司馬瑋とはどんな人?先走り過ぎた八王の乱の一人




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

司馬瑋

 

今回は八王の乱(はちおうのらん)の逝かれたメンバーの一人、司馬瑋(しばい)のご紹介です。司馬瑋はそのまま読むと『しばい』、ひいおじいちゃんである司馬懿(しばい)と同じ読み方になる人物。

 

そんな司馬瑋は一体どんな人物でどんな活躍をするのか?(退場は決定事項)

それを今回は見ていきましょう。

 

※注意※胃もたれするほど「司馬」が出てきます。




楚王・司馬瑋

晋王朝の二代目皇帝に就任した司馬衷

 

司馬瑋は司馬昭(しばしょう)の息子、(しん)の最初の皇帝・司馬炎(しばえん)の五男。その誕生は271年の事でした。後の皇帝、司馬衷(しばちゅう)とは異母兄弟になります。

 

晋王朝を作った司馬炎

 

司馬炎の開いた晋王朝時代は晋族……ではなく、親族経営であり、皇族は優先的に王に封じられました。

 

楚王に封じられた司馬瑋

 

司馬瑋が楚王(そおう)に封じられたのは289年の事、まだ20代にもならぬ内に相応の地位に付けられたのです。




賈南風画策

あまりにも頭が悪く皇帝の器にふさわしくない司馬衷

 

291年、既に司馬炎はなく、新しく皇帝となったのは司馬衷。

 

司馬衷を補佐する外戚の楊駿

 

しかし実際に権力を握っていたのは外戚の楊駿(ようしゅん)でした。

 

賈南風

 

これを取り除こうとしたのは八王の乱のキーウーマンとも言える賈南風(かなんぷう)

 

賈南風の悪巧み計画にのる司馬瑋

 

彼女は司馬一族に楊駿を取り除く計画を持ち掛け、それに乗ったのが司馬瑋です。司馬瑋自体も楊駿から警戒されていたものの、司馬瑋は自ら中央の役職を望み、渡りに船と楊駿はこの望みを叶えました。

 

関連記事:苛烈な悪妻・賈南風はどうやって権力を握ったの?晋の皇后誕生秘話

関連記事:【西晋の内乱】八王の乱・前編 司馬炎の一族と悪女賈南風の死因

 

司馬瑋、クーデター開始

楊駿たちを誅殺する賈南風

 

291年3月、クーデター開始。この際に司馬瑋は門を封じて楊駿を逃げられないように抑え、その一族はことごとく誅殺されます。そうして新しい政治が始まるのですが……そこに司馬瑋の立つ場所はありませんでした。

 

司馬亮

 

政治の中心に立った汝南王(じょなんおう)司馬亮(しばりょう)衛瓘(えいかん)は司馬瑋を粗暴で気性の荒い人物として好ましく思っておらず、中央から遠ざけようとします。これに怒った司馬瑋は賈南風と手を組み、皇太子の教育係として洛陽(らくよう)に残るようにしました。

 

関連記事:司馬亮とはどんな人?八王の乱の先陣を切った犠牲者

関連記事:衛瓘(えいかん)とはどんな人?司馬昭の重臣であり、晋の建国時に大いに活躍【晋の謀臣列伝】

 

クーデター開始(2回目)

嫉妬狂う賈南風

 

手を組んだ司馬瑋、そして賈南風にとって既に司馬亮と衛瓘は邪魔者。そして291年6月、三ヶ月ぶりのクーデター開始。

 

誅殺大好きな賈南風

 

賈南風は恵帝(けいてい)・司馬衷に「司馬亮と衛瓘は謀反を企んでいます」と言い、司馬衷はこれを受けて秘密裏に(みことのり)を出しました。

 

無実なのに逮捕される司馬亮

 

これを受けて司馬瑋は二人を逮捕、処刑しました。

 

関連記事:司馬亮とはどんな人?八王の乱の先陣を切った犠牲者

関連記事:正史から解説!楊脩の子孫は西晋時代では皇帝の一族だった?

 

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 司馬炎に気に入られる孫秀
  2. クーデター成功後に今度は司馬倫討伐に参加する司馬穎
  3. 胡烈
  4. 若い頃の曹操について語る袁準
  5. 不忠者の烙印を押される王沈
  6. 司馬昭

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP