架空の人物、関索という存在の面白さを語ります。




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

関羽と関索

 

関羽(かんう)の息子には実子でありながら何故か三国志演義では養子にされた関平(かんぺい)。実子で諸葛亮(しょかつりょう)にも期待されていたけれど早逝してしまった関興(かんこう)。そして架空の存在である関索(かんさく)がいます。

 

今回はこの関索について、ちょっと色々と考察しつつ、お話していきたいと思います。




関索という存在

関索

 

先にも言った通り、関平、関興とは違い、関索は実子、養子問題どころか実際には存在しないという架空の存在です。

 

水滸伝って何? 書類や本

 

関索は主に「花関索伝(かかんさくでん)」という物語に出てくる人物。この花関索伝はざっくりと言うと、関索という関羽の実子が南蛮征伐で蜀軍を助けて大活躍して各種美女たちを奥さんに向かえるモテモテさを見せつけた後に戦死します(とてもざっくり)。

 

では関索はあくまで花関索伝で出てくるだけで他には出てこないのか?

というとそうではないのが面白い所なのです。

 

関連記事:義兄弟・張苞と関興はどこまでが三国志演義の創作なの?

関連記事:謎多き登場人物、関索って何者?




三国志演義の関索

三国志演義_書類

 

実は三国志演義にも関索は登場してきます。しかしこの三国志演義の関索、というのが一言で説明するのがとても難しい。何故なら主に三国志演義の関索はいきなり諸葛亮の南蛮征伐時に出てきたと思うとそのままフェードアウトする存在だからです。

 

三国志平話

 

しかし三国志の元になったと言われる三国志平話(さんごくしへいわ)でも登場時にちょっと活躍したと思ったらその後は特に触れられない、と少しながら扱いが違うのです。これについても少しご説明しましょう。

 

三国志平話

 

 

三国志演義の改訂者

三国志演義の作家 羅貫中

 

私たちが良く見ている三国志演義というと、主に羅貫中(らかんちゅう)によって改訂された三国志演義です。

 

ただし三国志演義は他にも改訂者がおり、その一人に毛宗崗(もうそうこう)という人物がいます。こちらの三国志演義はかなり史実を重視しており、あまりにも荒唐無稽な話などは削られています。

 

このため史実とは異なり過ぎる関索の登場、活躍は大幅に削られ、関索という存在が関羽の息子という立場でありながら、良く分からない存在となってしまったのではないかと思われます。

 

関連記事:三国志演義の翻訳本比較してみた!どれを読めばいいの?

関連記事:【痛恨の極み】吉川英治さん、どうしてあの三国志の迷シーンを復活させちゃったの?

 

関索の存在

張良と劉邦が楚漢戦争のゲームをプレイ

 

さて現在に至り、ゲームや漫画ではその良く分からなかった関索の存在はどうなったかというと。色々なゲームや創作で、関索の存在は見かけることができます。

 

花関索伝で生まれ、三国志平話では少し受け入れられ、しかし三国志演義に至るまではいかなかった関索。どうして現代において関索は取り入れられるようになったのでしょうか?

 

関連記事:民話の中の三国志がカオスな件!関羽が作者羅漢中にブチ切れる

関連記事:羅貫中はケアレスミスをしていた?三国志時代の紙の価値

 

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 曹操
  2. 曹昂(曹昴)
  3. 董承
  4. しっかりと仕事をこなす華歆(華キン)
  5. 司馬懿仲達

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP