呂布の生い立ちが謎すぎて、三国志演義では魏の人になった丁原を考察


矢を当てる呂布 呂布、紀霊

 

三国志最強の武将というと、皆さんはどんな武将が思い浮かぶでしょうか。

関羽(かんう)張飛(ちょうひ)?いやいや個人の武勇といえばやはり呂布(りょふ)を多くの人が思い浮かべると思います。

 

赤兎馬と呂布

 

三国志を良く知らなくても呂布のしかし呂布は知っていてもその呂布の生い立ちは知らない、という人も多いのでは?

今回はそんな呂布について、謎に包まれた生い立ちについて少し述べたいと思います。

 

自称・皇帝
当記事は、
「呂布 生い立ち」
などのワードで検索する人にもオススメ♪

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:呂布はどんな最期を迎えたの?飛将軍の最後を紹介

関連記事:呂布の人物像はどうして生まれた?当時は嫌われていた呂布の生き様


呂布の生い立ちは謎に包まれている・・・

呂布

 

繰り返しますが呂布の生い立ちは謎に包まれています。というのも序盤だけとは言えあれだけのインパクトの強い呂布、実は生い立ちだけではなく生年さえも不明なのです。幼少期からのエピソードの一つもありそうですが、それもなし。唯一分かっているのは并州(へいしゅう
)
で刺史を務めていた丁原(ていげん
)
に仕えていたということ。

 

丁原(ていげん)

 

そしてその頃からその凄まじい武勇から大変重用されたということだけです。つまり呂布のスタートとは生まれではなく、この丁原からとも言えます。そこでこの丁原について、もう少し見ていきましょう。


丁原という人物

勉強が嫌いで武を極める丁原(ていげん)

 

さて丁原は貧しい生まれの人間だったそうです。このため学問の面では能はなかったものの、武芸には優れていた人物でした。性格は粗野で気質は軍人、しかし武勇の面では優れていて自ら先頭に立って戦う人物でもありました。

 

愛馬に乗る張遼

 

政治面では優れなかった丁原ですが呂布や張遼(りょふ)を見出した人物でもあり、そういった面では人を見る力はあったと言っても良いでしょう。丁原自身は霊帝(れいてい)何進(かしん)董卓(とうたく)と仕える人物を変えていき、最終的に皇帝にたてる人物で董卓と意見が合わずに対立、その後は呂布に背かれて殺されて配下ごと董卓に吸収されて終わります。

 

成廉、魏越、呂布

 

なんだか見ていくとちょっと三国志演義の呂布に似た人物ですね。さてここまでで「三国志演義の丁原と違う」と驚いた人もいるのではないでしょうか?

そこで三国志演義の丁原も比較として見ていきましょう。


三国志演義では義父になった丁原

周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志(本)

 

三国志の丁原と三国志演義の丁原の最大の違いは、呂布の義父として描かれている部分です。またここでも董卓と対立しますが、ここでは忠誠心と義から董卓と対立しているようにされていますね。そして董卓と戦うのですが、呂布の武勇によって董卓に勝利……しますが、ここでもやはり呂布の裏切りによって殺されてしまいます。

 

はてなマークな劉備と袁術

 

因みに小さな違いではありますが三国志では「并州刺史」ですが、なぜか三国志演義では「荊州刺史」になっていますが……これについても残念ながら謎のままです。


三国志演義の呂布は丁原要素を吸収したのか?

成廉、魏越、呂布

 

さてここで少し妄想という名の推測タイムですが、三国志演義の呂布は丁原の要素をやや吸収して描かれていると思います。要するに性格的に粗野で政治や策略に向いていないキャラクターですね。また三国志演義では丁原を上司ではなく義父にしていること、その丁原が忠義心のある人物にしていることで呂布の裏切りがより一層ひどく感じるようになっていると思います。

 

董卓を倒す呂布

 

何せこの後に董卓とも義親子関係になり、しかもまた裏切るので二度も義父を裏切る人物となってしまうのですね。これは呂布が「親を裏切る人物」として「不孝」に当たる人間であるという三国志演義の演出なのではないでしょうか。

 

呂布の英雄石像

 

呂布の生い立ちは謎のままですが、敢えて丁原の養子にすることでより呂布という人物にキャラクター性を持たせる……良いイメージではないにしろ、ここで呂布の人物像をしっかりと演出しているというのがやはり三国志演義の巧みな演出。謎の生い立ちを逆に利用した、面白い描き方だと思いました。

 

三国志ライター センのひとりごと

三国志ライター セン

 

三国志では正に天下無双とも言うべき武将の一人、呂布。彼の生まれは謎が多く、いまだに丁原に仕えるまではどうやって生きてきたのかは分かりません。だからこそ三国志演義では大幅に改良され、三国志とはまた違う方向にキャラクター性を持たせられたのでしょう。

 

しかしその影響のためか丁原が義の人みたいに描かれて呂布が裏切り者みたいになってしまったのは、何だかちょっと可哀想と思います。序盤の武将でもある呂布ですが、もっと色んな面から見ていきたいと思わせる武将ですね。。

 

参考文献:魏書呂布伝

後漢書霊帝紀 董卓伝 公孫瓚伝

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【皇帝から手紙を受け取る呂布】呂布は朝廷に従順な姿勢を見せていた!?

関連記事:本当は好きなんでしょ?一騎当千の最低男、呂布の最強伝説

 

【天下無双の豪傑・呂布の放浪記】
呂布

 

 

関連記事

  1. 盧植と何進
  2. 勘違いで殺めてしまう曹操
  3. 玄宗皇帝
  4. 周倉と裴元紹
  5. デレデレ張飛

    はじめての変

    あの張飛がデレデレ?張飛が愛した愛馬

    桃園三兄弟の劉備(りゅうび)には的盧(てき…

  6. 仲の悪かった張春華と司馬懿

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“古代オリンピック"

“近代オリンピック"

“いだてん"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

三国志って何?




PAGE TOP