関羽がそろばんの発明者というのはウソ?伝承の背景を考察してみた




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

そろばんを叩く関羽

 

民間伝承によるとそろばんを発明したのは関羽(かんう)であると言われています。しかし、実際は関羽が生まれる以前からそろばんの原型になるものが使用されていたことから、この伝承は後世にできた作り話である可能性が高いです。

 

そろばんを打つ関羽

 

ただ、火のないところに煙は立たないということで、なぜ関羽とそろばんが関係するようになったのかそろばんと関羽信仰の歴史を探りながら、民間伝承が生まれた理由を考察していきたいと思います。




中国最古の計算ツール

三国志大学で勉強する劉備

 

中国最古の計算ツールと言われているのが籌算(ちゅうさん)です。「籌」という字は数を数える際に使用する竹製の棒を指し、これを布や板の上に置いて計算をしていました。後年には鉄製や玉製の籌もできるなど進化をしていきます。

 

籌算を使った計算方法は紀元前の戦国時代初期には存在していたと言われていて、四則演算はもちろん、0の概念やマイナスの計算、分数にも対応するなど汎用性の高さから元代から明代頃までメジャーな計算ツールとして活用されました。

 

関連記事:みんな~!数学の時間だよ~!算木を使って問題を解いてみよう

関連記事:三国時代では数学が出来ないと下級役人にもなれない?算籌を徹底紹介!




珠を使った計算ツールの誕生

春秋左氏伝を読む関羽

 

後漢時代の数学者・徐岳(じょがく)編纂(へんさん)し、北周時代の甄鸞(しんらん)が注釈を加えた書物「数術記遺(すうじゅつきい)」によると紀元前にはすでに14種類もの計算ツールがあったとされています。その中の一つに游珠算板(ゆうしゅざんばん)というものがあり、これは板の中に均等に溝を彫り、そこに珠を出し入れすることで計算をするというツールです。

 

比較的現在のそろばんとも近いものと言えるでしょう。他にも前述した籌算の籌を珠に変えて計算するなど、珠を用いた計算方法は古くから存在していました。なぜこれだけ複数の計算方法があったのかというと、ツールごとに計算できる桁数や持ち運びのしやすさが異なることから状況によって使い分けられていたようです。

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

まだ漢王朝で消耗しているの

 

関連記事:趙達とはどんな人?数学知識を駆使して未来を予言した男

関連記事:三国志の時代の数学を体験してみよう!なんと円周率はおよそ3ではなかった!?

 

そろばんは唐代にできた

西遊記はどうやって誕生したの

 

私たちに馴染みのあるそろばんができたのは唐代頃と考えられています。なぜなら唐代はかつてないほど商業が発展した時代であり、これまでの計算ツールでは不十分になったためです。

 

他にも北宋(ほくそう)時代の開封(かいほう)の様子を記した清明上河図(せいめいじょうがず)には、現代のそろばんに近いものが描かれているので、そろばんは唐代から北宋時代の間には存在していたと言えます。

 

宋代以降はそろばんがメジャーなツールとして広く利用されるようになり、南宋時代から元代へと時代が下るにつれて籌算は廃れていきました。ただ、完全になくなったわけではなく明代頃まで便利なツールとして利用されています。

 

関連記事:漢唐訓詁学なんてのがあるけど、漢と唐って似てた?それとも全然違った?

関連記事:李靖(りせい)とはどんな人?曹操と孔明の二人から学んだ初唐の名将

 

そろばんは富の象徴

宋銭 お金と紙幣

 

中国では古くからそろばんは富の象徴として考えられてきました。これは富を築いた商人が持っていることや、お金を計算する時に使用するものであることなどが理由ではないかと思われます。

 

近代では金色や鉄製のそろばんは「(そろばんを使っても)計算できないだけの富」という比喩となっていますし、支出を減らすことで新婚生活が安定するという意味で、女性の嫁入り道具の一つに数えられるようになっています。また、実用品としてではなく贈り物や金運上昇のアイテムとして家に飾れるようなデザイン性の高いオブジェクトも作られるなど、便利なツールから象徴的な物へとイメージが変化していきました。

 

関連記事:【三国志とお金】曹洪のサイドビジネス三国時代の金融業はアコギだった

関連記事:【三国志とお金】公共事業にたかる豪族勢力

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 祝融
  2. 蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超
  3. 蜀の魏延
  4. 孫権に激怒する関羽

    はじめての蜀

    106話:関羽 傲慢すぎて魏と呉の秘密同盟のきっかけに

    西暦219年、劉備(りゅうび)は魏王を名乗った曹操(そ…

  5. 腐れ儒者気質な孔融
  6. 朝まで三国志 劉備

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP