桶狭間の戦いで織田信長が今川義元に勝利できたわけと4つの謎


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

織田信長

 

教科書にも出てくる「桶狭間(おけはざま)の戦い」。よく「すごい、すごい」といわれますが、何がどう「すごい」のでしょうか。兵力にあまりにも差があったから?織田信長(おだ のぶなが
)
が弱小大名だと思われていたから?

 

人の心が分からない織田信長

 

あんまりいわれても。。。全くジャンルは違いますが、「ピカソの絵はすごい」というようなことをいわれている気分ですよね。なので、今回は「織田信長って誰?」というような方でも楽しんでもらえるような、桶狭間のお話をしていきます。そして、歴史ファンの方が読んでも楽しめるような、少し濃いめのエピソードもちりばめていきます。


桶狭間の戦いの4つの謎

若き頃の織田信長に敗れる今川義元

 

桶狭間(おけはざま)の戦い」は永禄(えいろく)3年(1560年)、織田信長と今川義元(いまがわよしもと)との戦です。時代としては、戦国時代の初期~中期頃。今(2020年)からざっと500年近く前のことなので、記録はそれほど残っておりません。

 

経済政策が得意な織田信長

 

ですので、分からないことも多くあります。信長は、ここで勝ったことをきっかけに、天下統一へと動き出したという、歴史上とても重要な戦いです。また、圧倒的不利だった織田軍が勝利したということで、歴史上とても珍しい戦いの1つともなっています。そう、それが最初にして最大の謎です。


謎1:なぜ信長は圧倒的不利な状況で勝てたのか?

馬に乗って戦う若き織田信長

 

「なぜ、信長は圧倒的不利な状況で勝利することができたのか?」

 

当時の両軍の軍勢は、織田軍3千に対して、今川軍2万5千といわれています。これにはいろいろな説があるのですが、織田軍が圧倒的に兵力で劣っていたというのは間違いないようです。さらに、ここで謎が深まります。


謎2:信長がどのように勝利したのか?

麒麟にまたがる織田信長

 

「どうやって信長は勝ったのか?」

どのようにして勝利したのか。これも大きな謎です。

同年小録(書物・書類)

 

「奇襲によって勝利した」というのが教科書にも書いてある有名なストーリーです。しかし、最近ではそうでもなかったという研究もみかけられるようになってきました。実際のところはどうだったのでしょうか。後ほど検証していきます。

 

さらに、ここで新たな疑問も生まれます。


謎3:信長はなぜ籠城せずに撃って出たのか?

天下布武を唱える織田信長

 

「なぜ信長は城で守りを固めずに、撃って出たのか?」

 

織田軍は、城や砦での攻防ではなく、野戦(やせん)といわれる戦闘をして勝利しました。一般的には、兵力差が開いている状況では、籠城(ろうじょう)という城にこもって守りを固めるというのがいいとされています。しかし、信長は逆に城から出て、今川軍に攻撃をしかけることによって勝利しました。どうしてこんな戦術をとったのでしょうか?

 

軍議(日本史)モブb

 

実際、家臣たちは籠城の意見が多かったと記録に残っています。それを、押し切ってこの作戦を実行しています。信長を決断させたポイントは、一体なんだったのでしょうか?このあたりも後で考えていきます。また、その攻撃によって織田軍は今川軍の総大将『今川義元』を討ち取っています。ここも少し不思議です。

【次のページに続きます】

次のページへ >

1

2 3>

関連記事

  1. 黒田官兵衛
  2. 燃える本能寺
  3. 合戦シーン(戦国時代の戦)
  4. 豊臣秀吉 戦国時代
  5. 織田信長

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP