司馬亮とはどんな人?八王の乱の先陣を切った犠牲者

2021年3月9日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

炎上する城a(モブ)

 

今回は三国志では中々馴染みのない(はちおう)の乱について、そしてその八王の乱の八人の王の一人、司馬亮(しばりょう)についてご紹介していこうと思います。良くかみ砕くと「八王の乱で逝かれたメンバーを紹介していくぜ!第一の王!司馬亮!」ということですね。

 

中々壮絶な終焉を迎える人物なので、八王の乱の口火としてお楽しみ下さい。

※注意※胃もたれするほど「司馬」が出てきます。

 

汝南王・司馬亮

司馬亮

 

司馬亮は司馬懿(しばい)の三男です。司馬師(しばし)司馬昭(しばしょう)は異母兄で、同母弟には司馬伷(しばちゅう)司馬京(しばけい)司馬駿(しばしゅん)

 

司馬倫

 

また異母弟にはこちらもいずれご紹介する八王のメンバー、趙王(ちょうおう)司馬倫(しばりん)がいます。

 

晋王朝を作った司馬炎

 

晋の皇帝司馬炎(しばえん)は甥っ子に当たる人物ですね。

 

諸葛誕

 

司馬一族としてそれなりの地位で腕を振るっていましたが、諸葛誕(しょかつたん)の反乱で失態を犯して降格されていました。しかし晋王朝が開かれる頃には復権しており、司馬一族の長老として扱われます。そして277年8月、汝南王(じょなんおう)に改封され、鎮南(ちんなん)大将軍に任じられました。

 

関連記事:蜀は龍を。呉は虎を。魏は狗をで知られる諸葛誕の一族が一番優秀だった!?

関連記事:魏の諸葛誕が反乱に失敗した原因ってなに?

 

司馬炎、崩御

病で亡くなる司馬炎

 

290年、武帝司馬炎が崩御します。

 

司馬衷を補佐する外戚の楊駿

 

司馬炎は病に倒れた際に皇太子・司馬衷(しばちゅう)の補佐を司馬亮と外戚の楊駿(ようしゅん)に任せると遺言します。

 

楊駿

 

楊駿は姪が司馬炎の皇后になり、その死の後は娘が皇后になったこともあり、皇帝の外戚として専横(せんおう)を繰り返し、自分を称える者たちに爵位を与えるなど好き放題していました。こんな中で司馬炎が倒れたのです。

 

司馬炎の遺言を改ざんする楊駿

 

楊駿は秘密裏に司馬炎の遺言を改竄(かいざん)し、権力を握ろうと画策しました。それだけでは飽き足らず、司馬亮暗殺も企みます。

 

関連記事:司馬炎の政治力が三国時代を終わらせた!晋の創始者の政治から学ぶ「妙」

関連記事:司馬炎の皇位は「譲ってもらったもの」?中国史のフシギな言葉「禅譲」の意味を考える

 

許昌に逃れる

司馬亮暗殺も企みる楊駿

 

しかし楊駿の企みを察知した司馬亮は許昌(きょしょう)に逃れます。この際にある人が「楊駿を討つべきでは」と進言をするものの、司馬亮はこの行動を起こすことはありませんでした。

 

こうして楊駿は司馬亮を宮中から追い出し、新皇帝司馬衷の権力をかさにやりたい放題を行います。楊駿は自分の人気のなさを理解していたのか、爵位のバラマキで人心を得ようとしますがこれは反感と混乱を招いただけでした。

 

そうして混乱する世の中に、ある人物が立ち上がりました。

 

賈南風

 

そう、賈南風(かなんぷう)ですね。

 

関連記事:【西晋の内乱】八王の乱・前編 司馬炎の一族と悪女賈南風の死因

関連記事:苛烈な悪妻・賈南風はどうやって権力を握ったの?晋の皇后誕生秘話

 

賈南風、楚王と立つ

賈南風の悪巧み計画にのる司馬瑋

 

賈南風は楊駿を除くようにと司馬亮に働きかけますが、司馬亮は動きませんでした。ならばと賈南風が手を組んだのが司馬衷の弟、司馬炎の五男である楚王(そおう)司馬瑋(しばい)です。

 

そうして291年3月、クーデターが起こります。

 

楊駿たちを誅殺する賈南風

 

楊駿とその三族、側近の者たちは誅殺され、司馬炎の皇后であった楊皇后(ようこうごう)も庶人にまで落とされ、監禁後に餓死させられました。

 

嫉妬狂う賈南風

 

一連の流れが専横を止めさせようと働きかけたなら凄い行動ですが、賈南風が行動を起こしたことが「自分が専横するのに邪魔」「逆恨み」となっているので別の意味で凄さを感じさせます。

 

関連記事:賈充の娘である賈南風はドン引きするほどの悪女だった

関連記事:賈南風(かなんぷう)とはどんな人?司馬衷の妃となって晋王朝を滅亡の淵に叩き込んだ悪女

 

【次のページに続きます】

 

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
セン

セン

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、 そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。 中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。 神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。 好きな歴史人物: 張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん 何か一言: 歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

-はじめての晋
-,