八王の乱の素朴な疑問!恵帝が恐れていたのではない、賈南風が好き勝手できた理由




恵帝と司馬乂

司馬乂

 

まず八王の乱で思い出して欲しいのが司馬乂です。

 

司馬乂は宮中に乗り込み、恵帝・司馬衷の身柄を確保

 

彼は権力者となった後も恵帝に対して深い忠義を示していましたが、司馬ギョウ、司馬エイはそんな司馬ガイを糾弾、そこに恵帝を巻き込もうとするも、ここで恵帝が覚醒。

 

司馬衷は司馬顒を討伐するよう司馬乂に要請し自らも出陣

 

「朕自ら出陣して逆賊たちを誅殺せん」と宣言してギョウ&エイの連合軍ではなく、司馬乂に付く姿勢を見せています。ここまで恵帝の意見というものが見えていない中で、この恵帝の行動は正に覚醒とも言える行動です。

 

関連記事:司馬乂とはどんな人?八王の乱では唯一の希望だった王

関連記事:ロスト蜀漢、しかし生き残って晋で昇進した蜀臣4名を一気に紹介

 

【三国時代に生きた人の暮らしと一生に迫る】
三国志ライフ

 




 

恵帝とケイ紹

司馬顒と対立する司馬越

 

そして時代は下がって司馬越(しばえつ)と司馬エイらの戦いの際のこと。この際に司馬越は恵帝を従軍させて戦いに挑むも大敗、この際に付き従っていた侍従たちは恵帝を置いて逃亡するも、ただ一人、ケイ(しょう)という人物だけは我が身を挺して恵帝を庇おうとしました。

 

司馬ギョウこそが私利私欲で動く悪人である!と張り切る司馬衷

 

この際にも恵帝は「忠臣を殺すな!」と叫ぶも、この命令は無視されてケイ紹は恵帝の目の前で殺され、その血で恵帝の服が汚れるという悲惨な有様に。しかしその後で側近がその服を洗おうとすると「ケイ紹の血だ!ふき取ってはならない!」と叫ぶほど、恵帝はその忠臣の死を深く悲しんだと言われているのです。

 

関連記事:司馬穎とはどんな人?死んでからも利用された八王の乱の一人

関連記事:司馬倫とはどんな人?実は皇帝でもあり八王の乱の王の一人

 

【魏蜀呉の領域内外に暮らした異民族】
三国志と異民族

 




 

忠臣と……

司馬乂は恵帝・司馬衷に良く忠誠を誓う

 

さて、立場は少し違うものの司馬ガイもケイ紹も、恵帝に深い忠義を捧げました。それこそ己の命をかけてまでの忠義心だったのでしょう。そして彼らの忠義心は、それまで何の意思も感じられない恵帝・司馬衷すら動かしたのです。

 

敵対勢力を殺害する賈南風

 

もしかしたら恵帝にとって、賈南風も同じような存在ではなかったのでしょうか。嘗て、彼女が回答を偽装してくれたから皇帝となれた司馬衷。賈南風がそこに何を思っていたのかは分かりませんが、司馬衷にとって賈南風は「皇帝となるために力を尽くしてくれた人物」だったのではないか。そう思っていたからこそ、皇后となった賈南風の好き放題にさせていたのではないか。

 

三国志を語るセンさん

 

そんな風に、ちょっとだけ。ほんの少しだけですが、二人の関係を、考えてみた筆者でした。

 

関連記事:司馬瑋とはどんな人?先走り過ぎた八王の乱の一人

関連記事:司馬亮とはどんな人?八王の乱の先陣を切った犠牲者

 

【はじめての三国志電子書籍サービス】
はじめての三国志電子書籍サービス

 

 

三国志ライター センのひとりごと

三国志ライター セン

 

今回は筆者お得意の、ちょっとだけ別視点からの妄想過多にしてみました。こう書いてみると「賈南風を司馬ガイやケイ紹と並べるな!」とお??りを受けそうですね。正直、筆者も賈南風が良い人間であったとはとても思えません。

 

センさんのとぷんver2

 

 

しかしまあ、こういうのもたまにはね?ということで、三国志沼の中からお伝えしました……ちゃぷん。

 

参考文献:晋書武帝記 恵帝記 列伝后妃上 列伝第二十九

 

関連記事:八王の乱とは?残念すぎる三国志の真の結末であり中国史上最も醜い争い

関連記事:不遇なんてウソ!陳寿の悲劇の歴史家像は捏造だった?

 

【夜のひととき!ながら三国志】
ながら三国志

 

【改善のあゆみ 読者とのお約束や要望の歴史】
つながる!はじめての三国志

 

 




< 1

2

関連記事

  1. まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札
  2. 黄巾賊
  3. 夏侯惇
  4. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)
  5. 司馬懿
  6. 羅貫中と関羽

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

三国志って何?




PAGE TOP