孫乾とはどんな人?劉備を群雄に売り込んだスーパーセールスマンの生涯

2022年1月3日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

孫乾

 

孫乾(そんけん)は字を公祐(こうゆう)と言い、青州北海(せいしゅうほっかい)の人です。劉備が徐州牧(じょしゅうぼく)になると辟召(へきしょう)されて従事(じゅうじ)となり後に外交交渉に活躍しました。

 

劉備に付き従う孫乾

 

古くから劉備に仕えた孫乾ですが、あまり知名度はありません。そこで今回は(えん)の下の力持ち孫乾について解説します。

 

 

劉備を群雄に高く売り込んだ孫乾

靖王劉勝の子孫と勝手に名乗る劉備

 

劉備が徐州牧になった時に、部下になった孫乾ですが彼の才能は劉備を他の群雄に高く売り込む事でした。例えば劉備は呂布に徐州を奪われた後に曹操を頼りますが、曹操暗殺計画に加担した事で曹操に叛く決意をし徐州刺史の車冑(しゃちょう)を殺して下邳に入ります。その時、劉備は孫乾を袁紹の下に向かわせて同盟を結び、共に曹操を攻撃する盟約を結びます。

 

後継者を決めた劉表

 

さらに劉備は官渡の戦いで袁紹が敗れると、再び孫乾を荊州の劉表の下に麋竺(びじく)と共に遣わし劉備を荊州の新野に迎える事に成功しています。これだけ書くと何でもないように見えますが考えてみて下さい。劉備は大金持ちでもなければ大学者でもありません。曹操の伝手(つて)で左将軍の官位は受けていましたが、それも献帝を握る曹操に敵対してしまえば使いようがありません。

 

食客に成り下がる劉備

 

反曹操を決断した時点で他の群雄にとって劉備は、曹操に何度も敗北した一傭兵隊長に過ぎないのです。こんなセールスポイントのない劉備を孫乾は袁紹や劉表の下っ()扱いではなく客将として受け入れさせ劉表の時には新野城を任される好待遇を得ています。

 

関連記事:馬超の功績は後から判明した?蜀に所属してからの行動が謎の馬超

関連記事:麋竺と孫乾がいなければ劉備は野垂れ死にした可能性大

 

ながら三国志

 

 

 

実は鄭玄の弟子だった孫乾

実は使者として超絶優秀だった孫乾

 

実は孫乾ただものではありませんでした。孫乾は大儒学者鄭玄(ていげん)の弟子であり、徐州へ推挙されたのも師匠の鄭玄が孫乾を推してくれたからです。

 

生徒に勉強を教える盧植

 

鄭玄は孫乾と同じ青州北海郡の出身であり、若い頃に盧植(ろしょく)の紹介で当時一流の儒学者だった馬融(ばゆう)の塾で留学。馬融の弟子は400名もいて、また馬融も驕り高ぶった性格で無名の鄭玄は馬融に直接に教えを受ける事も出来ません。

 

三国志大学

 

しかし、鄭玄は腐らず学問を積んで馬融と面会が叶った時には馬融の質問によく答え感心されたそうです。鄭玄は40歳頃に故郷に帰りますが、馬融はそれを非常に惜しんだと言われています。

 

郷里に帰った鄭玄は弟子を取って塾を開きますが、家が貧しく塾を維持する為に、東萊(とうらい)で耕作していましたが、鄭玄が畑に向かうと数百から数千の弟子が同行。学生と協同生活し研究と農作業をしていました。

 

十常侍(宦官)

 

しかし鄭玄の壮年期は党錮(とうこ)の禁で儒学者は弾圧された時代でした。ようやく党錮が解けた時、鄭玄は六十歳を過ぎており、何進(かしん)袁隗(えんかい)董卓(とうたく)も召集しようとしますが誘いを断り、在野で郗慮(ちりょ)王基(おうき)崔琰(さいたん)のような弟子を育てます。

 

三国志大学で勉強する劉備

 

また若い頃の劉備も鄭玄の教えを受けていて面識がありました。鄭玄も恐らく教え子の劉備が徐州牧になった事を喜び、孫乾を部下にやったと考えられます。孫乾は鄭玄が自信を持って推挙した弟子であり有能は当たり前でした。

 

関連記事:劉備の傭兵時代に付き従った部下をご紹介します

関連記事:張飛と龐統の関係性が面白い!アル中がアル中に説教!?

 

激動の時代を生きた先人たちから学ぶ『ビジネス三国志

ビジネス三国志

 

劉表にも一目置かれた孫乾

朝まで三国志 劉表

 

孫乾は劉備のみならず劉表にも高く評価されていました。

 

袁尚と対立する袁譚

 

劉表は袁紹の死後に袁譚(えんたん)袁尚(えんしょう)が骨肉の争いをしているのを哀れみ袁尚に書を送り「私は毎日、劉左将軍や孫公祐(そんこうゆう)と共に、この事を心配し骨身に染みるように心が痛み、嘆かない時はない」というような事を書いています。

 

優秀なのに地味すぎる孫乾 +劉備

 

ここで分かるのは、劉表は劉備のみならず傍らに孫乾をおいて劉表と会見していたという事であり、諸葛亮が来る前は軍師ポジションに孫乾がいたとも言えるでしょう。

 

関連記事:徐庶はどこに消えた?影が薄い天才軍師を紹介

関連記事:劉琦が劉備と諸葛亮に利用されていた理由とは?

 

if三国志

 

 

益州攻略後、労苦に報いた劉備

漢中王になる劉備

 

孫乾はその後も劉備に仕え、西暦214年に劉備が益州を平定すると孫乾は従事中郎(じゅうじちゅうろう))から秉忠(へいちゅう)将軍に昇進します。劉備の孫乾に対する厚遇はスポンサーの麋竺に次ぎ、一番古い仲間である簡雍と同等でした。それからしばらくして孫乾は亡くなったという事です。

 

テレビを視聴するkawauso編集長 ver.2

 

もう少し寿命があれば劉備が漢中王に即位し、さらに皇帝に即位する様子を見る事が出来たでしょうし、官位も上がり丞相にもなれたかも知れません。しかし、それも孫乾らしいと言えば孫乾らしいですね。

 

関連記事:劉備の旗揚げからずっと一緒、簡雍の存在を考察します!

関連記事:蜀建国以前に劉備に仕えた歴代の軍師・参謀役を徹底紹介!

 

はじめての三国志Youtubeチャンネル

 

 

孫乾なくして皇帝劉備は無かった

夷陵の戦いで負ける劉備

 

もし、孫乾がいなければ、劉備が没落するたびに群雄を渡り歩き、赤壁まで生き残っていたかは怪しいと言えるでしょう。具体的に孫乾が劉備をどう売り込んだのかは不明ですが、並大抵の事では曹操を敵に回すリスクを群雄が受け入れたとは思えません。そこを突破できた孫乾は、関羽や張飛、諸葛亮に匹敵する良い仕事をした名将と呼べます。

 

関連記事:糜竺とはどんな人?すべてを捨てて劉備に付き従った忠義者

関連記事:関羽はどのようにして曹操の元から離れたの?

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

今回は劉備に仕えた孫乾について解説してみました。孫乾は武将タイプではなく孔明のように策略が使えるわけでもありません。しかし、劉備が転がり込む寝床と食い扶持(ぶち)を用意する才能においては、孫乾の右に出るものはいなかったのです。

 

関連記事:鄒靖とはどんな人?黄巾の乱時に劉備を起用した大恩人の生涯を解説

関連記事:劉さんぽ!中国大陸を歩き続けた劉備の足取り

 

蜀のマイナー武将列伝

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso

kawauso

台湾より南、フィリピンよりは北の南の島出身、「はじめての三国志」の創業メンバーで古すぎる株。もう、葉っぱがボロボロなので抜く事は困難。本当は三国志より幕末が好きというのは公然のヒミツ。三国志は正史から入ったので、実は演義を書く方がずっと神経を使う天邪鬼。

-はじめての蜀
-