海賊が建国したイギリスはどうやって生まれたの?英国の歴史(前編)




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

軍艦(明治時代)

 

過去には大英帝国として、世界の七つの海を支配したイギリス。日本と同じく島国であり、立憲君主国である事から明治維新(めいじいしん)前後の日本から多くの人々が渡英して西洋の新知識を吸収した国でもあります。

 

そんな馴染み深いイギリスですが、歴史というと部分部分しか知らない人も多いでしょう。今回のまるっと世界史は、海賊によって建国されたイギリスの歴史(前編)を解説します。




ブリトゥン人の時代

 

イギリスの中心であるブリテン島は氷河期には大陸と地続きであり、ネアンデルタール人など旧人が渡ってきて生活していた事が遺跡から分かっています。およそ1万年前には新人が大型獣を追ってブリテン島に渡り、約6000年前には海面が上昇してブリテン島は大陸から切り離され島になりました。

 

紀元前2200年から紀元前1300年前の時期に青銅器と農耕文化を持つビーカ人が登場。有名なストーンヘンジという巨石文化を残す事になります。

 

紀元前7世紀頃、大陸から鉄器文明を持つケルト人がブリテン島に上陸。鉄の普及で農耕は格段に向上し人口も増加していきますが、同時に部族間抗争も発生。島には奴隷制が広がり貧富の差が産まれました。

 

紀元前も末になると、古代ローマがブリテン島を支配下に組み込みブリタニアと呼称。紀元前55年にはローマの将軍であるカエサルがガリア遠征の足を延ばしブリタニアに出兵しますが、ブリトゥン人は戦車戦法で抵抗、征服を免れます。




ローマの属州時代

カエサルが新しいユリウス暦を見せびらかす

 

その後、ブリタニアは紀元前43年にローマ皇帝クラウディウスに征服されて再び属州となり、ローマ人の入植が本格化。西暦122年には五賢帝(ごけんてい)の1人、ハドリアヌス帝が長城を築き、ブリテン島北方のケルト系のピクト人に備えました。

 

ローマ属州時代のブリタニアでは、土木マニア、ローマ人の手により続々と都市が建設され、道路網が結ばれ公共浴場や円形競技場が建設され、ローマ文明の影響を受けます。また、この時代、州都ロンデニウムが建設されています。後のロンドンです。

 

しかし、ローマ人入植者は先住民から土地を強奪したので反乱は頻発し統治は不安定化。西暦60年にはイケーニー族の女王ボウディッカが反乱を起こし鎮圧されています。

 

ところが、ローマ帝国は、大陸でのゲルマン人の活動が活発になって弱体化、辺境のブリタニアを維持できなくなり、409年にブリタニア属州を放棄しました。

 

関連記事:カエサルの生涯が凄すぎる!古代ローマ版曹操【ドラゴンブレイド番外】

関連記事:クレオパトラって結局何をした人なの?謎多きエジプト最後の女王を解説

 

【5分見るだけで明日の雑談は完璧!最新意外な都市伝説】
ゆるい都市伝説 Youtubeチャンネル

 

イングランドとスコットランドの成立

漢帝国の宿敵で匈奴の名君(匈奴族)

 

3世紀頃、ローマの支配が弱くなると地元民のブリトゥン人が自立します。しかし、5世紀になると大陸からゲルマン人が大移動を開始し、その一派のアングロ=サクソン人がブリテン島に盛んに移住しました。

 

有名なアーサー王伝説はアングロ=サクソン人の侵入と戦ったブルトゥン人の英雄の物語です。

 

しかし、ブリトゥン人はアングロ=サクソン人に次第に圧倒されていき、一部は大陸に移住し、その土地はブルターニュと呼ばれるようになります。こうして、元のブリテン島は大きなブリテン島という意味からグレートブリテン島と呼ばれました。

 

アングロ=サクソン人の移住と征服活動は長期に渡り続き、ブリトゥン人などのケルト系氏族とも混合が続き同化が進みます。6世紀末には、アングロ=サクソン人はブリテン島の東南部から中部を占領。かくして、ブリテン島はアングル人の土地を意味するイングランドと呼ばれるようになりました。

 

この頃、ブリテン島の北部ではアイルランドから移住したスコット人(ケルト系)による統合が進み、11世紀頃までにスコットランド王国が形成されます。

 

キリスト教の布教

ルイス・フロイス

 

キリスト教はアングロ=サクソン人の侵入以前にウエールズとスコットランドのケルト人社会に伝わっており、ガリアの宣教師ゲルマヌス、ブリトゥン人の聖パトリック、アイルランド出身の聖コロンバンなどが布教していました。

 

それに対し、ローマ教皇グレゴリウス1世は正統的カトリックの布教を目指して597年修道士アウグストゥスを派遣。アングロ=サクソン七王国の1つケント王国の改宗に成功しイングランド最初のカンタベリー大司教が置かれます。

 

こうして6世紀から8世紀にかけて、ブリテン島・アイルランドのキリスト教化が進みますが、アイルランドのキリスト教は修道会中心主義でありイングランドはローマ教皇と結びついた教会組織による一般信徒化を中心としていたので、しばしば対立します。

 

それでも次第にローマ教会の優位が確立し、イングランド協会からは信仰と学問の面ですぐれた聖職者が出現。その中の1人、アルクィンはフランク王国のカール大帝の宮廷で活躍しカロリング=ルネサンスの中心的存在になりました。

 

関連記事:カール大帝とはどんな人?西ヨーロッパの始皇帝の生涯

関連記事:騎士はどうやって誕生したの?【まるっと世界史】

 

イングランド七王国とは?

 

イングランド七王国とは、

 

  1. イングランド北東部を支配したアングル人のノーサンブリア王国
  2. イングランド中央部を7世紀頃に支配したアングル人のイーストアングリア王国
  3. イングランド南東部現在のノーフォーク、サフォーク周辺を支配したイーストアングリア王国
  4. イングランド南東部、現在のエセックス、ハートフォードシャー、ミドルセックス周辺を支配したエセックス王国
  5. イングランド南西部、ドーセット、ハンプシャー周辺を支配したウェセックス王国
  6. イングランド南東部、現在のケント周辺にジュート人が建国したケント王国
  7. イングランド南部、現在のサリー、イーストサセックス、ウエスト・サセックス周辺を支配したサセックス王国

 

これらの7つの王国を差しますが、実際には衛星国などを含めるともっと存在します。

 

やがて、ウェセックス王のエグバートが七王国を統一しイングランド王国が成立したとされますが、実際にはその支配はイングランド南部に留まりブリテン島の北部と西部には及んでいなかったようです。

 

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2 3>

関連記事

  1. 紅茶一揆(イギリスの紅茶文化と戦車)
  2. 洛陽城
  3. ローマ法王の尻に敷かれる貧乏な欧州の国王達
  4. まるっと世界史 特集バナー ver2
  5. 何度も軍事遠征を行う好戦的なカール大帝
  6. ガレオン船(世界史)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

三国志って何?




PAGE TOP