キングダム693話ネタバレ予想「桓騎は李牧の人質作戦に破れる」




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

kawausoさんの麒麟がキター!

 

大人気春秋戦国時代漫画キングダム。今回は久しぶりにキングダムの今後の展開を予想してみたいと思います。歴史上、李牧に敗れる事になっている桓騎ですが最近の漫画の展開を見ていると従来とは真逆の敗北の可能性が浮かび上がってきました。

 

忙しい方にざっくり解答03 kawausoさん

 

※今回の予想は、父性というより母性さんの考察を参考に書いています。コメントを頂き、どうもありがとうございます。

 




キングダム693話ネタバレ予想「桓騎は家族と社会を憎む」

長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)

 

桓騎については、野盗になる以前の経歴が明かされていませんが、おそらく他の野盗と同じように、家族に恵まれずに生まれ、孤児として迫害され差別されてきた境遇ではないかと思います。

 

その為、家族に恵まれた人間に憎悪を持ち、その家族の集合体である国家についても、激しい敵意を持っていて、そういう恵まれた環境にある人間を打ち破る事で憎悪を発散させていると考える事が出来ます。

 

李信(キングダム)

 

初期に下僕身分で孤児である李信に興味を持ったのも、自分と同じように李信が社会を憎み、恵まれた境遇にある人間を憎んでいると考えたからでしたが、李信は境遇を言い訳にせず、真っすぐに生きてきたので、現在は疎ましく思っているようです。

 

関連記事:キングダム681ネタバレ予想「桓騎軍逃げる」

関連記事:キングダム680話ネタバレ「お頭の伝言」レビュー考察

 




キングダム693話ネタバレ予想「雷土の死に激怒」

雷土

 

そんな桓騎にとって大事な存在は同じように孤児として生まれ、欲しいものを奪う事で生活している野盗たちです。部下をモノ扱いしているように見える桓騎ですが、影丘の戦いでは桓騎軍を使わずに別の部隊を六大将軍の権限を利用してブッこむなど温存策を取っています。

 

これは桓騎なりに部下の野盗たちをつまらない消耗戦に巻き込みたくないという配慮でしょう。

 

詳細は、雷土が拷問で殺されたのを見て桓騎がどう思うかですが、投降した趙兵10万の首を刎ねたという話がある以上、正気を保てないほどに桓騎が激怒する可能性もありそうです。そして、それを見た扈輒は、自分達が見落としていた桓騎の弱点に気が付く事でしょう。

 

関連記事:キングダム682話ネタバレ龍白公の親バカ炸裂!「崖上の攻防」レビュー考察

関連記事:キングダム681話ネタバレ飛信隊歩兵ファイト一発「強靭な力」レビュー考察

 

【キングダムのネタバレ記事は毎週木曜午前1時更新】
キングダムネタバレ考察

 

 

キングダム693話ネタバレ予想「桓騎の弱点は仲間」

敗北する桓騎

 

趙軍は、桓騎の残虐行為に気を取られ、桓騎は残虐な冷血漢であり自己の出世の為には、味方であろうが平気で見殺しにすると考えてきました。

 

しかし、実際の桓騎は敵や無関係な人間には無慈悲ですが、身内である野盗達に対しては、普通の人間以上に愛情深く接している事が分ったのです。それは自由放任の部分が強く、略奪を許し脱走を容認するという正規軍では考えられないような勝手を認めるという意味での優しさです。

 

恐らく、扈輒は雷土を失い激怒する桓騎の様子を見て、桓騎の弱点は仲間である野盗達だと確信します。

 

泣きながら冤罪を訴えるも処刑される司馬瑋

 

そして、桓騎を殺す方法は、桓騎が散々やってきた人質を取る方法を逆手に取り、桓騎軍の将兵を捕らえ、じわじわいたぶり殺しながら、桓騎が姿を現すのを待つのが最善だと気づく事でしょう。

 

関連記事:キングダム684話ネタバレ亜花錦大活躍「奇襲の別動隊」レビュー考察

関連記事:キングダムネタバレ683話雷土が大失敗!「バカ親子」レビュー考察

 

キングダム693話ネタバレ予想「いつしか味方に情が湧いた桓騎」

司馬亮を気遣って兵士たちが扇で仰ぐ

 

雷土の桓騎に対する思いを見てみると

 

社会から見捨てられ迫害された孤児である自分達を桓騎が拾い、知略を駆使して出世の階段を駆け上り、遂には六大将軍にまで成った事を誇らしく感じているようです。

 

嬴政(始皇帝)

 

社会の底辺のゴミ溜めに生まれた自分達を桓騎が代表して引き揚げてくれた。桓騎は自分達クズゴミの太陽であり、それが世間一般では黒い太陽であろうとも、その恩義に報いたいと頑張って来たのでしょう。

 

だから、恵まれた環境に生まれ何不自由なく社会的に高い地位に就いている連中には、死んでも桓騎の居場所は吐かないというセリフが出たのです。

 

この雷土の気持を桓騎が理解していないとは考えにくく、全ての桓騎兵ではないにしても、黒桜(こくおう)やオギコや雷土や厘玉、摩論のような古参の仲間に対しては、家族同様の感情を抱いていると考えられます。

 

そして、この感情こそがとらえどころがない桓騎を捕まえる唯一にして最大の弱点になってしまいました。

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. キングダム54巻amazon
  2. 餓えた農民(水滸伝)
  3. キングダム54巻amazon
  4. 兵糧を運ぶ兵士

コメント

  • コメント (11)

  • トラックバックは利用できません。

    • 匿名
    • 2021年 9月 22日

    意外とカンキに対する「似た者同士」は的を得ているように感じた。

    まず根拠としてカンキがコチョウの顔に埋め込まれた飾りの意味を正確に把握してる事が挙げられる(だからこそ、飾りを弱さの「物的証明」とした筈である、でなければ何時も通りの「負け犬が」程度で済ませてもカンキ側に問題は一切ない)。また、深読みすると「飾りの意味を知る=元は神官的な地位かそれに近い場所にいた」となる、でないと時代的に意味を知る手段が極度に限られるのにどうやって野盗が神にまつわると思われるもんの意味を解するかと言う話になる。

    また幼少期には教養の高い地位にいた可能性もある(腕っぷしだけの状態からそれだけの知識と戦術眼を養ったとなると流石に異常過ぎるし戦略はそもそも才能だけでどうにかなるモンではない、何か土台がないと説明がつかない)。

    • ただの介護士K
    • 2021年 9月 21日

    雷土さんは亡くなるのですか、残念…ただ、桓騎将軍は扈廳将軍には勝つのでは無いでしょうか?

      • kawauso編集長
      • 2021年 9月 22日

      ただの介護士Kさん:桓騎は扈輒には勝ちます。史記にはそう書かれていますので、
      しかし、李牧には敗北します。これも史記に書いてある事です。

    • 邯鄲の夢
    • 2021年 9月 21日

    「チンゲンサイ、四面楚歌、自決?」
    桓騎の本質についてで盛り上がってますが、
    当方にとって桓騎はただの反逆者。。いずれセイに
    背き誅殺される存在。。。
    そろそろ趙戦線から他の戦線へ信らを移動させてほしいス!(こんな胸糞悪い戦いから早く抜けてほしいス)
    秦趙戦線は白起の40万人大虐殺の始まり桓騎の10万人虐殺だけでなくセイの趙人への邯鄲での報復虐殺も含めると凄惨な闘いです。原作者がいくら取り繕っても始皇帝の暗黒面が随所に噴出、桓騎よりセイの暗黒面を本来きっちり描くべきと思いますわ。それにより主人公の権力者セイがバットマンみたいな善と悪との間で揺れ動く葛藤の描写が深みのある作品になるのでは?)

      • 邯鄲の夢
      • 2021年 9月 22日

      追伸
      すでに販売されてました。
      次号コチョウの言動に桓騎は!?
      でした。。。

      • 母性
      • 2021年 9月 22日

      私もそれは思います。どこで闇落ちするか、しかし何百年も続く戦乱の世を終わらせた、その功績をもって新たな始皇帝観を示しても良いかと思います。

        • 邯鄲の夢
        • 2021年 9月 23日

        母性様返信ありがとうございます😊
        >新たな始皇帝観を示しても良いかと思います。
        原作者はセイをダークへ行かせないと雑誌の対談か何かで語っていた気がしますが、代わりにホウケンや桓騎、キョウカイの一族などがダーク面を引き受けさせられたキャラ設定なのかな?
        青年誌でも少年誌でもジャンプ系て海賊漫画のように主人公やその仲間たちが強敵を倒しながら成長と謎解きをしていく過程を読者と共に楽しむものが人気も出て長期連載になる気がします。またキャラを増やして横へ伸ばしすぎると収拾がつかなくなり原作者が病に倒れ休載頻発や連載休止とかに。これの原作は史記とか戦国策で筋書きはあるが原作者のアレンジしながら進めてますが、たとえば主人公信は成長が見られず一騎打ちでの将軍ハンターとしか描かれていません。本来将軍としてカリョウテンへ頭を下げて(軍略を学ぶ壁のように)勉学するか?本能型?の直感を磨き戦局を変える火起こし場所へ進出鬼没の活躍するなどもっと成長した信が見たいですね?当方の妄想ですが!

    • 母性
    • 2021年 9月 20日

    私は最後は一家心中を予想します。他の兵の助命を願い出て最後は投降し捕らえられた幹部と共に張り付けかな

      • kawauso編集長
      • 2021年 9月 21日

      母性さん:もし、そうなったら桓騎のイメージを覆す激熱展開ですね。
      そして、桓騎の欠員を埋める形で影丘の功労者、李信が六大将軍に繰り上がれば
      桓騎の無念を背負う形で飛信隊がより一層強くなります。

    • 母性
    • 2021年 9月 20日

    考察を活用してもらいありがとうございます。文才無い私よりコンパクトにまとめて頂きました。
    追加で最近戦争映画を見たのですがそうしたものには必ず一人一人家族を思う描写や軍隊の厳しい規律が表現されています。だからこそカンキの規律より家族や一家を優先する戦略は今は良くとも必ずボロが出ると推察します。おうせんのようにいくら家族でも規律を重視する軍と規律より一家の命を優先する軍とでは必ず前者の方が強いはずです。人は社会的存在であるがゆえに律という社会システムを作りました。戦争の自由はかんき軍を死地へと追いやるでしょう。自由を自分勝手と勘違いしてますから

      • kawauso編集長
      • 2021年 9月 20日

      母性さん:とても鋭く参考になる考察でしたので使わさせて頂きました。
      桓騎は他人には残虐ですが身内にはとてつもなく優しい、だから脱走も逃亡も略奪も許し自由放任を貫いている。
      王翦が息子が誕生したばかりの王賁を特別扱いせずに影丘の死地に赴かせたのとは対照的です。
      しかし、桓騎のやり方は勝っている時はいいですが、逆境に追い込まれると脆い。
      李牧には、そこを突かれて大敗してしまうでしょう。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

三国志って何?




PAGE TOP