キングダム
官渡の戦い




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

謎多き登場人物、関索って何者?

関羽と関索

関羽 関索

 

三国志演義』には、関羽(かんう)の息子として、数名の人物が登場します。

 

有名なところで、父である関羽と共に荊州を守り、

共に戦死した関平(かんぺい)、父の死後、孔明による北伐にも参加した関興(かんこう)などが挙げられます。

 

その中でも謎とされている人物が関索(かんさく)です。

史実には一切記されていないという、この関索という人物は一体何者なのでしょうか?

 

 

 

突然登場する謎の登場人物

劉備読書

 

三国志』をはじめとする史書に関索の名前は一切記載されていません。

そのことから架空の人物であるとされる関索ですが、一方、『三国志演義』での描かれ方にも、不思議な点があります。

 

三国志演義』では実在した関羽の息子である関平(ただし『演義』では関羽の養子とされています)や関興が登場、活躍していますが、

関索の名は関羽が死に至るまで登場しません。

 

関索は孔明の南伐のエピソードの際に突然登場します。

関索は関羽の三男であるとされ、荊州で関羽が敗死した際、自身も大ケガを負って療養していたという生い立ちが語られています。

 

唐突に意味ありげに登場してきたこの関索なる人物、しかし、その後物語に大きく関わることはなく、気がついたときにはいつのまにか退場しているという始末。

関羽の息子ということなら、関平や関興が十分活躍しているので、わざわざ新たに架空の人物を登場させる意味はどこにもありません。

 

 

三国志演義』以外では有名な関索?

水滸伝

 

三国志演義』と並んで中国四大奇書(ちゅうごくよんだいきしょ)のひとつとされる小説『水滸伝』に登場する楊雄(ようゆう)という人物は作中で

『病関索(びょうかんさく)』=『顔色の悪い関索』とあだ名されています。

 

三国志演義』が成立した15世紀以前、武将や盗賊の呼び名として『厳関索(げんかんさく)』『小関索(しょうかんさく)』『朱関索(しゅかんさく)』といったあだ名が用いられていた記録があり、また、一部の地方には関索の名を冠した地名も残されています。

 

どうやらこの関索という人物、『三国志演義』が誕生する以前には相当有名で人気もあったようなのですが……。

 

関連記事:三国志と水滸伝の違い、あなたは説明できますか?

関連記事:【衝撃の事実】三国志演義はゴーストライターによって書かれた小説だった!?羅貫中じゃないの?

 

1967年に発見された『花関索伝』

東方 三国志

 

1967年、上海近郊の農地で明(みん)の時代の墳墓が発見されました。その副葬品の中には11冊の書物などが含まれていました。

その一冊が『花関索伝(かかんさくでん)』です。

 

『花関索伝』は関羽の血を引く青年が、恩義のある(関羽を含む)三人の人物の名から一字ずつ取って「花関索」と名乗り、

後に劉備の麾下として活躍するという物語です。

 

『三国志演義』には元になった『三国志平話(さんごくしへいわ)』という絵物語が存在していますが、

『花関索伝』はこの『三国志平話』と良く似た装丁・形式で作られており、『三国志平話』以降、それをマネて作られた読み物であると考えられています。

 

研究の結果、三国志演義に登場する関索は、この『花関索伝』に登場する花関索がベースとなっていることが判明しました。

 

 

まるで“メアリー・スー”な花関索

東方 お花畑

 

『花関索伝』は、主人公である花関索がすべての出来事の中心にあって、なんでも一人で解決してしまうという荒唐無稽な展開をその大きな特徴としています。

戦場ではほとんど花関索が一人で敵を倒してしまい、関羽や張飛ですら出番がありません。

 

孔明は劉備が死ぬと修行と称して勝手に姿を消してしまいます。ほとんど『あいつ一人でいいんじゃないか』状態です。

 

更に、『三国志演義』では関羽の配下として登場する周倉(しゅうそう)や蜀の重臣であるはずの糜竺(びじく)なども花関索の敵として登場し、

あげくの果てには妖怪変化まで登場するなど、とにかくハチャメチャな展開を見せる『花関索伝』。

 

どうしてこうなった……?

 

『三国志演義』が成立した明の時代、多くの三国志を題材とした通俗小説が出版されました。

それらは他作品との差別化を図る意味から他には登場しないキャラクターを登場させることが多くあったといいます。

 

花関索は地方に伝承されていた花関索の物語をベースに、物語の独自性を出すために作り上げられた“都合のいい”主人公だったと言えます。

 

現代の二次創作小説において、作者の都合の良い主人公として創作され、原典である物語の主導権を獲ってしまう

キャラクターを“メアリー・スー”と呼んだりしますが、花関索は正に中国版メアリー・スーと呼べる存在かもしれません。

 

関連記事:時空を超える関羽、琉球の民話に登場

関連記事:なんで関羽の顔は赤いの?京劇が関係している?

関連記事:命乞いでここまで堕ちるか?関羽に命乞いし全てを失った男・于禁

関連記事:三国志の二次小説が江戸時代に書かれていた

 

 

耳で聞いて覚える三國志

 

 

 

こちらの記事もよく読まれています

三国志平話

よく読まれてる記事:三国志平話って何?三国志演義の元ネタ

 

孔明 軍師

よく読まれてる記事:軍師ってどんな職業なの? <三国志豆知識>

 

桃園兄弟

よく読まれてる記事:『三国志』人気を数字から考えてみる

 

 

 

この記事を書いた人:石川克世

石川克世 三国志

ライター:

石川克世

自己紹介:

小太郎さん(スキッパーキ オス 2歳)の下僕。

主食はスコッチウイスキーとコーヒーとセブンイレブンの野菜スティック。

朝風呂が生きがいの小原庄助的ダメ人間。ヲヤジ。

好きな映画:

未来世紀ブラジル

パンズラビリンス

タルコフスキーのストーカー

座右の銘:

・事象に惑わされるな。ここがお前の現実だ(押井守)

・私に3分、時間をください(鈴木健二)

・これでいいのだ(バカボンのパパ)

 

関連記事

  1. 法正と劉備 【笑林】食文化の違いネタで呉の人のコンプレックスが分かる!
  2. 陸遜 徐盛の意見に陸遜はどうして賛成しなかったの?劉備を討ち取らなかっ…
  3. 盤古(ばんこ)とはどんな神様?最古の神のはずなのに新しい中国神話…
  4. 公孫サン(公孫瓚) 正史の公孫瓚は鬼畜外道?三国志最大のギャップ群雄
  5. 三国志時代の兵士の給料と戦死した場合、遺族はどうなってたの?
  6. 【三国志都市伝説】袁術は曹丕より先に禅譲を考えていた?
  7. 呉の小覇王・孫策 彗星のごとく駆け抜けた小覇王・孫策
  8. 曹操(後漢王朝)とローマ帝国 『三国志』の時代、世界の歴史はどんな感じだったの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. カムヤマト(日本神話)
  2. 劉禅
  3. 篤姫
  4. 篤姫

おすすめ記事

  1. 四書五経とはぶっちゃけ何?読んだら何になるの?
  2. キングダム541話 ネタバレ予想「藺相如側近 堯雲の実力は?」
  3. 袁尚(えんしょう)とはどんな人?兄と争ったせいで袁家をつぶしてしまった漢 袁尚と対立する袁譚
  4. 【まさにヤケクソ】最強の防御兵器はウ○チだった!?
  5. 蒙武(もうぶ)ってどんな人?親友、昌平君との戦いは回避不能!
  6. 【山月記】の中島敦は中国古典に違和感を持つフランス文学の人だった【李陵】

三國志雑学

  1. 空城も計 孔明
  2. 強くなる関羽
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 魏延の謀反を察する孫権
  2. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  3. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  4. 劉備、孫権、魯粛
  5. 魔のトリオ攻撃が劉備を追いつめる

おすすめ記事

高漸離(こうぜんり)が始皇帝に復讐を行う、荊軻の親友の始皇帝暗殺計画 西夏の旗の兵士 西夏王朝はどうやって誕生したの?反乱から建国までざっくり紹介 はじめての三国志 画像準備中 要離(ようり)とはどんな人?呉王・闔廬の為に身命をとした刺客 月刊はじめての三国志2017年10月号 (桃園出版 三国舎)の販売を開始しました 呂布を心配する張楊(ちょうよう) 張楊(ちょうよう)とはどんな人?呂布を助けようとした優しい人 年越しそばを食べる馬謖 月刊はじめての三国志2018年12月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました 曹操と機密保持 【孟徳新書】曹操の兵法書は敵の手に渡らなかったの? 小栗忠順にも弱点があった?策におぼれた小栗に訪れた結末とは?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP