馬超の功績は後から判明した?蜀に所属してからの行動が謎の馬超

はじめての三国志_ページネーション

こちらは2ページ目になります。1ページ目から読む場合は、以下の緑ボタンからお願いします。

馬超の功績は後から判明(1P目)


羌の立場

処刑を下す曹操

 

ここで羌についてもう少しだけご説明を。この時代、馬騰が殺され、馬超たちも国から離れたこともあってか羌族は魏と手を組んだり、蜀と手を組んだりしていたようです。

魏志(魏書)_書類

 

実際に郭淮伝(かくわいでん)を見てみると、ここでは「郭淮(かくわい)が羌を帰順させた」というように記述されたりしています。なので実は馬超がいたからと言って完全に蜀の味方、という訳ではなかったみたいですね。

 

蜀 武運を誇る馬超

 

そう考えると馬超がいたから味方をしてくれた、馬超の功績……とは言いにくいかもしれませんが、説得や交渉のアイテムとして馬超の存在があったことを個人的には期待したいですね。筆者はそういった異民族との繋がりこそ馬超の蜀への大きな功績だと思っています。


馬超のイメージである「馬」

蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超

 

さて馬超のイメージとして馬術が上手い、というものがある気がします。これは実はそこまで外れたイメージではありません。羌族は元々遊牧民であり、馬の扱いには長けていたようです。

 

馬超と羊

 

また西涼の方は土地が広く、開けている牧草地帯ということもあって良い馬が育てやすいこともあり、そういった面から馬超は良く馬に親しんでいたと思われます。これらから馬超が騎兵のイメージが付いたのではないでしょうか。


実は馬超よりも・・・?

陶謙

 

最後に少し小話を。蜀、というか劉備陣営に孫乾(そんけん
)
という人物がいます。彼は元々は陶謙(とうけん)に仕えていましたが、劉備の元に移籍してからは袁紹(えんしょう)と交渉したり、関羽(かんう)を励まして千里行(せんりこう)を遂げさせたり、主に外交官として働いていた「武官(ぶかん
)
」です。

 

五虎大将軍の黄忠

 

彼は位的には全軍第四位であり、実は馬超(と黄忠(こうちゅう))よりも上の人物なのです。数々の外交功績を残した彼は治める土地すらなかった劉備(りゅうび)を良く助けた存在でもあるのですが、三国志演義などを見ていて「あれ?」と思った人もいるでしょう、彼は入蜀後、急に出番がなくなります。

蜀志(蜀書)_書類

 

なんと孫乾は入蜀後に病死したこともあって、そこで歴史から姿を消してしまうからなのです。そんな孫乾ですが実は馬超よりも位が上……ということもあって、最後に紹介させて頂きました。


三国志ライター センのひとりごと

三国志ライター セン

 

馬超の功績は振り返ってみると中々に難しいものがあります。北伐のことを踏まえるといるだけで助かった人物かもしれません。しかし馬超がそれだけの立場に甘んじれたかどうかは、分かりません。そう思うと悲哀も含んだ武将ですね、馬超は。

 

参考文献:蜀書馬超伝 ボウヨウ伝 諸葛亮伝 郭淮伝

参考記事:羌 wikipedia

 

関連記事:馬超は孔明と一緒に戦った事はあるの?

関連記事:馬超のせいで劉備は漢中王に即位したって本当?

関連記事:あの関羽が馬超を殺そうとした?まさかの殺人未遂?

 

【曹操を二度追い詰めた錦馬超を徹底考察】
馬超特集

 

 

< 1

2

関連記事

  1. 怒る孔明
  2. 孫権と劉備(甘露寺 十字紋石)

    デザイン担当:よりぶりん

    甘露寺の十字紋石|劉備の石占い

    209年、孫権の妹と劉備の婚礼が行われました。これは、…

  3. 商鞅(しょうおう)
  4. 後継者を決めた劉表
  5. 赤壁の戦いで敗北する曹操
  6. 陳羣 九品官人法の書物

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP