姜維の暴走を止めたのは費禕だった!説得の言葉とは?




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

費禕

 

費禕(ひい)諸葛亮(しょかつりょう)蔣琬(しょうえん)の跡を継ぎ、蜀を守った政治家です。一方、姜維(きょうい)は魏から降伏し、蜀の貴重な武勇の優れた武将として活躍した人物です。姜維は諸葛亮の悲願を達成させようと何度も北伐を計画していました。しかし、それを止めていたのは費禕でした。

 

北伐したい姜維を止める費禕

 

なぜ、費禕は姜維を止めたのか。どのように説得したのか?

今回の記事で探ってみましょう。まずは両名の経歴から。

 




優れた頭脳で蜀を支えた費禕

董允

 

費禕はもともと荊州江夏郡(けいしゅうこうかぐん)の人でしたが、親せきを頼り益州(えきしゅう)に移り住みました。そこで友人の董允(とういん)とともにその優秀さが話題になり、益州を奪取した劉備(りゅうび)に仕えることになります。主に劉備の跡継ぎの劉禅(りゅうぜん)の補佐にあたりました。

 

孫権に気に入られる孫峻

 

諸葛亮にも信頼され、何度も呉への使者も担当し、孫権(そんけん)からも称賛されています。諸葛亮の死後は蔣琬が国政を担当しましたが、彼の死後は費禕が国政を取り仕切ることになります。

 

関連記事:【衝撃の事実】董允がいたからこそ蜀は滅亡から逃れた!

関連記事:董允(とういん)ってどんな人?蜀の黄門様、劉禅の甘えを許さず!

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
はじめての三国志Youtubeチャンネル3

 




 

魏から投降し、その武勇が期待された姜維

孔明と姜維

 

姜維はもともとは魏に仕えていましたが、諸葛亮の北伐の際に蜀に降伏しています。諸葛亮にその才能を評価され、すぐに将軍職に任命されるなど大きな期待を背負っていました。

 

北伐にも従軍し、諸葛亮の亡き後も蔣琬の下で北伐や異民族の慰撫を行うなど、主に軍事面で活躍をしました。そして軍事面を担当する人材が不足する蜀の中で軍事面を引き受けるようになっていきます。

 

関連記事:魏からの降将である姜維と王平はなぜ蜀軍の中心になったのか?

関連記事:魏から投降した姜維という武将は、人によって評価が分かれやすい武将?

 

【孤高の忠臣・姜維の壮絶な人生】
姜維特集

 

 

姜維、大規模な北伐を計画する

すぐに戦争したがる姜維

 

姜維は自らが西方の事情に通じていることと、才能と武勇に絶対的な自信をもっており、諸葛亮の悲願を達成するため、大規模な北伐を計画していました。また、北伐を成功させるため、各地の羌族(きょうぞく)などの異民族を味方にすることも計画していました。

 

関連記事:三国志に出てくる羌族ってどんな民族?

関連記事:董卓はやり手な覇王だった?あの始皇帝も恐れていた匈奴・羌族との深い関係

関連記事:羌族は何者?何度も反乱を起こし漢王朝のHPを削ったヒャッハー集団

 

北伐の真実に迫る

北伐

 

費禕、姜維を止める

北伐したい姜維を止める費禕

 

当時、費禕は国政の実権を握っており、姜維の計画も承知していました。しかし、費禕はそれに強く反対していました。費禕は姜維にこのように語っています。

 

「我々の才能は丞相(諸葛亮)には到底及ばない。

その丞相でさえ、北伐を成功させることはできなかったではないか。なおさら私たちにはできるはずもない。まずは国を保ち、民を治めるべきなのだ。大きな仕事をするときは有能な人物の出現を待ってからでも遅くはない。もしもうまくいかなかったときに後悔しても遅い。」

 

と完ぺきな論法で姜維を説得しました。費禕は姜維には1万人の軍勢しか渡さず、姜維は大規模な軍事行動をすることはできませんでした。

 

関連記事:蒋琬、漢中にて北伐を開始!その時、姜維と費禕は何を考えていた?

関連記事:夏侯覇を委縮させた夏侯という名のプレッシャー!「悪友姜維とつるんで何をたくらんでいるのやら(費禕)」

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
はじめての三国志Youtubeチャンネル3

 

 

費禕に悲劇が!

費禕の宴会に呼ばれて毒を塗った刀で暗殺に成功した郭修(かくしゅう)

 

費禕が国政を握っているときは国に乱れはなく、頼りない君主劉禅も特に大きな問題も起こしませんでした。しかし、253年のことです。費禕は宴会の席上で魏から降伏してきた「郭循(かくじゅん)」という武将に殺されてしまったのです。

 

この郭循は直後に殺されるのですが、のちに魏国で表彰されたため、あらかじめ蜀の有力者を殺すために派遣された可能性があります。費禕が亡くなり、蜀の国政は姜維が担うことになるのです。

 

関連記事:蔣琬と費禕の二人がいなければ三国志の歴史が大きく変わっていた!?

関連記事:費禕は食わせ者?人の相談に乗りながら足をすくう

 

【古今東西の英雄の「最期」は千差万別】
英雄の死因

 

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 諸葛恪まで論破する費禕
  2. 北伐したくてたまらない姜維
  3. シルクロード貿易で北伐費用の捻出を考えていた姜維
  4. 鍾会の独立が成功しても最後は姜維に殺されただろうと予想している歴史家たち
  5. 姜維、孔明
  6. 魏から蜀に下る姜維

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP