キングダム681ネタバレ予想「桓騎軍逃げる」

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし桓騎

 

大人気春秋戦国時代漫画キングダム

680話では劣勢になりいよいよ味方が逃げ出した桓騎(かんき)軍でお頭が動き出しました。

どうやら、摩論(まろん)雷土(らいど)には作戦を伝えたらしい桓騎ですが、その作戦とはいったいなんなのでしょうか?

 

 

キングダム681ネタバレ予想「真面目にやりすぎる桓騎軍」

行軍する兵士達b(モブ)

 

今回の扈輒(こちょう)vs桓騎(かんき)の戦い方は()に落ちない部分が多くあります。

ひとつは、夜盗あがりで卑怯なゲリラ戦を得意とする桓騎が、8万の兵力で24万の趙軍に真正面から立ち向かっている事です。

 

王翦の幕僚である倉央(そうおう)田里弥(でんりみ)が言っていたように、本来の桓騎軍ならとっくに逃げているはずが9日間も激闘を繰り広げているわけで、これは異様な事でした。

敗北し倒れている兵士達b(モブ)

 

あそこまで必死に戦う桓騎軍は見たことがないレベルで、だからこそ略奪で美味しい思いをしたいだけのザコ野盗が逃げているのでしょう。

 

中央の厘玉(りんぎょく)は薄々気づいていましたが、右翼の雷土は根が真面目なのか必死に奮闘していたのを、オギコが持ってきた桓騎の伝言で桓騎軍の戦い方を思い出したようです。

 

関連記事:キングダム637話ネタバレ予想vol3「秦の将軍達結婚するなら誰?ランキング」

関連記事:キングダム642話ネタバレ予想vol4「城の陥落数ランキングベスト12」

 

 

キングダム681ネタバレ予想「全軍が森に入りゲリラ活動」

張良と始皇帝

 

では、野盗の戦い方とは何でしょうか?

北斗の拳に登場する狡猾な悪党の代表格であるジャッカル様の言葉を借りれば

「長生きしたければ強いやつとは戦わない」という事です。

 

そもそも、24万に対し、1/3の8万で戦う事自体が野盗らしくないのであり、このあたりで桓騎軍は方針転換し、中央の森の中に全軍が入り込む事になると思います。

 

関連記事:李牧や慶舎もビックリ!桓騎の弱点は漫画に登場していた

関連記事:キングダム649話雑学 李牧や司馬尚は本当はどんな性格?

 

【キングダムのネタバレ記事は毎週木曜午前1時更新】
キングダムネタバレ考察

 

キングダム681ネタバレ予想「敵を攪乱し時間を稼ぐ」

桓騎 キングダム

 

戦線を放棄して森の中に退却した桓騎軍を見て、扈輒はどう思うか?

 

当然、24万人の大軍の圧力に耐えきれずに森に逃げ込んだと考えるでしょう。

そして、圧倒的に優勢な大軍で森に踏み入り、大将首である桓騎の首を狙います。

なぜなら、桓騎の首を執ることこそ扈輒がここまで来た目的だからです。

左遷される劉邦

 

しかし、桓騎からすれば、対称戦になる平野から非対称の戦いになる森の中の戦いは有利なフィールドという事になります。

桓騎軍はできるだけ正面から戦わずに趙軍を森の中に誘い込んで、戦闘を出来るだけ長引かせようとするでしょう。

 

すでに勝利し、残敵を掃討しているつもりの虎白公と龍白公は、そうとは知らずに泥沼の消耗戦に引きずり込まれていきます。

 

関連記事:キングダム雑学「新六大将軍今後の展開」大予想

関連記事:桓騎(かんき)だけではない古今東西の残虐な戦術

 

キングダム681ネタバレ予想「飛信隊が影丘で勝利し形成逆転」

馬に乗って戦う飛信隊の信

 

影丘では、飛信隊兵が崖登りをしていますが、まさか崖登りの途中で日没とかはあり得なさそうなので、この日のうちに決着が付くでしょう。

 

つまり、飛信隊兵部隊は、べそをかきウンコやら鼻水やら小便やらを漏らしつつも、弓矢兄弟の強力な支援で崖上の趙兵を射殺し見事に登頂に成功し、趙兵が仕掛けている罠を撃破して、騎兵隊が容易に登れる緩い崖を開放します。

羌瘣

 

ここで、大仏君は李信か弓矢兄弟か、羌礼によりブッチャーンされると推測します。

 

関連記事:キングダム「弓矢兄弟は本当に存在するの?」

関連記事:【飛信隊の弱点】組織としてどうよ?改善がない飛信隊にダメ出し

【次のページに続きます】



次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. キングダム53巻
  2. 洛陽城
  3. 李牧
  4. 忙しい方にざっくり解答01 kawausoさん
  5. 内容に納得がいかないkawauso様
  6. 馬で高速移動する王翦

コメント

  • コメント (15)

  • トラックバックは利用できません。

    • 埼玉県の山の民
    • 2021年 5月 31日

    編集長、匿名さん。返信ありがとうございます。

    またいくつか気になったのが出てきたのでこっちに
    書かせてもらいます。スミマセン。

    扈輒軍の数の暴力と火をつけられる危険から回避するには!

    桓騎軍が安心安全に山を利用してゲリラ戦法に
    でられるには!

    影丘にて飛信隊が大仏っちゃんを倒すのが絶対条件。

    桓騎が影丘にこだわるのは、玉鳳か飛信隊に影丘を確保したあとに扈輒軍に対するオトリになってもらうから。

    そして影丘は天然の要害なので大仏入滅と同時か直前で援軍は必須なんです。

    影丘を確保した場合は15000くらいの兵力でもたさなければならないのですが、意外と楽にいけるかもしれないとして、問題は~

    兵糧。
    この問題は避けられないでしょう。そんで、
    山に入って愉快な遊撃軍になった桓騎軍にも火をかけられる危険が出てきたので、影丘にある程度くらいは
    移動もしたり、敵の死体などに紛れこんで、扈輒の首を
    狙ったりなどに別れるんでしょうけど。

    兵糧もしっかり守らんことにはギョウみたいなことに
    なってしまい戦争どころではないです。
    そこで、龍白公ジュニア&爺に兵糧のありかとかを
    吐くとかしてもらい先手を打ってゼノウさんあたりに
    奪って貰うと。

    もう1つだけ!
    桓騎軍団のモブ一家解散、逃亡は趙軍を結構撹乱していると予想してます。

    大軍の戦争の長期化は意外と数の多いほうが動きがとれず、アリに削られるようにやられることもあると思います。
    桓騎軍が9日も戦ってきたのは何か企んでますよ。

      • kawauso編集長
      • 2021年 5月 31日

      埼玉県の山の民さん:コメントありがとうございます。
      火攻めの危険ですが、火をかけてしまうと趙軍も山に入る事は不可能になります。
      それでは桓騎を討ち取るという目的が達成できないので、火はかけないと推測します。
      もう一つは風向きで、火計は風向きを見ないといけません。
      桓騎軍が逃げ込んだ方向に風が吹くとは限らないと思います。

      援軍については、森を抜けた桓騎軍が扈輒本体の進撃を睨んで待機
      龍白公の息子がどの程度の情報を持っているかでも変わってきますが

      兵糧については、今回漫画では徹頭徹尾触れていないので問題にならないと思います。
      そうではないとしても、鄴攻めの時は秦軍が入った列尾が封鎖され、外から兵糧が期待できない状態でしたが
      今回は鄴という立派な拠点が内部にあり、そこから兵糧が順次送り込まれていると考えられます。
      また、距離はありますが連携が取れる程度には、王翦と楊端和の軍勢も近くに存在している事も安心材料です。
      この場合、鄴が奇襲で落ちるとかそういう事がない限り、兵糧の心配はないと思います。

      モブ一家の大量離脱は、確かに伏線かも知れません。
      一度離脱するぜというのが、本当に一時の離脱で、よそで工作しているという可能性もあります。
      それも桓騎の命令で動いているという事もあり得ますからね。

        • 埼玉県の山の民
        • 2021年 6月 01日

        返信ありがとうございます。

        ギョウを忘れてましたね。
        兵糧は安心できますね。で、

        そうなんですよ編集長。
        この戦場、どんな広さかは掴んでませんが
        山地が2つと、影丘のある動きづらい場所に
        扈輒軍と桓騎軍が9日も組み合っていて、
        そこから桓騎軍が一家単位で、ポツポツと

        そう、ポツポツと
        蜘蛛の子を散らすように逃げてその空いた
        場所へと趙軍が入らないと後ろがつかえてる
        わけですね。

        扈輒将軍来てるから引っ込みつかないでしょうし。

        極端に一本線だった敵味方の境目が、
        ジグザグ状態に。

        で、桓騎お頭が一家の逃げたとこに
        (桓騎側のへこんだ場所に)
        雷土さんとかゼノウ一家からポツポツ
        潜り込ませて挟撃。そして引っ込みつかない
        趙軍が突っ込んで来てまた、挟撃。
        趙軍側は勝ち戦だ。将軍が見てる。
        で張り切ってまた挟撃される。

        これを繰り返すと‥‥お頭恐るべし。
        こんな風に繋げるだけでもまあ、勝てなくても
        負けることはない気がします。

        雷土や厘玉が下がったタイミングから
        そんな事を想像しました。

        ショボい味方を少数の単位で精鋭と交換して
        突っ込んできた趙軍を挟撃。これだと思いました。

        だとしたら、マロン大軍師お頭のパシりとして
        オギコの倍以上に働かされそうな気がします。

          • 埼玉県の山の民
          • 2021年 6月 01日

          すみません追加で、摩論の仕事は戦場を伝令しまくるんじゃないかと予想しました。

          実際に何を頼まれたのかは気になりますね。

    • Mi
    • 2021年 5月 30日

    騰軍が出てくるのはあり得ますかね? 
    韓にはまだ攻めていないので、何してるのか気になります

      • kawauso編集長
      • 2021年 5月 30日

      Miさん:騰軍出てきますかね?
      もし、騰が出てくると、ある程度活躍する事になるので桓騎の見せ場が大きく削られる事になりますし、
      騰が出ても活躍の場がないなら、出した意味がなくなるので今回はないんじゃないかと編集長は思います。

    • 埼玉県の山の民
    • 2021年 5月 30日

    桓騎軍がどこまで減ってしまったかにもよりますが
    山の中に大軍を誘い込み数を減らしていく
    ゲリラ戦法こそが切り札の1つですね。

    飛信隊は泥まみれのクライミングに突入するとして
    もし、援護の弓兄弟の弓が新しくなっていたら盛り上がるかなと想像しました。

    もしくは騎馬との連携での遊撃に入るとか。

    編集長の読み通りに話しは進みそうですね。
    あとは趙軍の数の暴力をどうさばくか

      • kawauso編集長
      • 2021年 5月 30日

      埼玉県の山の民さん:桓騎は黒桜の所にいるという話なので山には近いです。
      中に入り込んで砂鬼一家を引き連れて趙兵を血祭りにあげつつ虎白公と龍白公を森の中に引きづり込む
      そして、飛信隊が大仏君を討った時点で、動けるのが扈輒の本隊しかいない状況を産み出し
      扈輒の本隊が影丘に回り込むように誘導。
      その後、森を突き抜けて影丘の背後にまわり本陣で僅かな旗本といる扈輒を討つ
      この流れだと無理がないかなと思います。

        • 匿名
        • 2021年 5月 30日

        林の中にまで退却したら、林を焼き払うでしょ。
        その前に包囲して各個撃破とかもしないし。

    • 邯鄲の夢
    • 2021年 5月 29日

    ブログ主の原作者へのチャレンジどこまでせまれるか楽しみです♪
    さて、ライドにまいこんだゲームチェンジャーになりそうな敵将の息子(王翦の息子王賁的存在)を無理やり登場させて強引に桓騎直属軍の野盗戦術に敵総大将をはめる展開に
    持って行くのか?大軍を配置した大仏敵将の陣を抜かれたら援軍を送るよりびっくりして陣の立て直しを図るのでは?その時敵総大将の動く先を桓騎拷問部隊が息子から聞き出しているのでは?森での乱戦になれば敵前線の裏に桓騎らが抜けるのも容易になるのでは?と当方は妄想しますが?

      • kawauso編集長
      • 2021年 5月 30日

      邯鄲の夢さん:それも面白そうですね。
      龍白公の息子の使い道としては、人質にして龍白公を牽制するよりも
      拷問で痛めつけて扈輒の行動ルートを把握してそこで死体に紛れて伏兵するのが
      鮮やかで合理的ではあります。
      問題は龍白公の坊ちゃんが、どの程度機密情報を持っているかですね。

        • 邯鄲の夢
        • 2021年 5月 30日

        死体にブログ主はこだわりますな???
        死体は王賁が影丘攻略ポイントをあれこれ探るため小出し(各個撃破され)にして狩場で狩られたと原作者が解説している気でいましたが?(日露戦争二百三高地攻めの乃木将軍の伊地知参謀長の児玉将軍への弁解に似た感じがしました)
        死体の件は一時忘れて別な展開もブログ主は考察した方がより原作者の意図を読み解くヒントとなるのでは?(本国から逆方向の斉から糧秣購入と運搬させる策とか読者予想の裏をかく努力を惜しまない原作者です。あらゆる観点から考察しないとまた原作者にはめられた感に)

          • 換気
          • 2021年 6月 01日

          これまでの重要な戦でこれほど死人の数、死体を描く描写が今まで見られなかったので、死体に着目するのは悪くない着眼点ではないでしょうかね?
          しかも多くの秦兵が死ぬというのは戦が始まる前から異常に細かに描かれていたわけですし…
          様々な方向から考察しないと特に桓騎の策などは見抜けないかもしれないのは確かですか、その中でも死体はいい線いってると思いますぞ

            • 邯鄲の夢
            • 2021年 6月 01日

            換気さんコメントありがとうございます😊!
            ブログ主の死体活用策支持のコメントをいただきました。飛信隊も小規模ながら過去に実践したケースもあり原作者の選択の中には入っているとは思います。
            色々な手を考える読者予想も多く、すでに平陽陥落説や敵陣内部裏切り説や王翦が王手で、桓騎がカラメテ説など千差万別。。原作者が読者予想のどう裏をかくのか今から楽しみですが

            • kawauso編集長
            • 2021年 6月 03日

            換気さん:すでに平陽落ちている説や桓騎は趙に寝返っている説など色々な予想が出ていて面白いのですが、
            一応作者は、漫画の中で読者にヒントを与えているハズというのがkawausoの持論です。
            桓騎に関しては、亜花錦が戦争に無駄な犠牲がなかった事などあるのか?と言っている半面で
            元、桓騎軍の那貴は「お頭は基本ふざけているが、無駄な事は好まない人だ」と言っているので
            影丘で大勢の秦兵を殺したのは、伏線回収の意味を持っていると思いますけどね。
            それこそ死体の中に隠れているというのは、死体の有効な活用法だと思っています。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP