キングダム718話ネタバレゴールデンコンビ本領発揮「共闘の力」レビュー考察

2022年4月28日




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なしオンライン授業の講師を務めるkawauso編集長

 

大人気春秋戦国時代漫画キングダム。

718話では、李信と蒙恬の火起こしのターゲットが明らかになりました。

kawausoさんのキングダムがキター!

 

それでは行ってみよう!キングダムがキターーーー!

 

こちらの記事にはキングダム718話のネタバレが含まれます。

 

 




 

キングダム718話ネタバレ「いきなり窮地になる秦軍右翼」

孔明のテントがある野外のシーン

 

キングダムの冒頭では飛信隊の持ち場放棄により、一気に趙軍に攻め込まれた右翼部分に摩論が必死に檄を飛ばしています。

このままでは決定的に兵力が足りず、本陣も危ない状態ですが、いきなり兵力がごっそりと抜けては、摩論でもどうしようもありません。

 

焦り怒鳴りちらす摩論ですが、いつものように桓騎は余裕の表情です。

 




 

キングダム718話ネタバレ「キングダムの翼君と岬君」

矛を持った信

 

さて、左翼に移動した李信は右翼を放棄した事については開き直り、この戦いの勝敗そのものが自分達左翼の働きにかかっていると言います。

 

蒙恬も同じく、飛信隊と楽華軍で押し込まれた左翼の局面を跳ね返すと言いました。

そして、苦戦中の楽華軍の愛閃(あいせん)には、飛信隊の羌瘣(きょうかい)が援軍として派遣され、もう1人の副将陸仙のところには那貴が合流します。

 

李信と蒙恬は三百人将の時代からの付き合いなので、コンビネーションもうまく連動しています。

 

キングダムネタバレ考察

 

キングダム718話ネタバレ「こんな時のための北東部軍」

桓騎

 

一方の桓騎軍の本陣では削られ続ける右翼について摩論が焦っていますが、桓騎は焦る様子も見せず、「こんな時のためにあいつらがいるんだろう」と予備軍として中間に置いていた5万人の秦、北東部軍を右翼にあてるよう摩論に命じます。

 

桓騎の直接の指名と聞いて、文范(ぶんはん)をはじめ、北東部軍の秦兵の士気は爆上がりしているようです。

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代

 

 

キングダム718話ネタバレ「すり潰されろ~」

内容に納得がいかないkawauso様

 

少し読めてきましたね。

 

ストーリーの流れを見ると数だけは多い北東部軍が趙軍にすり潰され全滅する直前に、李信と蒙恬の火おこしが成功して戦局が反転する流れではないかと思います。

 

限界を超えて我慢し、桓騎の本陣を守るモブな北東部軍の奮戦が見られるのでしょうか?

 

孔門十哲

 

【次のページに続きます】




次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso

kawauso

台湾より南、フィリピンよりは北の南の島出身、「はじめての三国志」の創業メンバーで古すぎる株。もう、葉っぱがボロボロなので抜く事は困難。本当は三国志より幕末が好きというのは公然のヒミツ。三国志は正史から入ったので、実は演義を書く方がずっと神経を使う天邪鬼。

-キングダムのネタバレ考察
-