関羽の魅力は劉備以上?敵国から異民族までをも魅了した男の実態

はじめての三国志_ページネーション

こちらは2ページ目になります。1ページ目から読む場合は、以下の緑ボタンからお願いします。

関羽の魅力(1P目)




為政者にとっての関羽の魅力

神様になった関羽(関帝廟ver1)

 

関羽は時代を経るごとに神格化されていきますが、民衆からの厚い信仰心に魅力を感じたのが中国の各王朝の歴代皇帝たちです。民衆から支持のあった関羽を祀ることで、戦勝祈願や民衆統治に活用していました。特にその中でも上手く関羽信仰を利用したのがヌルハチを始めとする女真族の為政者たち。

 

女真族は辮髪

 

女真族はもともとシャーマニズムという原始から存在する宗教を信仰していましたが、後金を建国したヌルハチは宗教改革を行って儒教や仏教、道教などを取り入れ、さらに関羽信仰も広めていきました。

 

京劇の関羽

 

三国志演義は女真族の間でも知られていましたし、漢民族と同様に関羽は忠義の士として敬愛されていたので、関羽信仰を基本とすることで漢民族との宗教的、文化的な軋轢を解消する目的があったと考えられます。さらにヌルハチは三国志演義に登場する関羽と顔の特徴が似ていたとされていて、関羽と自身を重ねていたという説もあります。

 

ヒゲが美しい関羽

 

二代皇帝のホンタイジや三代皇帝の摂政となったドルゴンらもヌルハチと関羽を同列として扱い、後にヌルハチは赤面の関羽と対比して「白面の関公」と呼ばれるようになりました。

 

関羽像を飾る現代人

 

いずれにしても関羽信仰は多民族を統治する上で有効だったということにほかなりません。

 

【関羽はなぜ神となったのか】
関帝廟

 

三国志ライターTKのひとりごと

TKさん(三国志ライター)

 

歴史を見れば死後に評価された人物は少なくありませんが、どちらかといえば芸術家や研究者に多く、自身の作品や研究結果などが後世まで残ったことが大きく関係しています。

 

三国志演義_書類

 

それに対して劉備の魅力とは当時の人には受け入れられても後世に残る類のものではありません。三国志演義や説話などの物語で主人公格として取り上げられたことが現代でも人気を博している理由でしょう。

 

赤兎馬を乗り回す関羽

 

しかし、関羽の場合は能力値の高さや忠義を貫いた生き方、非業の最期といった面が魅力となって民衆に受け入れられ、そこから発生した信仰もまた為政者にとって見逃せない新しい魅力となったのです。勝負する土俵が違うという意見もあると思いますが、筆者としては関羽の魅力は劉備のそれ以上であったと考えます。

 

関連記事:関羽の髭の長さは下っ腹に達していた?袋に入れてケアしてたって本当?

関連記事:関羽はどうして赤ら顔設定なの?赤ら顔になったストーリーと意味を紹介

関連記事:関羽は権謀術数に長けた謀略家?武力の強さは創作?

 

【義に生きた武人・関羽】
関羽

 




< 1

2

関連記事

  1. 馬超の仲間入り

    はじめての蜀

    96話:孔明の計略炸裂!馬超は劉備の軍門に下る

    馬超(ばちょう)との一騎打ちにケリを着けら…

  2. 劉禅
  3. 敵に囲まれる馬謖
  4. はじめてのプロ野球 関羽
  5. 劉備 ゆるキャラ

    デザイン担当:よりぶりん

    83話:劉備は荊州四郡をゲット!怒涛の快進撃

    周瑜を曹仁にけしかけて、魏と呉が激闘してい…

  6. 孟優(南蛮討伐)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“二宮の変

“三国志データベース"

“三国志人物事典

三国志って何?




PAGE TOP