【新解釈・三國志】董卓はどうして殺されるほど憎まれたの?




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

董卓(君主論)

 

12月11日に公開された『新解釈・三國志』その大胆な三国志の解釈のし直しに加えて、大泉洋や小栗旬、ムロツヨシ、橋本環奈、佐藤二朗のような豪華キャストが出演する事で話題を呼んでいます。

 

李儒と三国志(はてな)

 

しかし、長い三国志の物語を2時間の尺に収めると、三国志初心者には分からない点が出るのも仕方がないところ、そこで今回は、董卓はどうして殺されるほど憎まれたのか?

 

この点について分かりやすく解説します。




董卓が殺される程憎まれた理由はズバリ!

ヘソにろうそくを刺される董卓

 

董卓が殺される程憎まれた理由は、

 

1.皇帝を勝手にクビにしおまけに殺害した事。

2.新しい皇帝を勝手に即位させた事。

3.歴代皇帝の墓をあばいて財宝を盗んだ事。

4.洛陽の都に火を放って焼いた事

炎上する城a(モブ)

 

この4つの理由が決定的で、後は

 

5.宮殿に押し込んで皇帝の宮女を無理やりウヒョした。

6.罪のない人々を気分で殺害した。

 

この6つくらいが主な理由です。

 

6つの理由を聞くと、董卓は殺害されてもしようがない悪党だと思いますよね?

以後は、董卓がどうして嫌われたかについて話を深掘りしてみます。

 

関連記事:孫堅が洛陽で拾った玉璽の話は呉による捏造だった!?

関連記事:謎に満ちていた司馬懿の洛陽ライフを解説!洛陽でどんな生活を送っていた?

 




優先順位が変じゃない?

袁家をイジメる董卓

 

さて、董卓が殺されるほど憎まれた理由について①~⑥まで挙げてみましたが、

「ちょっと優先順位がおかしくないか?」と思った人はいませんか?

 

①~④よりも、⑤と⑥の方が社会的に深刻な被害が出ているという事ですよね?

でも、現在と違い身分制社会である三国志の時代は、どうしても社会の頂点に立つ皇帝についての事が最優先されてしまうのです。

三国志のモブ 反乱

 

何十万の民衆を殺したとしても、その同じ人物が皇帝に忠義を尽くしたとなると、皇帝に忠義を尽くした点が評価され、大虐殺についてはかすんでしまいます。これは善悪ではなく、当時は、そういう社会であったと覚えておくしかないです。

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

まだ漢王朝で消耗しているの

 

董卓に皇帝をどうこうする権限はなかった

董卓に強引に連れられる献帝

 

皇帝の地位について、何とかする権限があるのは皇帝本人か、その身内だけです。また、後漢の皇帝は途中で引退し、次の皇帝にバトンタッチという事がないので政変がない限り、普通は死ぬまで皇帝の地位にあります。

 

しかし、董卓は皇帝の身内でもなんでもない臣下の身分なのに、

司馬朗と董卓

 

「なんか、今の皇帝無能でむかつくんだよねー、変えちゃおっか別の人に」

 

こんなノリで周囲の反対を押し切ってクビにして弘農王に格下げしてしまいます。難しい言葉では「廃位(はいい)」と言いますが、つまりはクビにする事です。さらに、これまた皇帝の身内と相談する事無く、前の皇帝の腹違いの弟を新しい皇帝にすると宣言し、反対を押し切って実行しました。

 

橋瑁が決起文を送り反董卓連合軍結成

 

皇帝をクビにする権限もない董卓に、新しい皇帝を即位させる権限もありません。そして、董卓は自分に反抗的な曹操(そうそう)袁紹(えんしょう)劉備(りゅうび)のような人々が反董卓連合軍を起こすと、弘農王(こうのうおう )に格下げした前の皇帝を自殺させました。

 

小帝(少帝劉弁)と董卓

 

皇帝をクビにする権限も皇帝を即位させる権限もない董卓に、もちろん皇帝に自殺を強要する権限もありません。このような董卓のルール無視は、多くの人々の怒りを買い、董卓を殺害しないと漢王朝が大変な事になるという危機意識を抱かせたのです。

 

関連記事:董卓の魅力的な部分は一体いくつあるのか数えるよ!

関連記事:董卓が築城した要塞が絶対防御すぎてヤバイ!郿城(びじょう)とは何?

 

家柄の低い董卓へのやっかみもある

董卓

 

董卓が殺される程に憎まれた理由には、董卓自身の家柄の低さがあります。洛陽(らくよう)に入城した董卓の地位は、并州牧(へいしゅうぼく)であり、現在で言えば県知事クラスでしかありません。地方ではトップかもしれませんが、中央では特に影響力もない地位なのです。

 

そんな地位の低い董卓が、皇帝を保護して軍事力を背景に色々改革を始めるのですから、董卓よりも高い地位を持っているのに無視される人々は面白かろうはずもありません。

 

袁紹と献帝と董卓

 

特に、四世三公として、先祖代々漢王朝で高い地位に就き続けている袁紹(えんしょう)袁術(えんじゅつ)のようなエリートは董卓に反発し、洛陽の都を出ていきました。

袁紹と袁術は仲が悪い

 

袁紹や袁術からしてみると、ゆくゆくは俺達が政治をリードしていくはずなのに、横から出てきてかっさらいやがって…と不満だったのです。

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 新解釈・三國志 貂蝉が挑発的に踊る
  2. 四輪車に乗る孔明
  3. 新解釈・三國志 門番する不真面目な黄巾賊
  4. 水魚の交わりと説明する劉備
  5. 新解釈・三國志 ネバギバと煽る孔明

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP