キングダム653話ネタバレ予測「いつ終わる?什虎攻め」

2020年9月9日


 

内容に納得がいかないkawauso様

 

大人気春秋戦国時代漫画キングダム、現在は什虎攻めの真っ最中ですが11名の将軍が入り乱れる大乱戦です。しかし、什虎(じゅうこ)攻めは秦にとってはメインではありません。本来、秦は魏の領土を通って邯鄲の背後に回り込みたいだけなのです。

 

そのため、適当な所で終りそうですが、それはいつなのでしょうか?

 

次回キングダム653話 本ネタバレ⇛⇛:「共闘せよ!」レビュー考察

 

 

キングダム653話ネタバレ予測「什虎攻めの期間はおよそ半年」

 

現在のキングダム時間は紀元前235年の前半くらいだと推測されます。そして、桓騎(かんき)扈輒(こちょう)を討ち取るのが紀元前234年です。邯鄲を攻めるには、太行山脈を越え番吾(ばんご)を通過して上から行く方法もありますが、この部分については、李牧が郭開(かくかい)に兵力で固めておくようにアドバイスしています。

 

キングダム長城(map自作)

 

その為、桓騎は北上ではなく南下して黄河を渡り、魏の領地を迂回して邯鄲の背後に回り込むのではないでしょうか?

だとすると、什虎攻めの時間的なアレは凡そ半年と考えられ、月知平原でドンパチやり、そこから什虎の将軍が何名か籠城し呉鳳明がドーン!で終わりです。

 

キングダム653話ネタバレ予測「趙は魏の裏切りに気づかないか?」

李牧

 

しかし気になる点があります。

 

すでに、呉鳳明(ごほうめい)が秦についた事が楚に知られている以上、趙も魏の裏切りを察知するでしょう。そうなると趙は魏の防衛ラインにも兵力を裂いて警戒にあたるかも知れません。

 

この場合、趙は秦が魏の領地を迂回して邯鄲の背後に回り込む考えでは?と気づき、予め邯鄲の防衛を厚くして背後からの奇襲に備えるのではないか?という点です。ただ、趙も秦の攻撃を防ぐのが精一杯で、それに気づいても阻止する術がないという設定も考えられなくはないので、一応保留です。

 

キングダムネタバレ考察

 

キングダム653話ネタバレ予測「李信は什虎に来ない?」

 

キングダム予想の中には、什虎攻めに蒙恬(もうてん)李信(りしん)の出陣を期待している人もいます。確かに主人公の李信が登場した方が盛り上がるでしょうが、あっちにもこっちにも李信というのは、他の秦の将軍が弱く見えるので、あまり効果的とは思えません。

 

朱海平原の戦いでも李信はフル稼働でしたが、余りに動きすぎて王翦や李牧の動きが鈍くなってしまいました。今回はメインの戦場でもなく、また、邯鄲の戦場は趙に押されている状態なので飛信隊がそこを抜けてくるというのにも違和感があります。

 

飛信隊の信と羌瘣はラブラブ

 

もう一つは、こうして什虎を落として、さらに魏領を迂回して邯鄲を李信に攻めさせると、あまりの激務で、また心臓が止まりあの世に行くかも知れません(笑)

 

羌瘣に激しい負担を掛けない為にも、今回の李信は邯鄲攻略に専念した方がいいです。

 

キングダム653話ネタバレ予測「籠城戦はないかも?」

長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)

 

現在、什虎攻めでは何となく籠城戦がありそうな感じですが、もしかすると籠城戦自体が無いかも知れません。

 

というのも、前回、寿胡(じゅこおう)

「我ら4人がいる限り、什虎は落ちぬ」というセリフを発していたからです。

 

これは、什虎攻めの場合、最大の難関は城ではなく、満羽、千斗雲、玄右、寿胡王の4名であり、この4名を討ち取ると案外すんなりと城は落ちるのかも知れません。

【次のページに続きます】

 

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso

kawauso

台湾より南、フィリピンよりは北の南の島出身、「はじめての三国志」の創業メンバーで古すぎる株。もう、葉っぱがボロボロなので抜く事は困難。本当は三国志より幕末が好きというのは公然のヒミツ。三国志は正史から入ったので、実は演義を書く方がずっと神経を使う天邪鬼。

-キングダムのネタバレ考察
-