費禕 vs 諸葛恪!当時の外交を感じられる激しい舌戦の顛末




 

その後の費禕は蜀を安定させるが

蔣琬(しょうえん)

 

諸葛亮亡き後、蔣琬(しょうえん)が後を継ぎ、彼が病死した後は費禕が蜀の国政を担うことになります。費禕は守りの姿勢に徹し、変な人物に影響されがちな君主劉禅も制御できていました。

 

北伐したくてたまらない姜維

 

蜀は安定していましたが、武将「姜維(きょうい)」は諸葛亮の念願を果たそうと、大規模な北伐を計画しました。

 

北伐したい姜維を止める費禕

 

しかし費禕は「われらの才能は丞相(諸葛亮)に遠く及ばない。なのに、北伐を成功させることができるだろうか? 今は国を守り、討って出るのは有能な人物の出現を待とう」と、姜維にわずかな兵士か与えませんでした。

 

費禕の宴会に呼ばれて毒を塗った刀で暗殺に成功した郭修(かくしゅう)

 

しかし費禕は魏から降伏してきた武将に宴会の席で刺殺されてしまいます。その後姜維が国政を握りますが、連年の出兵で国力を疲弊させ、結局は蜀は滅亡してしまいます。

 

関連記事:姜維の暴走を止めたのは費禕だった!説得の言葉とは?

関連記事:蒋琬、漢中にて北伐を開始!その時、姜維と費禕は何を考えていた?

 

【孤高の忠臣・姜維の壮絶な人生】
姜維特集

 




 

大きな功績をあげ、諸葛恪は大将軍となるが

軍事面でも才能を発揮する諸葛恪

 

諸葛恪は軍人としても異民族討伐や、魏との戦いで功績をあげ、「大将軍」まで出世しました。孫権の死後は後を継いだ「孫亮(そんりょう)」の下で関税の廃止などをおこない、民衆の支持も得ました。

 

諸葛恪

 

また、「東興(とうこう)の戦い」で数万の魏軍を討ち、軍人全般を率いることになります。しかし、先の戦いの大勝に乗じて周囲の反対を押し切り魏に侵攻すると、逆に大敗。

 

諸葛恪と孫峻

 

一気に信頼を失います。もともと人望がなかった諸葛恪は恨まれており、最後はクーデターによって殺されてしまいます。

 

関連記事:蔣琬と費禕の二人がいなければ三国志の歴史が大きく変わっていた!?

関連記事:費禕は食わせ者?人の相談に乗りながら足をすくう

 

【熱き戦いの記憶をコンパクト化】
三国志主要戦図一覧

 




 

三国志ライターみうらの独り言

みうらひろし(提供)

 

費禕と諸葛恪の舌戦はその緊張感が容易に想像できますね。当時の外交はまさに命がけだったことがよくわかるエピソードです。費禕は運の悪さ、諸葛恪の性格で二人とも才能を発揮しきれなかったことが悔やまれますね。

 

関連記事:「高平陵の乱」を蜀の丞相の費禕はどう評価したの?蜀から見る魏のクーデター

関連記事:呉が蜀を作った!費禕が蜀の宰相になれたのは孫権のおかげだった?

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
はじめての三国志Youtubeチャンネル3

 

 




< 1

2

関連記事

  1. 孔明亡き後に蜀の政治を担う費禕
  2. 北伐したい姜維を止める費禕

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP