二代目魏の皇帝 司馬懿 まだ漢王朝で消耗してるの?第5話:統一国家 晋の礎 司馬懿 宋江、史進、李逵、魯智深、林冲、武松、楊志(水滸伝) 水滸伝の五虎大将軍とは誰なの?関勝・林冲・秦明・呼延灼・董平を紹介

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP