楊阜を中心にして馬超の乱を見てみたら、やっぱり楊阜主人公でよくね?となった

2022年6月20日


 

 

馬超に殺される楊阜の一族

蜀では結果が出せない馬超

 

そうして212年。遂に涼州の兵たちが打倒馬超の時の声を挙げます。馬超も楊阜たちを攻撃しようとしましたが、この隙を突いて冀城を占拠。

 

この時に歴城の姜叙の母は、馬超を「父親を見捨てた逆子!」と罵倒したことで馬超の怒りを買い、人質となっていた趙昂、王異の息子と同様、殺されてしまいます。また楊阜の一族の七名も、処刑されてしまいます。血に塗れた涼州の争いが始まりました。

 

関連記事:衝撃!徐州大虐殺には袁紹が参加?父を見殺しにした曹操

関連記事:西夏初代皇帝・李元昊はどんな最期を迎えたの?死亡した理由や墓を紹介

 

転職活動に役立つ特集記事三国志と転職

 

 

 

夏侯淵の英断で援軍が冀城に届く

魏の夏侯淵

 

一度は馬超を追い出した楊阜らでしたが、馬超は漢中で兵を借りて再びやってきます。この際に姜叙は駐屯していた夏侯淵(かこうえん)に援軍を要請します。嘗て、援軍に向かった夏侯淵は途中で韋康が降伏してしまったために、帰還するしかありませんでした。そして今回も援軍要請に、諸将は曹操(そうそう)の判断を仰ぐべきだ、と進言します。

 

「そんなことをしていたら姜叙らは助けられない!」夏侯淵は曹操の返事を待たずに進軍、安定の(ちょう)コウを先行させました。今度こそ、援軍は届いたのです。

 

関連記事:荀彧・郭嘉・夏侯淵はどうやって曹操を支えたのか?超世の傑を陰から支えた者達

関連記事:夏侯淵とはどんな人?猛将の裏の顔は補給の達人

 

赤壁の戦い

 

 

 

曹操の恩賞を辞退する楊阜

曹操

 

こうして馬超は分が悪いと判断したのか、漢中へと逃れて行きました。後に夏侯淵は馬超、韓遂を討ち倒して涼州を平定します。そうしてこの結末を聞きつけた曹操がやってきました。曹操は楊阜の働きを聞き、関内侯(かんだいこう)に封じようとしました。

 

その働きを、忠義心を評価したのでしょう。しかし楊阜はこれを固辞しました。

 

「私は」

「韋康様を守れなかったのです」

 

関連記事:後漢の人材難極まる!火薬庫涼州の刺史がボンクラ揃い

関連記事:郭淮の隠れた能力、人望がありすぎ羌族と共に打倒司馬氏に立ちそうだった?

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強の軍師は誰だ

朝まで三国志2

 

 

三国志ライター センのひとりごと

三国志ライター セン

 

因みにこの後、何度も曹操が言ってくるので楊阜はこれを受けることになるのですが、ストーリー的にはここで終幕としてみました。たまにはこういうのもいいでしょ、ということで。

 

しかしまあ話の流れは大体正史の記録がこの通りです。また楊阜の言葉も、この後に「あと、馬超を取り逃してしまいましたし」と続きますが、概ねこの通りです。ちょっとだいぶ馬超が悪役ですが、楊阜伝、一つのストーリーか?というほど綺麗にまとめられています。ぜひとも興味のある方は、楊阜伝をご覧下さいませ。

 

センさんのとぷんver2

 

かぽーん。

 

参考文献:魏書楊阜伝 閻温伝

 

関連記事:馬超の死因は急死?それとも蜀に馴染めなかった?死因を考察

関連記事:関羽は馬超を敵視したのではなく利用した?関羽の荊州統治と北伐戦略

 

はじめての三国志Youtubeチャンネル2

 

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
セン

セン

両親の持っていた横山光輝の「三国志」から三国志に興味を持ち、 そこから正史を読み漁ってその前後の年代も読むようになっていく。 中国歴史だけでなく日本史、世界史も好き。 神話も好きでインド神話とメソポタミア神話から古代シュメール人の生活にも興味が出てきた。 好きな歴史人物: 張遼、龐統、司馬徽、立花道雪、その他にもたくさん 何か一言: 歴史は食事、神話はおやつ、文字は飲み物

-三国志の雑学
-,