合肥侯擁立事件は王芬を嵌める袁紹のドッキリだった!




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

霊帝の皇帝廃位のクーデターを曹操にも誘う王芬

 

後漢の末期に発生し杜撰な計画の為に曹操も参加を拒否した霊帝廃位のクーデター合肥侯擁立事件(がっぴこうようりつじけん)

 

はじ三でも特集を組んで事件の関係者を追って見ましたが、今回、読者の月友さんより、そもそも合肥侯擁立事件はでっち上げで冀州刺史の王芬(おうふん)を排除する為に仕組まれたドッキリだったのでは?という話が出てきました。

 

それは一体、どういう事なのか?月友さんの説を元に、新しくkawausoの考えも入れて解説してみようと思います。

 

人形劇三国志の語り手風 kawausoさん、おとぼけさん

 

※こちらは推測を楽しむ記事です。そういう考えもあるんだなと受け取って頂けると幸いです。

 

合肥侯の正体は霊帝の弟?

王族ボンビーから一転セレブ03 董太后、霊帝(女性)

 

合肥侯国は雲台二十八将の22位に位置する左曹(さそう)堅鐔(けんたん)建武(けんむ)6年(西暦30年)に合肥侯になった事から始まり、堅鴻(けんこう)堅浮(けんふ)堅雅(けんが)と4世に渡り約100年統治されます。そして、合肥侯国が廃止されて合肥県になったのは建安5年(西暦200年)の事でした。

 

幕末 西郷隆盛(パソコン)はてな

 

堅氏が統治から離れて70年余りは不明ですが、流れ的に後漢劉氏の一門が合肥に封じられたと考えられます。その根拠としては中国版のWEBでは合肥侯について立弟弟(りつていてい) 合肥侯とあり、それが霊帝の治世である事から霊帝の弟が合肥侯についたと考えられるようです。

 

関連記事:霊帝が名君だったら三国志はどうなった?本当に無能だったの?

関連記事:【漢王室の後宮内ドロドロ事情】霊帝の子息の謎




袁紹と許攸により王芬は嵌められた?

許攸の進言を無視する袁紹

 

さて、現職の冀州刺史だった王芬がクーデター失敗を受け自殺したのは中平5年(188年)で、翌年には廃するまでもなく霊帝が崩御します。そして、冀州刺史の後釜に入ったのが袁家の故吏だった御史中丞(ぎょしちゅうじょう)韓馥(かんふく)でした。

 

董卓の要請を断り切れず冀州牧に就任する韓馥

 

さらに、合肥侯擁立事件では袁紹の奔走の友である許攸が暗躍しています。王芬が自殺後、袁家の故吏である韓馥が後継刺史になり、袁紹の奔走の友である許攸が事件に深く関与しているのは、偶然にしては出来過ぎです。

 

kawauso

 

kawausoは王芬について、どうして袁紹のような中央のパイプを利用しなかったのか?と疑問を呈しましたが、最初から袁紹が王芬を嵌めるつもりだとすれば話は簡単です。

 

許攸が適当に王芬に口からでまかせのクーデター計画を持ち掛け「私と袁紹は奔走の友ですから、決行の時は任せて下さい」と適当な出鱈目を吹きこんだのかも知れません。

 

王芬

 

王芬は四世三公の袁家の権勢を知っていますから舞い上がり、もうクーデターは成功したも同然だと油断したとも推測できます。

 

許攸

 

あるいは合肥侯がクーデターに賛同していると嘘を吹きこんだのも許攸かも…それなら合肥侯も霊帝もクーデター計画を知る事が出来るハズもありません。すべては、許攸の舌先三寸で産み出された虚構に過ぎないのですからね。

 

関連記事:霊帝は近衛軍創設の為に売官で資金を造った?実は優秀な皇帝の真実

関連記事:劉備が勉強しなかったのは理由があった!

 

【曹操が断ったクーデター】
合肥侯擁立事件

 




外戚派を増やす為、袁紹は王芬を排除した

十常侍(宦官)

 

では、どうして袁紹はでっち上げのクーデター計画を王芬に信じ込ませて排除しようとしたのでしょうか?

 

それは当時宮廷で起きていた宦官(かんがん)の十常侍勢力と霊帝の外戚(がいせき)である何進(かしん)をバックにつけた地方豪族を主とする士大夫勢力の勢力争いがあったためでした。

 

何進

 

党錮の禁で地方豪族の勢力を封じ込めていた十常侍ですが、184年の黄巾の乱により地方に押し込められた士大夫階級が黄巾に味方する事を恐れた後漢王朝は党錮の禁を解きます。そこから地方豪族は息を吹き返し、地方官ポストを巡りどちらも少しでも味方を増やそうと必死だったのです。

 

張譲(宦官)

 

十常侍は全員が列侯に登り、一族を地方官のポストに就けていて、外戚の何進としては、1人でも多く地方官を味方につけておきたい所でした。

 

クーデターがバレたと勘違いして自殺する王芬

 

そこで、王芬をでっち上げのクーデター計画で釣り上げ、それが頓挫(とんざ)したと見せかけて自殺に追い込み、後継ポストに腹心の韓馥を置いたという図式です。

 

関連記事:荀彧の弟は袁紹にとっての荀彧?兄に負けない才を持った荀諶

関連記事:韓馥(かんふく)とはどんな人?三国志一被害妄想が激しく袁紹に怯え自殺してしまった武将

 

王芬を仲間にしなかった理由は?

許攸

 

しかし、ここで疑問が出てきます。王芬は濁流派ではなく、むしろ宦官に殺害された清流派陳蕃(ちんばん)の子の陳逸(ちんいつ)を仲間に加えている程なので、紛れもなく清流派で袁紹一派と思想的には遠くなさそうです。

 

にもかかわらず、袁紹が王芬をスカウトしなかったのは、何故なのでしょう?

 

これはkawausoの推測ですが、恐らく王芬が袁家とは故吏の関係になく土壇場で信頼が置けなかった点、あと1つは身も蓋もない話ながら、スパイで入り込んだ許攸が「王芬はバカなので仲間にしなくていいです」と袁紹に進言したのかも知れません。

 

霊帝の留守を狙ってクーデーターを起こそうとする計画 霊帝、周旌

 

王芬の為には否定してあげたい所ですが、実際合肥侯事件では1人で空回りし、唯1人自殺したので、やはり許攸の見立ては正しいと言うしかないかも…刺史まで昇進するので王芬には行政手腕があったのだと思いますが、権謀術数(けんぼうじゅつすう)で鳴る許攸が相手ではどうにもなりませんね。

 

関連記事:許攸とはどんな人?自慢癖が身を滅ぼした官渡決戦のキーマン

関連記事:【中華版聖闘士○矢】集まれ!光武帝と雲台二十八将を全員紹介

 

曹操はどこまで知っていたのか?

王芬のクーデターが失敗すると見抜く曹操

 

では合肥侯擁立事件を曹操はどこまで知っていたのでしょう?

 

君主論18 kawausoさん

 

kawausoの推測では、曹操はでっち上げの裏事情まで知らなかったと思います。知っていれば、後年になって事件を述懐する事はないと思いますし、あれは袁紹や許攸のでっち上げと書きそうなものだからです。

 

霊帝の皇帝廃位のクーデターの誘いを断る曹操

 

ですので、曹操は袁紹や許攸の謀議には関係しておらず、周旌から持ち掛けられた計画だけを聞いて、こりゃダメだと放り出したのだと思われます。

 

そして、許攸も曹操には計画を持ち込まなかったと考えられます。もし、許攸がこんな杜撰なクーデター計画を曹操に持ち込んだら、曹操は許攸に幻滅するでしょうし、そうでなければ、ここには何か裏があると勘づくでしょう。

 

周旌

 

そのため、曹操に計画を持ち込んだのは同じ沛国礁県(はいこくしょうけん)出身の周旌(しゅうせい)だったと思います。

 

関連記事:周旌とはどんな人?曹操をクーデターにスカウトした地元豪族

関連記事:霍光とはどんな人?謙虚なキングメーカー後世の手本となる

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

kawausoは月友さんの合肥侯擁立事件でっちあげ説に納得しました。そうでなければ、霊帝を廃し新しい皇帝を立てるという大逆事件が、特に調査もなく首謀者1人の自殺で終るとは到底思えないからです。

 

袁紹

 

やはり最初から合肥侯擁立計画など存在せず、許攸が袁紹と示し合わせ、でっち上げた架空の計画で、王芬と数名のシンパだけが騙され踊らされて自滅したと考える方が自然に思えます。だとしたら、ひでー話ではありますけど説得力がありませんか?

 

もちろんこれは仮説なので、私はこう思うという読者の方がいれば、そちらも取り上げてみたいと思います。

 

関連記事:王芬とはどんな人?党錮の残党にして合肥侯擁立事件の首謀者

関連記事:曹操が断ったクーデター?合肥侯擁立事件とは?

 

【三国の興亡を描いた人形劇】
鍾会の乱

 




関連記事

  1. 黄巾賊
  2. 曹操にコテンパにされる袁紹
  3. 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍
  4. 孔明
  5. 劉備
  6. 曹植

コメント

  • コメント (5)

  • トラックバックは利用できません。

    • 月友
    • 2021年 6月 02日

    読み直して違和感がありました。何か勘違いがあると思いますが、そこは御愛嬌と言うことで(笑)

    • 月友
    • 2021年 6月 02日

    王芬の素性はYou Tubeのコメントで大体は書きました。
    王芬については華歆がこう語ってます。陶丘洪を引き止めたときのセリフです。

    華歆「王芬は性格が荒く、武が無いから計画は失敗する。そうなれば禍が一族に及ぶから行くな」

    気性が激しいのか?それとも大雑把で綿密な事が苦手と言う意味なのか?解釈が難しい。
    武が無いとは個人的に弱いのか?それとも兵力が集まらない事を指したのか?

    【王芬とか劉虞などを色々と整理してみます】
    ①王芬は八廚の一人。遊侠的富豪となると商人から名士になったパターンか。魯粛や糜竺の強化版?
    ②名士の割には性格が荒い。勢いだけで動く。その人となりが華歆の言動から窺える。
    ③同じ八廚の張邈とは同郷。張邈は曹操の友人であり、奔走の友として許攸とも同窓。本件の合肥侯擁立事件には全く名が出てこないが、奔走の友として許攸をサポートしていた可能性がある。
    ④事件の数ヶ月後に蓋勲と袁紹と劉虞が意気投合。この時点で劉虞と袁紹は宦官廃絶を結託していた事がわかる。その年に劉虞は幽州牧となる。状況を整理すると張純の乱の只中で合肥侯擁立事件が発生した事になる。
    幽州と冀州は隣接しているので河北を劉虞(袁紹派)の勢力図に組み入れるための策謀だった可能性がある。

    劉虞は合肥侯擁立事件についてはどんな気持ちだったのだろうか。後に袁紹の劉虞擁立に自らが反対した遠因には合肥侯擁立事件があったからかもしれない。(エアクーデターを危惧した?)
    序に書くと劉虞は死後に清貧じゃなかったと言う話になるのだが、この頃からの袁紹の付き合いから劉虞も遊侠だったと見るべきかもしれない。異民族を慰撫してる時点で遊侠の心がある。

    【奔走の友の活動について】
    何顒
    荀彧を「王佐の器」と評したのは何顒です。そして袁紹の奔走の友の1人である何伯求は何顒の事です。何顒は荀爽・荀攸・王允・鄭泰と連携して董卓打倒に動きます。計画は荀爽の病死で流れ、荀攸と一緒に何顒も逮捕。王允だけがこの計画を引き継ぐ形になりました。この王允の話は呂布に繋がっていくのですが、それは語らなくても大丈夫でしょう。
    何顒は獄死するのですが、荀彧は叔父の荀爽と何顒の遺体を引き取り埋葬しました。

    許攸
    合肥侯擁立事件に直接関与した。後に同郡の逢紀を連れて袁紹の幕閣に入る。官渡の戦いで袁紹を見限り曹操に寝返る。

    伍瓊
    董卓は仲間を増やすにあたり伍瓊が推薦する人物を次々と登用していきます。伍瓊が推薦したのは韓馥・劉岱・孔伷・張咨・張邈など。
    見てわかると思いますが張咨以外は反旗を翻し袁紹側に付く結果となります。この張咨は南陽太守で孫堅と劉祥(劉巴の父)に殺害されます。この空白の南陽に袁術が入る事になります。

    張邈
    八廚の一人。曹操とは友人の関係。伍瓊の推挙で太守になる。袁紹を諌めてからは袁紹との人間関係は険悪になる。後に袁紹から捨てられた呂布を引き入れて袁紹と曹操に抵抗した。(曹操軍で程昱が大活躍した)

    呉子卿
    経歴不詳。呉子蘭と同一説あり。

    こう見ると合肥侯擁立事件は袁紹の河北進出の第一手だったのかもしれませんね。袁紹も河北に行きたいと何処かで言ってましたからね。(何処で言ったかは失念)

    誤字脱字があれば申し訳ありません。

      • kawauso編集長
      • 2021年 6月 03日

      月友さん:袁紹が河北を目指したのは沮授が天下が欲しいなら光武帝の真似をすればいいと言って
      北方四州を得よというアドバイスを受け入れたからでしたね。

      公孫瓚を滅ぼすあたりまでは概ね上手く行っていたのに、格下としてぱしりで使っていた曹操が
      ここまで大きくなるとは予想外だった事でしょう。
      しかも献帝を迎えなさいという助言を一度躊躇したために曹操に献帝を取られている。
      細かい所でケチがついた部分が後々に大きなハンデになっている。

      劉虞も清貧に見えて、妾に贅沢させているのがバレたりしているので、ただの名士というより
      遊侠の徒の資質があるのでしょう。
      自分を担ごうとした袁紹への難色は、長安の献帝と洛陽の劉虞の二帝並立になる事や、
      一度帝位に就いてしまえば、もう事が成らなかったからと言って元には戻れない
      高すぎるデメリットを危惧したからではないかと個人的には思います。

    • 月友
    • 2021年 6月 01日

    正直ぶったまげました。まさか記事なるとは(笑)

    合肥侯の件ですが、袁紹の暗躍説も有りつつも許攸の単独に因る行動の可能性もある。擁立失敗で身の危険を感じた許攸が喪に服してる袁紹にただ匿ってもらっただけなのかもしれない。

    ちょっとWikipediaの袁紹の文を引用します。

    当時、朝廷の政治を壟断していた宦官の趙忠らは、袁紹の行動を不審に思い危険視していた。そのことを聞いた叔父の袁隗は、一族を滅ぼすつもりかと袁紹を叱ったという(『三国志』魏志「袁紹伝」が引く『英雄記』)。

    このWikipediaの記事は丁度この辺りの時期なので、やっぱり袁紹が絡んでる可能性もあるのかもしれない。

      • kawauso編集長
      • 2021年 6月 01日

      月友さん:非常に腑に落ちる説だったので、それを踏まえて変えた私の推測も足して執筆しました。

      袁紹がどの程度、積極的に関与しているのか不明ですが、彼が無名時代から壮士を雇っているという故事は
      司馬師が曹爽政権時代に密かに壮士を雇っていた故事に通じます。
      「これだけの壮士を一体何のために雇っているのか?」これが宦官趙忠の不信を買っているので、
      袁紹が万事休すの時に武力に訴える構えがあったのではと考えてしまいます。
      禁裏の兵では自由に動かせませんが雇ったゴロツキなら意のままに出来ますからね。

      あとは明確に事件に噛んでいる許攸が、すべてを口から出まかせで王芬を欺いたとすると
      架空のクーデター計画に王芬が舞い上がり、彼が死んだ途端にすべてが無かった事になって
      誰にも罪科が及ばなかったというのも納得がいくような気がします。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP