キングダム724話ネタバレ予想「李信は桓騎を見殺しにする」衝撃考察を発表


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

羌瘣

 

大人気春秋戦国時代漫画キングダム、第723話では羌瘣(きょうかい)上和龍(じょうかりゅう)将軍の副将、豪座公(ごうざこう)を瞬殺する事で、遂に錐陣(すいじん)を突き破り、飛信隊さらに楽華軍が李牧の包囲を切り抜けました。

 

さあ、ここから飛信隊の反撃が始まるとする考察も見受けられますがkawausoは逆に、飛信隊と楽華軍は宜安の戦場を離脱し桓騎を見捨てると考えています。

内容に納得がいかないkawauso様

 

それはどういう事なのか順を追って解説しましょう。

 

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



キングダム724話ネタバレ予想「宜安の戦いは秦にとっては戦ではない」

敗北し倒れている兵士達b(モブ)

 

そもそも、今回の宜安の戦いは秦にとって戦いではありません。李牧の大軍に包囲され一方的に殲滅させられるだけの狩りの獲物でした。蒙恬が最初に包囲から抜け出そうと考えた時、それは突破口を開こうとするポジティブなものではなく、この包囲から抜けないと全滅するという絶望からの脱出でした。

 

その絶望は、飛信隊や羌瘣の手を借りて何とか振り切る事が出来ましたが、包囲から抜け出した所で、その先に何を見出すかまでは考えていないのです。

 

関連記事:キングダム723話ネタバレいよいよ桓騎の弱点が?「飛信隊の道」レビュー考察

 

キングダムネタバレ考察

 

 

 

キングダム724話ネタバレ予想「負傷者が多すぎる」

敗北し倒れている兵士達a(モブ)

 

それが「絶望からの脱出」というマイナスからゼロへの跳躍だったとしても、兵力が十分残り将軍達も無事なら、逆襲の手もあるでしょう。

 

しかし、青歌軍は脱出を許したとはいえ強大であり、飛信隊と楽華軍も兵力を半減。それだけではなく、飛信隊は岳雷を討たれ、楽華軍は蒙恬が自分で馬に乗る事も出来ない重傷を負っています。

 

 

 

また、脱出の道を切り開いた羌瘣は限界まで能力を使っていて、再び巫舞(みぶ)が出来るようになるまでは、それなりの時間が掛かるでしょう。だからこそ、愛閃への援護は李信と羌礼だったのです。

 

弓矢兄弟は健在ですが、弓の威力はチートで同じ戦いで二回も三回も出来るとは思えません。そうなると、この後、李牧が繰り出してくる無傷の骨珉伯軍を撃ち破り、李牧の本陣を衝く、あるいは反転して桓騎を救うのは無理と考えるべきでしょう。

 

関連記事:キングダム715話ネタバレ李牧のせいで詰んじゃった「描き切られた戦い」レビュー考察

 

キングダムを100倍楽しむ

 

 

キングダム724話ネタバレ予想「将来のために逃げる」

李牧

 

李牧の本陣も衝けず、桓騎の本陣を救えないとすれば、包囲を抜け出した飛信隊と楽華軍の存在は無意味でしょうか?現在の立場は確かに、李牧から見ればうるさい蠅のような邪魔な存在でしょう。

 

 

しかし、将来を考えた時に、ここで李信や蒙恬、愛閃、河了貂や羌瘣、羌礼が全滅してしまうのは、あまりにもマイナスが大きすぎないでしょうか?

 

だとすれば、李信に出来る事はたった1つしかありません。

逃亡する兵士 三国志ver

 

「逃げるんだよオオオオオォ、スモーキー―!どけ!野次馬ども」です。

 

それは命を惜しむからではなく、秦嬴政(えいせい)の中華統一の野望を果たすため、今は戦略的に撤退するという事です。その時間は、桓騎の本陣が稼いでくれるでしょう。桓騎一味の全滅を対価として、飛信隊と楽華軍は将来の為に生き残るのです!

 

関連記事:キングダム722話ネタバレ予想的中じゃあ!「前後の呼吸」レビュー考察

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代

 

【次のページに続きます】

 

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso

kawauso

台湾より南、フィリピンよりは北の南の島出身、「はじめての三国志」の創業メンバーで古すぎる株。もう、葉っぱがボロボロなので抜く事は困難。本当は三国志より幕末が好きというのは公然のヒミツ。三国志は正史から入ったので、実は演義を書く方がずっと神経を使う天邪鬼。

-キングダムのネタバレ考察
-