関羽がそろばんの発明者というのはウソ?伝承の背景を考察してみた

はじめての三国志_ページネーション

こちらは2ページ目になります。1ページ目から読む場合は、以下の緑ボタンからお願いします。

そろばんの発明者(1P目)




関羽と財神

関羽の青銅像

 

関羽がそろばんの発明者というのは民間伝承で語られているだけで、書物などに記述があるわけではなく、いつ頃から広まった話なのかはわかりません。

 

ただ、関羽とそろばんが結び付けられるようになったのは、少なくとも関羽が財神として信仰されるようになった後でしょう。関羽が財神として祀られるようになったのは北宋時代からという説があり、政府が国営だった塩の売買を民間に委託したことで、

 

関羽の故郷である解州(かいしゅう)を拠点とする山西省の商人たちは特に大きな富を得たと言います。質の良い塩を大量に精製するには風や太陽光など自然条件が不可欠ですが、天候不良でうまく塩が精製できない時期があったそうです。

 

その際に関羽がこの地の悪神を退治し、塩が採れるようになったという伝承が流行りました。こうした伝承もあってか、あるいは地元の英雄だからか山西商人たちは関羽を財神として祀るようになっていきます。

 

関連記事:塩こそ最大の税金、塩の帝国漢王朝

関連記事:三国時代の鉄の生産と専売制度はどうだったの?




財神とそろばん

長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)

 

お金持ちの商人たちは交易先で羽振りの良い生活をするわけですが、現地の人たちも商人に習って関羽を信仰するようになり、結果的に国内のみならず海外にまで広まっていきました。

 

おそらくその過程で、商人のマストアイテムであるそろばんと関羽信仰がセットで考えられるようになったのではないでしょうか。

 

また、そろばんの発明者という以外にも関羽は現代の商用簿記の基礎を作ったという伝承もあります。いずれの伝承も商人の文化と非常に密接に関わっているので、商人たちが財神として祀ったことが伝承の発生に関連している可能性は高いでしょう。

 

関連記事:なぜ関羽は祀られるようになったの?初期の関羽信仰から神様になった経緯

関連記事:塩の密売人というのは冤罪?関羽の密売人説を否定してみた




三国志ライターTKのひとりごと

TK(ライター)

 

関羽がそろばんの発明者となった経緯は、様々なパターンが考えられます。

 

例えば、財神として信仰を普及するために富の象徴であるそろばんを関羽に持たせたそろばんを売るために商人が伝承を作った関羽信仰とそろばんがセットになったことで民間の人たちが勘違いをしたなどです。

 

真相はわかりませんが、関羽は神格化されていく上で様々な後付設定が加えられていった人物でもあるので、そろばんもその一つだったと言えるでしょう。

 

関連記事:関羽が財神?軍神がどうして商売の神様になったのか調べてみよう

関連記事:関羽はお金の神様?風水における関羽像について

 

【赤兎馬はカバだった説に迫る】
赤兎馬はカバ

 




< 1

2

関連記事

  1. 廖化 四龍将
  2. 龐統

    デザイン担当:よりぶりん

    劉備入蜀の立役者、龐統の全戦歴

    伏竜(ふくりゅう)というあだ名で呼ばれた孔…

  3. 孟優(南蛮討伐)
  4. 郤正
  5. 李意其(りいき)
  6. 劉璋にアドバイスをする張松

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“二宮の変

“三国志データベース"

“三国志人物事典

3冊同時発売




PAGE TOP