南蛮貿易って何?一番儲かったのは誰なの?

はじめての三国志_ページネーション

こちらは3ページ目になります。1ページ目から読む場合は、以下の緑ボタンからお願いします。

南蛮貿易って何?(1P目)




イエズス会が長崎を自治

 

純忠は、ポルトガルの要請により、長崎を教会領としてイエズス会に寄進します。ここから、長崎は教会が自治を行う特殊な都市になっていきます。長崎では、強力な自主警護・防衛が行われるようになり、直轄地にしようともくろんだ大村氏は失敗。

 

長崎では、諸藩がポルトガルと貿易が行えるようになりました。このころ遅れてスペインも貿易を開始しています。また、日本の京都・堺・博多などの商人も多く参加しました。そして、南蛮貿易では、品物だけでなく医学、天文学、音楽、美術なども伝えられ、日本に大きな影響を与えています。




信長・秀吉・家康の対応

火縄銃を気に入る織田信長

 

信長は基本的に南蛮貿易を推奨しました。特にお膝元の堺の商人たちに独占的な特権を与え、また彼らから利益を吸い上げる構造を作ります。

 

金の亡者の豊臣秀吉

 

秀吉は貿易の利益を望みつつも、キリスト教に対してはバテレン追放令を発布します。その後、あのイエズス会が自治していた「長崎」を、武力で直轄領に組み込みます。

 

徳川家康

 

それを継承した家康も直轄領とし、キリスト教は禁止しました。が、家康は秀吉により悪化していたヨーロッパとの関係を改善しようと考えます。キリスト教と切り離して、貿易だけを行えるように朱印状を発行し、「朱印船貿易」を開始します。

 

が、それも家康の死後、島原の乱などに危機感を抱いた江戸幕府により、日本は鎖国へと突き進みます。これにより南蛮貿易と、その派生型だった「朱印船貿易」も、歴史に幕を閉じます。




南蛮貿易で1番儲かったのは?

スキッパーキ(はてな)

 

さて、タイトルにもあった「南蛮貿易で最も利益を上げたのは誰」でしょうか?

 

1番は、もちろんポルトガル商人たちですね。次に、中国の商人たちも大いに儲けました。最後に、日本人の商人たちとなりますが、その中で最も稼いだのは、博多商人の末次平蔵と言われています。また、信長の庇護を受けた堺の商人たち、特に今井宋久も多くの利益を得たと伝わっています。

 

戦国ライターしばがきの独り言

sibagaki(ライターしばがき)

 

戦国時代と切っても切り離せない南蛮貿易。様々な思惑が錯綜して、一言では説明のできない非常に複雑なものになっています。あまりにもややこしいので、歴史の授業では、さらっと解説されるだけです。その為に他の貿易とごっちゃになってしまいますよね。

 

受験生たちが今回のコラムを読んだら、少しは忘れにくくなるかも!?

そんなことを期待して。。。またお会いしましょう!

 

関連記事:織田信長が日本に与えた影響とは?南蛮から取り入れた文化や後世への影響

関連記事:織田信長は南蛮貿易からいろんなものを仕入れていた!?

関連記事:明智光秀はキリスト教嫌いだった?南蛮文化が流行していた織田家の関係も?

 

【聴きだしたらもう止まらない音声コンテンツ】
ながら日本史

 




< 1 2

3

関連記事

  1. 小早川秀秋
  2. 戦国時代の合戦シーン(兵士モブ用)
  3. 斎藤道三
  4. 日本戦国時代の鎧(武士・兵士)
  5. お茶を楽しむ明智光秀

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志ご要望の進捗状況"

“楚漢戦争

“荀彧

“3冊同時発売"

“魏延

“馬超

“官渡の戦い"

“馬謖"

“郭嘉

“if三国志

“三国志人物事典

まるっと世界史




PAGE TOP